« 松輪のシメサバで燗酒 … 大衆酒場「ゑびす(えびす)」(四ツ木) | トップページ | 二次会で鴨舌の唐揚げ … 馬さんの店「龍仙(りゅうせん)」(石川町) »

ニンニクみそ発祥の店 … 焼鳥「若竹(わかたけ)」(桜木町)ほか

ニンニクみそ


 おっ。「若竹」のカウンター中央部に2席分ほどの空席があるのが見える。

 えぇ~いっ、入っちゃえ!

 まさに後先あとさき考えずという感じで、暖簾のれんを分けて、開けっ放しの入口からポンッと店内に飛び込んだ。

「ひとりです」

 と自己申告しながら、お店の人の返事も聞かず、空いてる席のひとつに、勝手に座っちゃいました。

 ちょうど目の前が焼き台。

 寡黙な店主は、今日も黙々と焼き鳥を焼き続けていて、目の前に私が座ったのもほとんど意識の外のような感じ。

「あるものだけでいいですか?」

 と声をかけてくれたのは、カウンター内、奥にいる女将さんです。

「はい。それで大丈夫です。ビールください」

 カウンターの外で、お運びなどを担当している女性店員さんが、おしぼりと大瓶ビール(キリンラガー)を出してくれます。

 現在の時刻は午後8時50分。

 この店は午後10時までの営業なので、あと1時間ちょっと。

 だからもうネタも「あるものだけ」しか残ってない状態なんですね。

 今日の1軒めは「武蔵屋」。

 小上がり一番手前の、小さな座卓で、いつものように小瓶のビール(500円)と、櫻正宗3杯のセット(2,500円)をいただいてきました。

 飲んでる途中で、女優の五大路子(ごだい・みちこ)さんも入ってこられて、おばちゃんと抱き合いながら「武蔵屋」の再開を喜んでましたねえ。うれしい光景です。

「最後に、おばちゃんから」

 とサービスで注いでくれた、お猪口の1杯を飲んでいるところへ入って来たのが、「野毛ハイボール」の店主・ハルさんです。

 そのハルさんに小さな座卓をバトンタッチして店を出て、2軒めとして「福田フライ」方面にやって来たところ、「福田フライ」にはおばちゃん(=女将)の姿はなく、向かいの「若竹」には空席が見えたので、思わず「若竹」に飛び込んだのでした。

 「武蔵屋」の料理でけっこうお腹もいっぱいなので、「あるものだけ」しかない状態ぐらいがちょうどいい。

 そんなことを考えているところへ、小さな蕎麦猪口そばちょこのような器に入れられた秘伝のニンニク味噌が出され、追いかけるように1本めの鶏皮が出されます。

 この店にはメニューはなくて、飲み物以外は、基本的におまかせ。

 だから、飲み物だけ注文して、あとは黙ってても大丈夫。

 鶏皮は塩焼きですが、そのままだと薄味。これに秘伝のニンニク味噌をつけながらいただくんですねえ。

 ん~~。秘伝の味噌、うましっ!

 横浜では、焼き鳥にニンニク味噌をぬって食べるお店が多いのですが、その食べ方の発祥の店が、ここ「若竹」と言われています。

 なにしろ昭和27(1952)年創業の老舗ですからねえ。「武蔵屋」(昭和21年創業)とともに、野毛界隈の多くの酒場に影響を与え続けてきたんでしょうね。

 2本めは手羽。これまた軽く塩焼きしたものに、ニンニク味噌をぬりながらいただきます。

 いい焼き加減だなあ。骨の部分を手づかみにして、骨ぎわの肉までしゃぶりつくします。

「2本出ましたね? どういたしましょう?」

 と女将。焼き台の店主は無口です。

「もうちょっとください」

 とお願いすると、すぐにお新香の盛り合わせ(なす、きゅうり、大根など)が出されます。この漬物がまたいい。老舗酒場は、いい漬物を出してくれるところが多いですね。

 3本めは鶏ハツ。これまた、ニンニク味噌がよく合うなあ。

 ビールはもちろんなんだけど、この焼き鳥(ニンニク味噌付き)だったら、燗酒も合いそう。

 今日は「武蔵屋」のあとだからめとくけど、今度来たときは、燗酒と合わせてみたいですね。

 4本目は、ねぎま。焼き鳥の定番中の定番ですね。

 奇をてらわず、直球勝負で、王道の焼き鳥だけがズバッ、ズバッと出されるのがとてもうれしい。

 4本とも、出されるやいなやというタイミングで、熱々のうちにいただきました。

「どうされますか?」と女将さん。2本ごとに聞いてくれるのかな?

「今日はこれで。今度また、ネタがそろってる時間帯に来ます!」

 と答えると、最後に鶏スープが出されます。

 熱々で濃厚な鶏スープが、たくさん飲んだ後ののどに、そして胃袋に心地よい。

 あっ、うずらの卵が入ってる!

「この、うずらの生卵が煮えるように、熱々のスープにしてるんですよ」

 と女性店員さんが教えてくれました。

 今日のお勘定は1,700円。1時間弱の滞在でした。

 店を出ると、目の前の「福田フライ」に見知った人影が……。

「ハルさん!」

「ああ、浜田さん。どこで飲んでたんですか?」

「目の前の『若竹』で。『福田フライ』のフライヤーはどうなっちゃったんですか?」

 「福田フライ」のトレードマークでもあった、店頭のフライヤーが撤去されています。

「店の奥に移したみたいですよ。今はフライもノブさん(息子さん)が揚げていて、おばちゃんは座って見てるんです」

「そうなんだ。ほんのちょっと来ない間にそんなことになってたんですね」

「炒め物もなくなったんですよ。かわりに『もつ揚げ』が加わりました」

 というハルさんの情報を受けて、さっそく酎ハイ(400円)と、そのもつ揚げ(350円)を注文すると、

「もつ揚げは、辛いソースですか?」

 と確認が入ります。

 おぉ、そうか。フライと同じようにどっちかのソースが選べるんですね。

もつ揚げ「普通のソースでお願いします」

 まだ火曜日なので、ニンニクの香りたっぷりの辛いソースは遠慮しておきます。

 出てきたもつ揚げは、かつて白もつ炒め(380円)として出してくれていた白もつを揚げたもの。

 なるほど、これはこれで美味しいけれど、白もつ炒めがなくなったのは、ちょっと悲しいかな。

 か~るく30分ほどの滞在。「福田フライ」のお勘定は750円でした。どうもごちそうさま。

130910a 130910b 130910c
鶏皮 / 手羽 / お新香

130910d 130910e 130910f
鶏ハツ / ねぎま / 鶏スープ

・「若竹」の店情報前回) / 「武蔵屋」の店情報前回) / 「福田フライ」の店情報前回

《平成25(2013)年9月10日(火)の記録》

|

« 松輪のシメサバで燗酒 … 大衆酒場「ゑびす(えびす)」(四ツ木) | トップページ | 二次会で鴨舌の唐揚げ … 馬さんの店「龍仙(りゅうせん)」(石川町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/58186688

この記事へのトラックバック一覧です: ニンニクみそ発祥の店 … 焼鳥「若竹(わかたけ)」(桜木町)ほか:

» 金曜の野毛をハシゴ酒 … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町)ほか [居酒屋礼賛]
 今週は、火曜・水曜ともに「武蔵屋」に行けなかったので、金曜日の今日、ちょっと遅めに仕事が終わったあと、野毛(のげ)方面へと繰り出します。  「武蔵屋」に到着したのは午後8時前。店の前には待ち行列はありません。  (金曜日なんだけど三連休の前だから、もしかしたらスッと入れるんじゃないかな)  と思いつつ、葦戸(よしど)の入口越しに店内をのぞいてみると、ちょうどカウンター中央の男性ひとり客がお勘定を... [続きを読む]

受信: 2013.09.25 22:33

» 1軒めとしては初訪問 … 焼鳥「若竹(わかたけ)」(桜木町) [居酒屋礼賛]
 1軒めの酒場として、この店にやって来たのは今日が初めてです。  昭和27(1952)年創業の老舗の味と雰囲気に、どっぷりと浸(ひた)らなくっちゃね。  よしずでできた、小さなスイング扉を開けて店内へ。 「ひとりです」 「奥へどうぞ~」  とカウンターの中にいる女将さんから声がかかります。  入口右手のカウンター席(8席ほど)は、手前側こそお客が詰まっているものの、奥のほうは空いている様子。左手に... [続きを読む]

受信: 2013.11.11 22:11

« 松輪のシメサバで燗酒 … 大衆酒場「ゑびす(えびす)」(四ツ木) | トップページ | 二次会で鴨舌の唐揚げ … 馬さんの店「龍仙(りゅうせん)」(石川町) »