« 私の『もつ焼き』原点 … やきとり「たつや」(恵比寿) | トップページ | 皮きりの角ハイボール … バー「ロックフィッシュ(ROCK FISH)」(銀座) »

黙って座れば肴が出る … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町)

たら豆腐


 燗酒がおいしい季節になってきたからか、金曜日の「武蔵屋」は、いつにも増して満席模様。

 奇跡的に空いていた、小上がり入口の2人用卓の向かい側(壁ぎわじゃない側)に相席させてもらって、これで「武蔵屋」は満席です。

 「最初に小瓶のビールをお願いします」

 いつものとおり、キリン一番搾りの小瓶(500円)からスタートです。

 寒くなってきても、最初の1杯は、やっぱりビールがいいですね。小瓶(350ml)は量的にもちょうどいい。

 その後は、いつもの燗酒3杯と、定番の料理5品のセット(2,500円)で、ゆっくりと『酒場浴』。これが本当に落ちつくんだなあ。

 「次に何を注文しようか」なんてことすら考える必要がない。

 出されるままに飲んで、出されるままに食べて、3杯のお酒を飲みきったら終了です。

 こういう、ある意味、「完全におまかせ」的な酒場が、私には合っているようです。

 このタイプの酒場と最初に出会ったのは、今から30年近く前。広島の「爐談亭ろだんてい」という酒場でした。

 薄暗い店内は、板敷きの大広間。奥に座る店主の前に炉が切ってあって、客は板の間の三方の土間に置かれた椅子に座ります。炉を真ん中に、広いコの字カウンターがあるような感じですね。

 そこに座って、客が注文するのは飲み物だけ。

 料理は週替わりで、歳時記やその週の季節行事にちなんだ一汁五菜膳いちじゅうごさいぜんが出されます。これが当時、1,500円でした。閉店間際の昨年は、1,890円だったようですので、この30年間、あまり値上がりしなかったってことですね。

 この膳をつまみに、お酒をいただくのです。

 当時、私は20代の半ばだったのですが、それでもこの酒場はくつろげたなあ。

 その後、東京に転勤になり、「爐談亭」と同じような酒場がないものかと探していたのですが、なかなか出会うことができませんでした。

 今から13年前、やっと出会った酒場が、ここ「武蔵屋」だったのです。

 当たるときには当たるもんで、それから2ヶ月後に初訪問した神楽坂の「伊勢藤」も、黙って座れば一汁四菜の肴が出る。しかも飲みものは日本酒しかないというストイックさで、これもまた、はまりましたねえ。まさに『酒道』です。

 ゆ~っくり、の~んびりとくつろいで2時間弱。今宵のお勘定は3,000円でした。どうもごちそうさま。

店情報前回

《平成25(2013)年10月18日(金)の記録》

|

« 私の『もつ焼き』原点 … やきとり「たつや」(恵比寿) | トップページ | 皮きりの角ハイボール … バー「ロックフィッシュ(ROCK FISH)」(銀座) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/58490293

この記事へのトラックバック一覧です: 黙って座れば肴が出る … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町):

» 通って13年で初めて! … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町) [居酒屋礼賛]
 相変わらず1~2週に1回ずつぐらいのペースで「武蔵屋」に通っています。 『塗箸の 剥(は)げて小芋の 煮ころがし』  店内に飾られている色紙に書かれているのは、コラムニスト・青木雨彦(あおき・あめひこ)さんの句です。  実はこの店の塗箸に剥げたものはありません。輪島塗のこの箸は、ちょっとでも傷がつこうものなら、どんどん新品の箸に取り替えられていくからです。  つまり客の手元にやってくるのは、いつ... [続きを読む]

受信: 2013.12.21 22:00

« 私の『もつ焼き』原点 … やきとり「たつや」(恵比寿) | トップページ | 皮きりの角ハイボール … バー「ロックフィッシュ(ROCK FISH)」(銀座) »