« 春ならではの初カツオ … 活魚・うなぎ「鳥八(とりはち)」(都立家政) | トップページ | でっかい真鯛は愛媛産 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

ところてんをつまみに … 「成田屋酒店(なりたやさけてん)」(上大岡)

ところてん


『今日は「鳥佳」で焼き鳥を食べよう』

 と思い立って、上大岡へとやってきました。でもその前に、ちょっと1杯、のどを潤していきましょうかね。

 スッと入ったのは「成田屋酒店」。

 店名からもわかるとおり、ここは普通の酒屋なんだけど、その片隅に立ち飲みコーナーが設けられていて、安い値段で酒食を楽しむことができるのです。

 立ち飲みコーナーは、店をズドンと貫く直線カウンターのみ。客はみんな、カウンターに正対し、同じ方向に向かって立ちます。

 この時間(平日の午後7時過ぎ)の先客は7~8人ほど。ちょっと詰めれば20人ぐらいは入ろうかという長いカウンターなので、7~8人だと『かなりゆったり』といった感じです。

「キリンラガーの中瓶(310円)をお願いします」

 ひとりで店を切り盛りしている女将さんにそう注文しておいて、つまみを選びます。

 おろっ? 「つけもの」の札がすべて(といっても4枚ほど)裏返っている。

「つけものは売り切れ?」

 私が入るちょっと前に、先に店内に入った男性客から女将さんに質問が飛びます。

「そうなんです。今日はもう何も残ってないんですよ」と女将さん。

 いつもならば、カブや白菜、大根などのぬか漬けが選べる「つけもの」は、この店の一番人気。なにしろ丸皿にこんもりと山盛りの1人前が50円ですもんねえ。

 みんな、この店でモリモリと野菜を食べていくのです。

 この店は8時閉店なので、あと1時間もない。どんどん売り切れても、最後の最後に白菜の漬物が残ってたりすることもあるんですが、今日は白菜も売り切れちゃったんですね。

「じゃ、タクアンとニンニク」とさっきの男性客。

「タクアンはいくつにする?」と女将さん。

「え~と、2つ!」

 この注文。「成田屋酒店」ならではですよねえ。

 つけもの(ぬか漬け)は1皿山盛りが50円ですが、タクアンは1切れが10円。自分のほしい数だけ、爪楊枝つまようじに突き刺して手渡してくれるんです。

 ニンニク醤油漬は、1皿5個で50円。これも計算上は1個あたり10円ですが、こちらは5個が1セットです。

『そうか、今日はつけものはないのか』

 と私も改めて他のつまみを探します。すると、他のつまみメニューからはちょっと離れたところに、

「ところてん入荷しました」

 と書かれた張り紙を発見。さっそくその「ところてん」(120円)を注文すると、女将さんが、冷酒などを並べている冷蔵陳列ケースから取り出したのは、四角い透明なプラスチックカップのところてん。

 ふたをピーッとはぎ取り、水を捨て、添付されているポン酢醤油と乾燥青のり、練りガラシを入れると、

「かき混ぜて食べてくださいね」

 と言いながら、塗箸ぬりばしと一緒に出してくれます。

 ところてん丸ごと1パック。けっこうボリュームフルだぞ、これは!

 最初の飲み物と、最初のつまみが出たところで、キャッシュ・オン・デリバリー(商品と引き換え払い)でのお勘定。女将さんは、カウンター上に私が置いた千円札を取り、かわりに570円のお釣りを置いてくれます。

 私のあとに入ってきた、右どなりの男性客も、つまみには「ところてん」を選択。飲み物は冷酒をもらっています。

 冷蔵陳列ケースに並ぶ冷酒は3~4種類。100円台、200円台の飲み物がほとんどのこの店にあっては、冷酒はけっこう高級な感じがしますが、それでも純米吟醸の300ml瓶が380円ぐらいですからねえ。他の店と比べると、うんと安い。

 飲み物で人気があるのは、「焼酎半分」の様子。

 焼酎(甲類25度)は、1杯200mlが190円、半分だと100mlが110円で出されます。

 これに炭酸(60円)やウーロン茶(90円)、サワーの素(100円)、トマトジュース(110円)などをもらって、割って飲むのが定番のようです。

 焼酎は100mlでも、けっこう効きますもんね。

 のども潤ったところで、30分ほどで「成田屋酒店」を切り上げて、一路「鳥佳」へ。

 あれ? 明かりがついてないぞ。

 近寄ってみるとなんと「6月10日(月)から16日(日)まで早めの夏休み」という張り紙。

 ガ~ン。ちゃんとネット情報を下調べしてから来ればよかったなあ。残念。

天玉そば しかたなく、上大岡駅フードコートの「蕎麦丸そばまる」で、野菜かき揚げ天そば(420円)+生卵(50円)をいただいて、本日の〆とします。熱々の汁にサッと固まる玉子の白身。この甘~いツユが「蕎麦丸」ですねえ。

 「成田屋酒店」と「蕎麦丸」の2軒を回って、本日の総支払額は900円でした。

・「成田屋酒店」の店情報前回

《平成25(2013)年6月12日(水)の記録》

|

« 春ならではの初カツオ … 活魚・うなぎ「鳥八(とりはち)」(都立家政) | トップページ | でっかい真鯛は愛媛産 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/57934570

この記事へのトラックバック一覧です: ところてんをつまみに … 「成田屋酒店(なりたやさけてん)」(上大岡):

« 春ならではの初カツオ … 活魚・うなぎ「鳥八(とりはち)」(都立家政) | トップページ | でっかい真鯛は愛媛産 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »