« ベジタブル・ディナー … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田)ほか | トップページ | 金曜夕方のハツ生お酢 … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石) »

〔図書紹介〕 あの人と、「酒都」放浪 ~日本一ぜいたくな酒場めぐり~

あの人と、「酒都」放浪


 読売オンラインに、昨年7月11日から、今年7月30日まで、約1年にわたって連載された「酒都を歩く」が、1冊の本になりました。

 本のタイトルは「あの人と、「酒都」放浪 ~日本一ぜいたくな酒場めぐり~」(小坂剛・著、中公新書ラクレ、880円+消費税)。

 その内容(目次)は次のとおりです。

  1. 居酒屋は文化
  2. 哲学と詩と歌と
  3. 母を想う
  4. 地ベタの快感
    • 大衆食堂の詩人・エンテツ 気取るな、力強くめしをくえ!
    • 町工場経営者・藤原法仁 京成線沿線の大衆酒場
  5. 酒場はパラダイス
  6. 郷愁の街・東京

 ということで、不肖・私(上の目次中、太字部分)の記事も載せていただいています。

 副題に「日本一ぜいたくな酒場めぐり」とありますとおり、(少なくとも私以外は)ものすごいメンバーがそろった、ぜいたくな内容です。

 著者の小坂剛さん(読売新聞メディア局主任)は、その「まえがき」の中で、

『人生と酒の先達が酒場で内面を率直に語った言葉は、どんな酒よりもさかなよりも味わい深い。ただ耳を傾け、忘れまいと記憶に焼き付けた。文章のほとんどは登場いただいた方々の言葉。酒場に飛び交う話し言葉のほとんどは忘却の彼方へと消え去るが、そのなかに「名言集」におさめられるべき輝く言葉がいくつもあることを知った』

 と書かれています。

 「古典酒場 VOL.12 FINAL号」の中で、「酒とつまみ」創刊編集長の大竹聡さんが、酒場の先達7名に『酒場の魅力に開眼した原点となる酒場、酒場半生記をロングインタビュー』した記事もすばらしいものでしたが、今回の「あの人と、「酒都」放浪」での13名へのインタビュー記事もまたすばらしい。

 手に取ってお読みいただけると、私もうれしいです。

|

« ベジタブル・ディナー … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田)ほか | トップページ | 金曜夕方のハツ生お酢 … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/58150757

この記事へのトラックバック一覧です: 〔図書紹介〕 あの人と、「酒都」放浪 ~日本一ぜいたくな酒場めぐり~:

« ベジタブル・ディナー … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田)ほか | トップページ | 金曜夕方のハツ生お酢 … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石) »