« 笑顔がとっても温かい … 小料理「こうこ」(高田馬場) | トップページ | 鳥万名物・若鶏唐揚げ … 大衆酒場「鳥万(とりまん)本店」(蒲田) »

豚肉のうまさに驚いた … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田)

とんかつ


 最初のひと切れは、なんにもつけずに、そのまま食べてみよう。

 そう思いながら口に入れた、トンカツの最初のひと切れがうまいこと!

 軽く塩コショウをした豚肉に、衣をつけて揚げてるだけなんだけど、豚肉そのものが、ものすごくうまいっ!

 そして、その熱々のトンカツを追いかけて飲む、キンッと冷たいビールがうまいっ!

 いいぞ、これは。

 思わず次のひと切れに伸びる箸が止まらない。

 あっという間に4切れ分を食べきって、残り2切れになってから、やっと落ち着いた。

 旨みが濃厚ですねえ、この豚肉は。それほど多くない脂身の部分の甘みもいい。

 これはむしろ、ソースなんかに頼らずに、そのままいただくのが一番うまい。

 この店は、とにかく野菜がおいしいので、これまではほぼ野菜を中心に、魚料理をつけたり、つけなかったりといったメニューを選択することが多かったのです。

 ところが、昨日の特別定食(980円)が豚肉生姜しょうが焼き+副菜2品(3品から2品を選択)。

(たまには生姜焼きで飲んでみるか)

 ってなことで、特別定食を『オール』で、『ごはんは小(20円引き)で後から』と注文します。

 『オール』というのは、本来は3品から2品を選ぶ副菜を、追加料金を払って3品すべてにしてもらうこと。副菜の中で単価が一番安いものが追加料金になります。

 昨日の副菜は、トマトとオニオンのサラダ(単品なし)、小松菜おひたし(200円)、じゃが煮付け(200円)の3品だったので、追加料金は200円ですね。

 お通しの枝豆や、3種の副菜をつまみに大瓶ビールを飲んでいるところへ、豚肉生姜焼きの登場です。

 『おかずりょく』がとても強くて、白いごはんをワシワシと食べさせてくれる生姜焼き。ビールもぐいぐいと進めてくれますねえ!

 待てよ。白いごはんに合うものは、日本酒にも合う。塩辛しかり、佃煮しかり、海苔や納豆もまたしかり。

 もしかすると、豚肉生姜焼きも、日本酒にがっちりと合うんじゃないか?!

「すみません。日本酒の大きいの(500円)を、ぬる燗でお願いします」

 思い立ったら、そく注文。すぐに出された燗酒を、豚肉生姜焼きに合わせてみると……。

 合う! やっぱり合う!

 しかし、これまでの思いつかなかったなあ。『おかず力』のある豚肉生姜焼きで日本酒を飲むということ。

 まあ、ソイ丼の頭とか、カツ丼の頭(カツ煮)なんかで飲むお酒もうまいので、その系統と言えばその系統なんですね。

 で、一夜明けて今日。昨日の豚肉生姜焼きに続いて、今日の特別定食もトンカツと、二夜連続で豚肉続き。今日も特別定食(小)を『オール』で注文して、大瓶ビールからスタートしたのでした。

 今日の『オール』は、酢のもの(180円)、小松菜おひたし(200円)、そしてポテトサラダ(200円)。

 ソースもかけずに、ガツガツと食べ進んだトンカツは、やっぱり冷たいビールかなあ。

 ということで、今日は大瓶ビール(480円)をもう1本おかわりして、残る2切れも熱いうちにいただきます。

 昨日、今日と、それぞれ豚肉を主菜とした『大衆食堂のフルコース』。1時間半ほどかけて晩酌付きの夕食を楽しんで、昨日が2,190円、今日が2,100円のお勘定でした。どうもごちそうさま。

 それにしても、豚肉もうまいことを再発見。見直しちゃったなあ。

 ちなみに通常メニューの「豚肉生姜焼き定食」(650円)や「とんかつ定食」(780円)も、それぞれ人気が高い一品。お酒を飲まないお客さんたちからも好まれているようです。

〔昨日の写真〕
130829a 130829b 130829c
小松菜おひたし / トマトとオニオンのサラダ / じゃが煮付け

130829d 130829e 130829f
豚肉生姜焼き / 爛漫(大)ぬる燗 / 小ライスセット

〔今日の写真〕
130830a 130830b 130830c
枝豆(お通し)と大瓶ビール / 酢のもの / 小松菜おひたし

130830d 130830e 130830f
トンカツ / ポテトサラダ / 小ライスセット

店情報前回

《平成25(2013)年8月30日(金)の記録》

|

« 笑顔がとっても温かい … 小料理「こうこ」(高田馬場) | トップページ | 鳥万名物・若鶏唐揚げ … 大衆酒場「鳥万(とりまん)本店」(蒲田) »

コメント

トンカツに日本酒、初めて見ました。日本酒の口当たり(特に、美酒爛漫と言われるだけあって)がトンカツに合うのかな?私は、大瓶ビール2本に日本酒をやったら、たちまち二日酔いになりそうです。浜田様は大したものですね。

投稿: 仙台おおぽん | 2013.09.03 07:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/58115932

この記事へのトラックバック一覧です: 豚肉のうまさに驚いた … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田):

» ベジタブル・ディナー … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田)ほか [居酒屋礼賛]
 野菜が美味しい「はまや食堂」で、軽~くベジタリアンな夕餉(ゆうげ)です。  前菜に冷しトマト(150円)と冷やっこ(130円)をもらって、大瓶のキリンラガービール(480円)。  残暑きびしき今日このごろ。冷たい料理に冷たいビールがうれしいですね。  身体の熱気がとれたところで、「爛漫」の大徳利(500円)をぬる燗でもらって、B定食(580円)を、小ライス(-20円)で注文。  今日のB定食は、... [続きを読む]

受信: 2013.09.06 22:00

« 笑顔がとっても温かい … 小料理「こうこ」(高田馬場) | トップページ | 鳥万名物・若鶏唐揚げ … 大衆酒場「鳥万(とりまん)本店」(蒲田) »