« 横須賀で食べる呉の味 … 「鳥好(とりよし)」(横須賀中央) | トップページ | レバーパテでホッピー … 「中央酒場(ちゅうおうさかば)」(横須賀中央) »

酒道を感じる老舗酒場 … 「伊勢藤(いせとう)」(飯田橋)

伊勢藤


 『酒道しゅどう』というものがあるのならば、それがもっともしっくりとくる店は、ここ「伊勢藤」だろうなあ。

 茶道や華道、柔道や剣道など、いろんな『道』があるけれど、この『道』というのは、日本の文化や伝統、習慣などを、形としてきっちりと表して、時代を超えて脈々と伝えていく方法と言えるでしょう。

 この店には「白鷹」の燗酒(525円)しかない。どうしても燗酒が嫌いという人には、常温で出してくれます。焼酎はもちろん、ビールもありません。

 L字カウンター席の内側は囲炉裏の間。ここに頭を丸めた三代目店主が、作務衣姿で正座し、注文を受けてお燗をつけてくれるのです。

 「白鷹」の一升瓶から、チロリに注がれた酒は、囲炉裏の火の横に埋め込まれた3連の燗づけ器のひとつに入れられ、温められた後、丸っこい小さな徳利に移す。

 この徳利をもう一度、燗づけ器の穴に入れて温めたあと、まわりの湯を拭きとって出してくれます。

 遠くの席に座ると、専用の長い板の先に徳利をのせて、スゥ~ッと近くまで差し出してくれるのがおもしろい。

 この燗をつける所作のひとつ、ひとつ、そしてそれをこちらに出してくれる所作にも『道』を感じるわけですねえ。

 この丸っこい徳利から、盃台はいだいと呼ばれる、さかずきをのせるための専用の器の上に置かれた盃に、手酌で注ぐ。

 酒を注ぐときは、盃をちょっと持ち上げたほうが注ぎやすいのですが、それを人に代わって持ち上げてくれるのが盃台なんですね。ひとりで手酌をするときにも、この盃台があると、とっても注ぎやすい。

 酒のさかなは考える必要なし。だまって座れば、季節ごとの一汁四菜の料理(1,575円)が出されます。

 この一汁四菜の料理にも『道』を感じるんだなあ。

 それぞれの料理は、酒の猪口くらいの大きさの器に盛られ、少量ずつ出されます。

 たとえば今日は、タコわさ、アボガドの和え物、枝豆など。手間をかけた、日本酒によく合う料理なのがうれしい。

 「豆の味が濃くて、すばらしい枝豆ですね」

 そう店主に声をかけると、

 「枝豆も、今年はこれで終わりぐらいです」

 と店主。すばらしいコクの茶豆が、ぬる燗につけられた燗酒によく合います。

 「伊勢藤」は、神楽坂・毘沙門天びしゃもんてんの向かい側にある、路地のやや奥のほうにあります。

 駅で言うと、飯田橋駅と神楽坂駅の間あたり。距離的には飯田橋駅のほうが近いけど、店までずっと上り坂。逆に神楽坂駅からは、距離はちょっと遠いけど、ほぼ下り坂で行くことができます。大江戸線・牛込神楽坂駅からも同じぐらいの距離です。

 昭和11(1936)年に創業。現在の建物は、昭和23(1948)年に、戦前の建物を復元する形で建てられたんだそうです。

 燗酒をチビチビと飲みながら眺める、この店内の景色がまたいい。

 白熱灯が薄暗く照らす店内は、昭和の風情たっぷり。畳がいい。障子がいい。ポッとそこだけ赤く照り輝いている炭火の明るさがいい。落ち着くよねえ。

 『白玉の歯にしみとほる秋の夜の 酒は静かに飲むべかりけり』

 これは若山牧水の歌ですが、この店はまさに静かに飲むお店。酔って声高になってくると、

 「お静かに願います」

 と店主から声がかかります。

 「話すな」というわけではありません。「騒ぐな」ということなんです。

 酒の席は公の場。酔いに甘えず、静かに過ごすことが要求されるのも『道』ですねえ。

 「おかわりをお願いします」

 3本めとなる燗酒をおかわりすると、店主から奥の厨房に、

 「いちのかわりをお願いします」

 と注文が飛びます。

 「はい~っ」という返事で出さるのは、これまた小さな器に、少量だけ盛られた干し納豆。これをポリポリとかじりながら、燗酒をいただきます。

 「伊勢藤」では、燗酒2本までは、最初の一汁四菜のまま。3本めから、1本増えるごとに、1品ずつ、少量の酒の肴を出してくれるのです。

 このとき、3本めのときが「一のかわり」、4本めが「二のかわり」、5本めが「三のかわり」ということで、それに対応した肴が、奥の厨房から届けられるのでした。

 それでも肴が足りない人は、目の前に置かれた料理のメニュー(豆腐、納豆、味噌でんがく、丸干、たたみいわし、えいのひれ、皮はぎ、くさや、いかの黒作、いなご、明太子の11品)から、追加注文することも可能です。

 常連さんらしきお客さんが追加注文したのは豆腐。豆腐と同じ大きさ、形に作られた食器に、ぴっちりと冷やっこが盛られていて、見た目にもおいしそう。

 追加の料理は、それぞれ1品525円のようです。

 3本めの燗酒も飲みきって、1時間半ほどの滞在。今日のお勘定は3,150円でした。どうもごちそうさま。

 もっと足しげく通いたい「伊勢藤」ながら、平日(月~金)のみの営業で、午後8時半がラストオーダー。横浜勤務の私にとっては、行くこと自体がむずかしいのが残念なり!

店情報前回

《平成25(2013)年10月9日(水)の記録》

|

« 横須賀で食べる呉の味 … 「鳥好(とりよし)」(横須賀中央) | トップページ | レバーパテでホッピー … 「中央酒場(ちゅうおうさかば)」(横須賀中央) »

コメント

そうか、本当は伊勢藤ではなくて『伊勢道』という店名にしたかったのかな?でもこうすると、伊勢(神宮)へ繋がる道になるものね。

投稿: 大越龍一郎 | 2013.10.18 07:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/58404088

この記事へのトラックバック一覧です: 酒道を感じる老舗酒場 … 「伊勢藤(いせとう)」(飯田橋):

« 横須賀で食べる呉の味 … 「鳥好(とりよし)」(横須賀中央) | トップページ | レバーパテでホッピー … 「中央酒場(ちゅうおうさかば)」(横須賀中央) »