« 2軒めをスキップして … カクテルラウンジ「日登美(ひとみ)」(新井薬師前) | トップページ | でっかいブリを刺身で … 焼鳥割烹「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷)ほか »

たら豆腐に玉ねぎの酢 … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町)

玉ねぎ酢漬け


 「武蔵屋」のタラ豆腐に、玉ネギ酢漬けのお酢をかけると味が引き立ちます。

 ここ「武蔵屋」は、1杯めのお酒とともに、玉ネギ酢漬け、おから、そして客が来てから作り始めるタラ豆腐が出され、2杯めで納豆、3杯めでお新香が出されて終了。

 年中変わらぬ5品の料理は、いつも同じものなのに食べ飽きることがありません。

 ひとつひとつは、なんでもないような料理なんですけど、この店で食べると、すごくおいしく感じるんですよねえ。

 お酒も同じ。普通の「櫻正宗」上撰のはずなのに、ここで飲むと、よそで飲むのよりおいしく感じます。

 一歩店内に入れば身分を問わないというのが、大衆酒場のいいところ。さまざまな年齢層、さまざまな職業の人たちが混ざり合うことができるのです。

 それでもやっぱりふところに余裕がある人は、ガンガンと飲んだり食べたりして、「オイラは金持ってんだぞ!」と言わんばかりにふるまったりする。

 ところが。ここ「武蔵屋」においては、どんな金持ちがやってきても、やっぱり酒は3杯まで。さかなも基本的に、みんなとまったく同じ5品が出されます。

 究極の平等酒場なんですね、ここ「武蔵屋」は。それがまたとても心地よい。

 さてさて、話題を戻して玉ネギ酢漬けとタラ豆腐のこと。

 玉ネギ酢漬けのおいしさの理由は、ほんのりと感じる甘味、すっぱすぎない酸味、そしてんでいるときに、鼻の奥からフッと漂ってくる柑橘かんきつ系の香りにあります。

 玉ネギを食べ終わったあと、小皿に残った柑橘酢をすててしまうのは、いかにももったいない。

 そこで、最初に始めたのは、残ったお酢をつまみにするやり方。

 なんのことはない、残ったお酢をなめながら、燗酒を飲むというものですが、さすがにこれは、あまりいいつまみにはなりません。結局、グッとひと口で飲み干すしかない。

(なんかいい方法はないかなあ。。。)

 と思っていて、今年に入ってから始めたのが、残ったお酢を、タラ豆腐の上から回しかけるというもの。

 タラ豆腐にも絶妙な薄味はついてるんですが、小皿に残った酢の量も少量なので、もとの味をじゃましない程度に、甘酸っぱさと柑橘系の香りが加わることになるんですねえ。

 タラ豆腐にのっている柚子の皮。ここ「武蔵屋」で使う柚子は、おばちゃん(=女将)の家の庭になったものなんだそうです。

 追加料理(各400円)のコハダ酢や身欠きニシンなどに添えられる青い山椒さんしょうの実も、おばちゃんの家の庭になったものを収穫し、冷凍保存したものを使っているというから驚きます。いろんなものができるんですね!

 今日も小瓶のビール(500円)からはじめて、酒3杯と肴5品のセット(2,200円)で、1時間半ほどの滞在。お勘定は2,700円でした。どうもごちそうさま。

(注:「武蔵屋」は8月いっぱい夏休みの予定です。)

130716d 130716e 130716f
「武蔵屋」 / おから / たら豆腐

店情報前回

《平成25(2013)年7月16日(火)の記録》

|

« 2軒めをスキップして … カクテルラウンジ「日登美(ひとみ)」(新井薬師前) | トップページ | でっかいブリを刺身で … 焼鳥割烹「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷)ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/58043370

この記事へのトラックバック一覧です: たら豆腐に玉ねぎの酢 … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町):

» 年に2回の誕生日秘話 … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町) [居酒屋礼賛]
 高~いところに持ち上げた土瓶から、ドドドドドッと勢いよく注がれる燗酒。  これぞ「武蔵屋」ですねえ!  注ぎ手は、アルバイトのみなさんの中でも、もっともベテランの人がやることになっているようです。現在の注ぎ手はマリエさん。  この注ぎ方が、代々受け継がれてきているのも素晴らしいことですよねえ。  今日はあまりの暑さに、小瓶のビールのあとの、1杯めと2杯めの「櫻正宗」は、『冷(ひ)や』(=室温)で... [続きを読む]

受信: 2013.08.26 22:00

« 2軒めをスキップして … カクテルラウンジ「日登美(ひとみ)」(新井薬師前) | トップページ | でっかいブリを刺身で … 焼鳥割烹「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷)ほか »