« 店情報: 「いしはら食堂(いしはらしょくどう)」(三鷹) | トップページ | 今宵は軽く晩酌コース … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田) »

安い、早い、品数多い … 「いしはら食堂(いしはらしょくどう)」(三鷹)

新さんま焼、里芋煮


 三鷹にもあるんですねえ。すばらしき大衆食堂。

 秋の新さんま焼(250円)と里芋の煮付け(100円)の2品のおかずをもらって、ごはん、味噌汁、お新香という定食セット(200円)を付けると、自分好みの定食(合計550円)ができあがります。

 ん~~、さんまの内臓がうまいなあ。

 この店は、カウンター席上部にずらりと並ぶ短冊メニューの中からおかずを選び、それに定食セットを付けるタイプの大衆食堂。

 これは今までにないタイプですねえ。

 首都圏でよく見かける食堂は、ずらりと並ぶ定食メニューから、どれかを選ぶという「定食屋」タイプ。

 いっぽう、西日本でよく見かけるのは、冷蔵陳列ケースに並んでいるおかずを取ってきて、それにごはんとみそ汁を付けるという「一膳めし屋」タイプ。

 ここ「いしはら食堂」は、その中間というか、陳列ケースではなく、メニューに並ぶ一品料理を選び、それにごはんとみそ汁を付けるという、言ってみれば「受注生産型の一膳めし屋」タイプ。

 もちろんビール(小瓶290円/中瓶420円)やお酒(220円、270円の2種)もあるので、定食セットをもらう代わりに、ビールやお酒をもらうと、おかずをつまみに一杯飲むことができる酒場になるのです。

 このおかずが安いっ!

 ずらりと並ぶ50品ほどの料理は、40円の生玉子から始まって、値段のトップ2が、海老フライ(450円)と刺身(400円)。ほとんどの品は100~250円です。

 新さんま焼の250円にも驚いたけど、まぐろぶつ250円、もつ炒め250円、レバニラ炒め200円、メンチカツ2個150円、さばみそ煮170円、ハムエッグ150円。納豆やきんぴらごぼうなんて70円ですもんねえ。

 しかも営業時間が、朝6時から、中休みなしで夜8時までの14時間。朝でも昼でも飲める、ってことですね。

 今はランチタイム。このあと、この近くで仕事なのでお酒が飲めないのが残念だなあ。

 今度は絶対飲みに来ないとね。土曜定休というのが、ちょっと痛いなあ。日曜・祝日がねらいめかな。

131008a 131008b 131008c
朝は「大船軒」の天玉そば / 昼は「いしはら食堂」 / 夜は「ペルル」で水割り

店情報

《平成25(2013)年10月8日(火)の記録》

|

« 店情報: 「いしはら食堂(いしはらしょくどう)」(三鷹) | トップページ | 今宵は軽く晩酌コース … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/58382285

この記事へのトラックバック一覧です: 安い、早い、品数多い … 「いしはら食堂(いしはらしょくどう)」(三鷹):

« 店情報: 「いしはら食堂(いしはらしょくどう)」(三鷹) | トップページ | 今宵は軽く晩酌コース … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田) »