« 横須賀のソウルフード … やきとり「相模屋(さがみや)」(横須賀中央) | トップページ | 今季初めてのしこ刺し … 「中央酒場(ちゅうおうさかば)」(横須賀中央) »

うな重で夏休みに突入 … 「まるます家(まるますや)」(赤羽)

うな重


 今日から今週末まで5日間の夏休み。横浜の単身赴任社宅でゆっくりと目覚めて、朝食も取らずに一路、赤羽へ。単身赴任社宅のある横浜市磯子区から赤羽までは、JR京浜東北線1本。1時間20分ほどで到着します。(横浜から湘南新宿ラインに乗り換えると、10分ほど短縮できます。)

 目指す「まるます家」に到着したのは午前10時30分。「まるます家」の開店時刻は朝9時なので、すでに2~3回転めに入ったぐらいでしょうか。

 とは言うものの、さすがは平日の午前中。店内はゆるやかに7~8割り程度の入りといったところ。(それでも7~8割りもお客が入っているのがすごいっ! しかもほとんどの客が飲んでいる!)

 まったく並ぶこともなくスッと店内に入り、カウンターの一角に腰を下ろします。

 すぐに紙パックおしぼり(平形)を出してくれるおねえさんに、

「大瓶のビールと、うな重を、ごはん少なめでお願いします」

 と注文。おとといのうちから、夏休み最初の食事は「まるます家」のうな重にしようと決めていたのです。

 一昨日、7月22日(月)は、今年最初の土用どよううしの日。しかしながら、単身赴任社宅の近くで、安くておいしいうなぎが食べられる店をまだ発見できていません。『それならば明後日までガマンして、夏休みの最初の食事を「まるます家」のうな重にしよう』と決めたのでした。

 いつもは、うなぎの大きさによって、鶴重(1,500円)、亀重(1,700円)、特上重(2,000円)の3種類に分かれている「まるます家」のうな重ながら、うなぎが飛ぶように売れるこの時期は、中間サイズの亀重1本に限定しています。

 うなぎの蒲焼き・白焼きも、普段は3種類(それぞれうな重の値段-200円)が選べますが、今の時期は亀重と同じサイズのもの(1,500円)のみ。

 そうやってサイズを統一しなければやっていけないぐらい、大量のうなぎが売れるってことなんでしょうね。

 ここのうなぎと同じものを都心部で食べようと思ったら、おそらく倍の値段はするんじゃないかと思います。それくらい、いいうなぎが、ここ「まるます家」では安く食べられるのでした。

 大瓶ビール(550円)の銘柄はサッポロラガービールのみ。白いラベルに赤い星のこの姿が、懐かしいではありませんか。昔ながらのビール、って感じがして好きです。

 さあ出てきましたよ。亀重です。肝吸いも付いてきます。

 ここは白焼きして蒸し終えているものを、最後に蒲焼きに仕上げて出してくれるので、待ち時間はほとんどありません。なので、とりあえずのつまみも注文しなかったのです。サッと出てくるうな重をつまみに、ビールを飲もうってことなんですね。

 蒲焼きで出してもらうと、急いで食べなきゃ、うなぎがすぐに冷めてしまいますが、うな重で出してもらうと、熱々のごはんがちょうどいい保温材になって、なかなか冷めない。ちびちび食べては、ちびちび飲んでという呑ん兵衛にはちょうどいいのです。

 うな重のうなぎの部分だけをつまみに飲んで、あとでタレの染みたごはんだけを食べて〆る、なんて食べ方をする人もいますが、私はごはんも一緒につまみにするタイプ。カツ丼や親子丼でお酒を飲むときもそうです。(ごはんの量が調整可能なお店では、少なめにしてもらうとちょうどいい感じになります。)

 食事だけの人のように、ワッシワッシとうな重をかき込むわけではなくて、ちびっと食べては、ビールをゴクッと飲む。肝吸いをすすっては、ビールをゴクッと飲む。で、ちょっと休んで、まわりのみんなが食べてるものを観察したりする。

 の~んびりと、ゆ~っくりと。朝からとっても贅沢な時間じゃのぉ。

 本当はこのうな重だけで、ビール1本+燗酒も1~2本くらいいきたいところなのですが、今日は早めの夕方から飲み会の予定なのでガマン、ガマン。

 1時間ほどの滞在。大瓶ビールと亀重で、今日のお勘定は2,250円でした。どうもごちそうさま。また来ますね!

店情報前回

《平成25(2013)年7月24日(水)の記録》

|

« 横須賀のソウルフード … やきとり「相模屋(さがみや)」(横須賀中央) | トップページ | 今季初めてのしこ刺し … 「中央酒場(ちゅうおうさかば)」(横須賀中央) »

コメント

赤羽「まるます家」、朝9時の開店なのですね!ずいぶんと早くに開けるのですね!下拵えなんて、何時からやっているのかしら?

投稿: 仙台おおぽん | 2013.08.03 09:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/57908382

この記事へのトラックバック一覧です: うな重で夏休みに突入 … 「まるます家(まるますや)」(赤羽):

» どうしても鯉のうま煮 … 「まるます家(まるますや)」(赤羽) [居酒屋礼賛]
 涼しくなってきたから、そろそろ「まるます家」のスッポン鍋(750円)だな。  店に着いて、飲み始めるまでは、ずっとそう思っていたのに。  最初に自家製きのこおろし(400円)をもらって、小生ビール(350円)、そして富久娘(350円)の燗酒と飲み進むうちに、どうしても鯉のうま煮(800円)が食べたくなった。  なにしろここの鯉のうま煮が好きなのです。  内臓と皮がいいんだなあ。  鯉のうま煮には... [続きを読む]

受信: 2013.10.13 11:04

« 横須賀のソウルフード … やきとり「相模屋(さがみや)」(横須賀中央) | トップページ | 今季初めてのしこ刺し … 「中央酒場(ちゅうおうさかば)」(横須賀中央) »