« 炒ビーフンをつまみに … 中華料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町) | トップページ | 大鍋でグツグツ煮込む … 牛にこみ「大坂屋(おおさかや)」(門前仲町) »

煮込みは売り切れ寸前 … 「河本(かわもと)」(木場)

ホッピーと煮込み


 しばらく間があくと、無性に食べたくなるもののひとつが、ここ「河本」の牛もつ煮込み(300円)です。

 ホッピー(400円)との相性も爆発的にいい!

 ホッピーと煮込みは、この店のツートップの人気商品。ほとんどの客が注文します。

 あれっ? そういえば店の奥、壁際の席にズラリと陣取る、長年の常連さんたちは、あまり煮込みを注文していないような気がするなあ。

 彼ら彼女らは、むしろ日替りの煮魚(400円)などの、ちょっとした変化球的なつまみを食べていることが多い。

 なにしろ店が開いている日はほぼ毎日、来てるようなので、煮込みはもう食べ飽きちゃったんでしょうか。あるいは2~3日に1回くらい、煮込みも食べてるのかもね。

 奥の席に陣取る常連さんたちは、それくらいの頻度で通ってきて、午後8時に閉店(土曜日は7時閉店)するまでの短い時間を、ワイワイと楽しく過ごしているのでした。

 ちなみに、今日の変化球メニューは、タコ(400円)、ホタテ煮(400円)、トマト(400円)など。定番の、かけじょうゆ(=マグロぶつ、400円)もあります。

 さて今日、店に到着したのは、閉店まであと1時間という、午後6時。

 店内はほぼ満席状態で、かろうじて空いていた1席に滑り込みます。

 するとなんと、そのたまたま空いていた席の右どなりが、青梅の酔人・佐々木さんで、さらにその右が都立家政の酔人・荒木マタエモンさん。

 「いやいや、これはどうも!」

 と、さっそくもらったホッピー(400円)で乾杯。

 荒木さんはすでに4杯のホッピーをやっつけて、これから5杯めに入ろうというところ。すごいですねえ。

 「河本」のホッピーは、ホッピービバレッジが推奨するとおりの、もっとも標準的なホッピーを提供してくれます。

 このホッピーが、ものすごく飲みやすい。そして、うまいっ。

 だから3杯でも、4杯でも、すいすいと飲めてしまうのです。

 がしかし! これが知らぬ間に効いてるんですねえ。

 5~6杯飲んで、椅子からコロリと後ろに倒れた人や、8杯ほど飲んだ帰り道に、すぐ横の橋の欄干らんかんにぶら下がったような状態になっていたり(吐こうとして欄干から身を乗り出したまま寝ちゃったらしい)と、あとから大変なことになるのです。

 私は、この店ではだいたい2杯。多くても3杯で止めるように心がけています。そうやって厳しく『心がけて』いないと、必ず飲み過ぎてしまう危険な飲みものなんですねえ、ここのホッピーは。

 「もしかすると、煮込みは売り切れ?」

 となりで飲んでいる佐々木さんに確認してみると、

 「いや、まだあるみたいですよ。今、温めなおしてるようです」

 とのこと。土曜日は、早い時間に煮込みが売り切れてしまうことも多いのです。

 ちょうどそこへ、眞寿美さん(=女将、78才)が、煮込み鍋の様子を見に来たので、

 「あったまったら、私にも煮込みをお願いします」と注文。

 「はいよ」と、煮込み鍋の底をさらうようにしながら、1人前の煮込みをついでくれたのでした。

 いやあ、ギリギリ間にあって、良かった良かった。

 その煮込みで1杯めのホッピーをいただいて、2杯めをおかわりするのと一緒に注文したのは、バタピーナッツ(200円)です。これもほぼいつも置いている定番メニューのひとつ。

 ビールにピーナッツが合うのと同じように、ホッピーにもピーナッツが合います。

 そうこうするうちに、そろそろ閉店時刻(土曜日は午後7時)がせまってきて、常連さんたちもお勘定を始めます。私もグイッと2杯めのホッピーを飲み干して、お勘定は1,300円。今日もごちそうさまでした。

 そうそう。「河本」の冬の名物、おでんは、11月ごろから始まるそうです。湯豆腐も、それと一緒に始まりますね!

130928a 130928b 130928c
煮込み / ホッピー / バタピーナッツ

店情報前回

《平成25(2013)年9月28日(土)の記録》

|

« 炒ビーフンをつまみに … 中華料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町) | トップページ | 大鍋でグツグツ煮込む … 牛にこみ「大坂屋(おおさかや)」(門前仲町) »

コメント

あの河本の雰囲気たるや、煮込みも煮魚も豆腐もどちらも良いですよね。しかしホッピーをグイグイとやっつけるとは、すごいなぁ。

投稿: 大越龍一郎 | 2013.10.06 18:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/58328273

この記事へのトラックバック一覧です: 煮込みは売り切れ寸前 … 「河本(かわもと)」(木場):

» 森下賢一さんを偲んで … 「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
 さる11月26日(火)、師と仰ぐ森下賢一(もりした・けんいち)さんが、尿毒症のため逝去されました。81歳でした。  今日は江東区の富岡斎場で「お別れの会」が開かれました。  会場には吉田類(よしだ・るい)さんや、「河本」の常連さんたちもいらっしゃっています。  森下さんは、昨年末に足に血栓ができて入院。手術をされたのですが、年が明けた1月、今度は腎臓に血栓ができ、6時間にも及ぶ大手術の結果、なん... [続きを読む]

受信: 2013.12.03 23:05

« 炒ビーフンをつまみに … 中華料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町) | トップページ | 大鍋でグツグツ煮込む … 牛にこみ「大坂屋(おおさかや)」(門前仲町) »