« 秘伝のみそ焼きがいい … やきとん「たつや」(沼袋) | トップページ | ベジタブル・ディナー … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田)ほか »

いかなんこつの串焼き … 立呑み「やきや」(荻窪)

いかなんこつの串焼き


 以前はバラで5~6個を焼いていた「いかなんこつ焼」(170円)ですが、今日、焼いているのを見ていると、2~3個ずつ串に刺した状態で焼いて、皿に盛るときに串から外して、以前と同じような状態にして出すようになったようです。

 「その串のまま食べてみたいんですけど……」とお願いしてみたところ、上の写真のように、串に刺したままの状態の「いかなんこつ焼」を出してくれました。

 「串も一緒に焼けちゃったりするので、串のまま出すのは大変なんですよ。だから最後は串から外して出すようにしてるんです」と女将さん。

 なるほど。焼鳥屋の焼き台のように、前後に串を受ける角材(金属製)のようなものがあれば、串の部分が守られますが、ここのは焼き網の上で焼くから、串まで一緒に熱が通っちゃうんですね。

 熱々のイカ軟骨の、コリッとした弾力感が心地よい。

 今日の飲み物は「ウイスキー水割」(380円)です。

 ウイスキー水割は、ブラックニッカ・クリア&ウォーターの300ml瓶。アルコール度数は10%です。冷蔵庫で冷えているものを、氷入りのサワーグラスと一緒に出してくれるので、そのグラスに注いでいただきます。

 ウイスキー水割りの300ml瓶が380円というのは、私が知っている酒場の中では、一番安い。さすが「やきや」ですね。

 「いかなんこつ焼」と同時に注文したつまみが「げそ揚げ」(170円)。

 げそ揚げは、あらかじめ調理しているものを、大きなバットから取り分けてくれるので、あっという間に出てくるのです。

 このげそ揚げをつまみながら、注文してから焼き始める「いかなんこつ焼」のできあがりを待つとちょうどいい。

 他にも「珍味わたあえ」(170円)や「自家製塩辛」(170円)などは出が早いですね。

 これら調理済みの品のスピード感には負けますが、「いか刺身」(170円)や「いかみみ刺身」(170円)などの刺身類も、それほど待つことはなく食べられる一品です。

 この値段ながら、刺身類はすべて注文を受けてから引いてくれるのが素晴らしい。

 ゆっくりと飲んでいるところへ、いつもはカウンターの中で働いているユリちゃんが、今日はお客さんとしてやってきて、ホッピー(360円)に、いかみみ刺身(170円)をご注文。いかみみ刺身の弾力感もいいんですよね。

 1時間弱の立ち飲みタイム。今日のお勘定は720円でした。どうもごちそうさま。

130713a 130713b 130713c
「やきや」 / ウイスキー水割 / げそ揚げ

店情報前回

《平成25(2013)年7月13日(土)の記録》

|

« 秘伝のみそ焼きがいい … やきとん「たつや」(沼袋) | トップページ | ベジタブル・ディナー … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田)ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/58134969

この記事へのトラックバック一覧です: いかなんこつの串焼き … 立呑み「やきや」(荻窪):

» イカ大根の季節が到来 … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 冬場の大きな楽しみの一つが、荻窪「やきや」のイカ大根(170円)です。  イカワタやイカゲソと一緒に大根を煮込んだシンプルな料理なのですが、イカの味がよく染み込んで、黒々と半透明になった大根が、イカよりもなおイカらしい。  ックゥ~~ッ。こりゃ、燗酒をやるしかないだろう!  家を出るのが遅くなり、「やきや」に着いたのは午後7時前。  土曜日の店内はほぼ満員状態ですが、店のおねえさんに「奥へどうぞ... [続きを読む]

受信: 2013.12.17 22:00

« 秘伝のみそ焼きがいい … やきとん「たつや」(沼袋) | トップページ | ベジタブル・ディナー … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田)ほか »