« 台風に悩まされた週末 … 「愛知屋酒店(あいちやさけてん)」(新杉田) | トップページ | 閉店間際に滑り込んで … おでん「あさひや」(日ノ出町)ほか »

定休のはずの火曜日に … 中華料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町)

レバニラ炒め


 7月に「孤独のグルメ」で取り上げられて以来、行列が絶えることのない「第一亭」。

 店の前までは何度も来ているのですが、まったく入ることができず、6月に来て以来、もう3ヶ月以上ものご無沙汰です。

 実は一昨日の日曜日にも、「センターグリル」に行く前に、まずまっ先に「第一亭」へ。すると店は閉まっていたものの、店頭に、

 『15日、16日は連休いたします。なお火曜は営業します』

 という張り紙。

 (よしっ! 火曜日に来よう。本来は火曜日は定休日なので、きっと行列はできないはずだ!)

 と心に決めて、今日の火曜日を迎えたのでした。

 最初は、いつものように、まず「武蔵屋」に行ってから、2軒目で「第一亭」に向かおうと思っていたのですが、桜木町さくらぎちょう駅に向かう電車の中で、ふと考えた。

 (待てよ。せっかくの機会なのに、「第一亭」を2軒目に回したことで、入れなかったり、売り切れ閉店になっていたら困るなあ。今日は最初から「第一亭」にしよう!)

 いつもは右に抜ける『野毛ちかみち』を、今日は左に抜けて、野毛小路を道なりに直進し続けると、大通りに突き当たる手前、左側にあるのが「第一亭」です。

 おぉ~っ。入れる!

 手前のテーブル席は、ほぼ満席状態ながら、その奥の小上がりは3卓のうちの1卓が空いているし、左手のカウンター席には先客なし。全席、空いています。

 「こんばんは。ごぶさたしてます」と店内に入ると、

 「あぁ~。浜田さん。そろそろ来てくれるんじゃないかと思ってたんですよ。思いが伝わったのかなあ」とお姉さん。

 妹さんや、弟さん、手伝っている女性も、みなさんが笑顔で迎えてくれるのがうれしいですねえ。

 「いやあ、店の前まではしょっちゅう来てるんですけど、行列ができてて入れないんですよ。他所よそをまわって、もう1回くると、今度は売り切れで閉店しているし……」

 「そうなんですよ。大勢のみなさんがいらしてくれて、あっという間に食材が売り切れてしまうんです」

 開店前から店の前に行列ができて、営業時間中(というか食材が売り切れて閉店するまでの間)、ずっと行列が途切れないほどなんだそうです。

 まずは瓶ビール(キリンラガー中瓶、550円)と、大好きなホルモン炒め(600円)を注文すると、あっという間に出てきました。

 このスピード感が「第一亭」ですねえ!

 ホルモン炒めは、この店でよく洗って下ごしらえした豚の生腸を、中華鍋に入れ、大きな炎で一気に炒めて、味噌ダレで味付けしたもの。プリップリの食感が実にいいんですねえ!

 その後もどんどん入ってくるお客さんたちから、チート(豚胃)の生姜炒め(600円)、ホルモン炒め(600円)、豚舌(600円)、パタン(600円)の注文が飛び交います。

 これら4品が、「孤独のグルメ」の主人公・井之頭五郎さんが食べたもの。

 いっぽう、原作者の久住昌之さんが、番組最後の「ふらっとQUSUMI」というコーナーで食べたのは、シジミ正油漬(600円)と、チート(豚胃)の生姜炒め(600円)の2品。

 今は、国産のシジミが入ってこないんだそうで、シジミ正油漬はお休み中です。

 ビールの後は、小瓶の紹興酒(650円)をあっためてもらって、料理はレバニラ炒め(600円)をもらいます。

 野菜たっぷりのレバニラ炒めは、女性客からも人気が高い一品です。

 やあ、久しぶりに来ることができて良かった。お店のみなさんたちもお元気そうで、安心いたしました。

 「どうもごちそうさま。また来ますね」

 「ありがとうございました」

 今日のお勘定は、2,400円でした。

130917a 130917b 130917c
「第一亭」 / ホルモン炒め / 紹興酒

店情報前回

《平成25(2013)年9月17日(火)の記録》

|

« 台風に悩まされた週末 … 「愛知屋酒店(あいちやさけてん)」(新杉田) | トップページ | 閉店間際に滑り込んで … おでん「あさひや」(日ノ出町)ほか »

コメント

紹興酒に合いそうで美味しそうですね~

投稿: ブルーベリーでダイエット! | 2013.09.21 07:54

有名な『第一亭』。きっと昼間も混んでいるのでしょうね。

投稿: 仙台おおぽん | 2013.09.21 19:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/58234518

この記事へのトラックバック一覧です: 定休のはずの火曜日に … 中華料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町):

» 中華料理1 [九州男児的北京交流部]
アタクチの好きな中国料理その1。豚の耳のサラダ。日本で食べる方が全然美味いよ。素材(調味料も含む)の差かな…★牡丹 [ぼたん]30ギフトセット【冷凍】賞味期限1ヶ月 【横浜中華... [続きを読む]

受信: 2013.10.03 00:47

» 炒ビーフンをつまみに … 中華料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町) [居酒屋礼賛]
 炒米粉(ビーフン)(700円)をつまみに瓶ビール(キリンラガー中瓶550円)です。  パターン(600円、詳細)も『つまみも兼ねたシメの食事』としてぴったりなのですが、炒ビーフンもいい。具だくさんなので、パターンよりもいいつまみになるかも。エビやキクラゲなんかも入っているのがうれしいですね。  宇ち中(うちちゅう)さんと一緒に回る『野毛酒場』。  「ホッピー仙人」→「栄屋酒場」を経て、3軒目(宇... [続きを読む]

受信: 2013.10.05 10:37

« 台風に悩まされた週末 … 「愛知屋酒店(あいちやさけてん)」(新杉田) | トップページ | 閉店間際に滑り込んで … おでん「あさひや」(日ノ出町)ほか »