« きのこ煮付で秋が来た … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田) | トップページ | 雑司が谷の隠れた名店 … もつ焼「高松屋(たかまつや)」(雑司が谷) »

私の酒場めぐりの原点 … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町)ほか

武蔵屋


 今年の1月、横浜に転勤してきてから、9ヶ月が過ぎ、今日から10月です。

 まさに光陰矢のごとしですねえ。

 で、今日もまた野毛の「武蔵屋」へ。

 「古典酒場 VOL.12 FINAL号」の特集、「古典酒場、ボクの原点」のインタビューでもお話しさせていただいたとおり、ここ「武蔵屋」は、私の酒場めぐりの原点と言える酒場です。

 この店ではじめて、『酒場浴』的な時間の過ごし方を体得できたのです。

 なにしろこの店では「次に何をたのもうか」ということすら考えなくていい。黙って座れば、燗酒が3杯と、定番のつまみ5品が順々に出されます。

 だから、いつもいま目の前で起こっていることだけに集中していればいい。

 「あぁ、櫻正宗の燗酒がうまいなあ」

 「マリエちゃん、今日もニコニコとがんばってるなあ」

 「ん~~~、タラ豆腐がますますおいしい季節になってきたぞ!」

 「おっ、入口近くのテーブル席に佐野さんがいる」

 なんてことを、ときどき思いながら、お酒をチビチビ、料理をチビチビ。

 こういうときを過ごしていると、身のまわりに起こる、日々のいろんな出来事(特にイヤなこと)なんて、どうでもいい気分になってくるから酒場はやめられない。

 しかしながら「武蔵屋」の営業は、火・水・金の、午後5時から8時半と、とっても限定的なので、どんな常連さんだって、『二日と開けずに』通うわけにはいきません。

 私も週に1回か、ときどき間があいて2週間に1回といったところ。

 でも、ここで過ごすこの時間が、何ものにも代えがたいんですよねえ。

 おばちゃん(=女将さん)自身がいつも言っているとおり、細くでもいいから、いつまでも長く続けてくださいね。

 今日も小瓶のビール(500円)からスタートして、日本酒3杯のセット(2,500円)。2時間弱の滞在は、ちょうど3千円でした。

 「なるべく真っすぐ帰るのよ」という、おばちゃんの笑顔に、

 「は~い。どうもごちそうさま」と返事しながら店を出て、そのまま真っすぐに向かったのは、大岡川沿いに弧状に立つビル、都橋みやこばし商店街の2階にある「ホッピー仙人」です。

 ここはいつもお客さんが多い。火曜日の今日も、カウンターに座る人たちの後ろで立ち飲む人がいる状態。なんだか、これがいつもの「ホッピー仙人」のスタイルになっちゃいましたねえ。

 今日はサーバーのハーフ&ハーフ(500円)をもらって、野毛の夜を締めくくったのでした。

131001a 131001b 131001c
「武蔵屋」 / 3杯めの櫻正宗 / ホッピーのハーフ&ハーフ

・「武蔵屋」の店情報前回) / 「ホッピー仙人」の店情報前回

《平成25(2013)年10月1日(火)の記録》

|

« きのこ煮付で秋が来た … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田) | トップページ | 雑司が谷の隠れた名店 … もつ焼「高松屋(たかまつや)」(雑司が谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/58358885

この記事へのトラックバック一覧です: 私の酒場めぐりの原点 … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町)ほか:

» 黙って座れば肴が出る … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町) [居酒屋礼賛]
 燗酒がおいしい季節になって来たからか、金曜日の「武蔵屋」は、いつにも増して満席模様。  奇跡的に空いていた、小上がり入口の2人用卓の向かい側(壁ぎわじゃない側)に相席させてもらって、これで「武蔵屋」は満席です。  「最初に小瓶のビールをお願いします」  いつものとおり、キリン一番搾りの小瓶(500円)からスタートです。  寒くなってきても、最初の1杯は、やっぱりビールがいいですね。小瓶(350m... [続きを読む]

受信: 2013.10.31 23:15

» 聖夜の野毛でハシゴ酒 … おでん「あさひや」(日ノ出町)ほか [居酒屋礼賛]
 今年も残すところ、今日も含めてあと8日となりました。  仕事関係の忘年会も先週まででほぼ終了し、あとは自分の好きな酒場に行くばかり。  火曜日の今日は、野毛(のげ)の「武蔵屋」からスタートです。 「今日は始めからずっと静かなんですよ」  と、おばちゃん(=女将)も言うぐらい、店内のお客さんは少なくて、久しぶりにカウンター席に座ることができました。  桜木町駅周辺にはものすごい数の人がいたのですが... [続きを読む]

受信: 2014.01.01 08:20

« きのこ煮付で秋が来た … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田) | トップページ | 雑司が谷の隠れた名店 … もつ焼「高松屋(たかまつや)」(雑司が谷) »