« 薩摩無双をお湯割りで … 「兵六(ひょうろく)」(神保町) | トップページ | これが銀座ハイボール … バー「ロックフィッシュ(ROCK FISH)」(銀座) »

働くオトナの晩ごはん … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田)

サラメシ


 ランチをのぞけば、人生が見えてくる。働くオトナの昼ごはん、それが「サラメシ」。

 中井貴一さんの軽妙なナレーションではじまる、NHKの番組が「サラメシ」です。

 私はこの番組が大好きで、月曜日の夜は「吉田類の酒場放浪記」、「プロフェッショナル 仕事の流儀」、そして「サラメシ」と、テレビの前から離れられません。

 そんな「サラメシ」が、このたび一冊の本(学研パブリッシング、2013/9/24、1,365円)になりました。

 テレビで見るのも面白いですが、こうやって文書と写真で見る「サラメシ」もいいですねえ。

 ランチもさることながら、晩ごはんもまた、働くオトナの人生がかいま見える場面です。

 昼間、力いっぱい働いたあと、晩ごはんを食べたり、お風呂に入ったりするときに、フゥ~ッとの、一個人としての自分にかえっていく。この時間がいいんだなあ。

 「はまや食堂」で晩ごはんを食べながらお酒を飲んでいると、ここに集うお客さんたちの人生ドラマを感じることがあります。

 このところよくお見かけする、年配の女性客。がっしりとした身体つきで、注文もせっかちで、その内容も男っぽい。

 店に入ってくるなり、女将さんが注文を取りに来るのも待ちきれずに、

 「おばさん! 豚肉スタミナ鉄板の定食(780円)ね」

 と店中に響きわたるほどの大声で注文。

 「はいはい。豚肉スタミナ鉄板でございますね」

 と復唱しながらお茶を持ってきてくれる女将に、

 「あとホッケ(550円)も付けてもらえる」。

 すごいっ。豚肉スタミナ鉄板と、ホッケ焼きのダブル主菜だ。

 この女性はいつも何かの定食に、もう一品、普通なら主菜となる一品を追加注文する。そして、ごはんのおかわりこそしないものの、けっこうなスピードですべてをきっちりと完食して、「おばさん、お勘定!」と代金を支払って帰っていく。

 すべてが男っぽいのです。食事を楽しむというよりも、ガツガツとエネルギーを注入するって感じ。昼間も男まさりな仕事をしてるんだろうなあ。ついそんなことを想ってしまいます。

 「はまや食堂」には、まるで「孤独のグルメ」の主人公・井之頭五郎さんのように、たくさん食べる客が多いのです。

 いつも大瓶ビール1本で副菜を2~3品(トマト、煮付け、納豆など)を食べてから、きっちと定食を食べる中年男性客。この人が食べるのも速い速い。

 必ず和風ハンバーグ(目玉焼き付き)定食(780円)を注文する若い男性客もいる。そして、それをほぼ完食してから、ごはんを大盛り(220円)でおかわりし、納豆おろし(150円)も追加注文して、ワッシワッシと食べ進む。見ているだけで気持ちがいい食べっぷりです。

 そんな様子を横目で見ながら、今日の私は、いつもの『大衆食堂のフルコース』ではなくて、今夜は『アラカルト』。

 大瓶ビール(480円)とマグロぬた(380円)でスタートし、日本酒の大(500円)を冷や(常温)でもらって、冷しトマト(150円)と冷ヤッコ(130円)。さらには納豆おろし(150円)もいただきます。

 マグロぬたの野菜のシャッキリ感が、なんとも言えずいいんですよねえ。

 最後に小ライス(150円)と、みそ汁(80円)、そして海苔(2袋50円)をもらって、『働くオトナの晩ごはん』を締めくくります。

 ゆっくりと1時間40分ほどの滞在。今日のお勘定は2,070円でした。

 アラカルトで飲み食いしても、『大衆食堂のフルコース』のときと同じくらいの料金なのがうれしいですねえ。どうもごちそうさま。

131007a 131007b 131007c 131007d
大瓶ビールとお通し(枝豆) / まぐろぬた / 冷ヤッコ / 冷しトマト

131007e 131007f 131007g
日本酒大(冷や) / 納豆おろし / 小ライスセットと海苔で〆

店情報前回

《平成25(2013)年10月7日(月)の記録》

|

« 薩摩無双をお湯割りで … 「兵六(ひょうろく)」(神保町) | トップページ | これが銀座ハイボール … バー「ロックフィッシュ(ROCK FISH)」(銀座) »

コメント

こんばんは。
羨ましいです。そうやって一人でゆっくり時間を過ごせるのが。私はどうも一人で飲むのが苦手なんですよ。時間の使い方が下手なんでしょうね。誰か話し相手がいないと外で飲む気にならないんです。お酒は大好きなんですがね。今日も仕事帰りに「鳥好」に行こうかなと思いながら、結局駅前で焼き鳥を買って自宅で家族と食べました。これはこれでいいんでしょうね。

投稿: 流星人 | 2013.10.22 23:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/58435762

この記事へのトラックバック一覧です: 働くオトナの晩ごはん … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田):

» 秋田産・長芋とんぶり … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田) [居酒屋礼賛]
 「秋田直送! 長芋とんぶり」  と書かれたメニューに引かれて、今日は、その長芋とんぶり(単品だと250円)が副菜に付いた、特別定食(980円)をもらって、『大衆食堂のフルコース』としゃれ込むことにします。  『大衆食堂のフルコース』というのは、本来であれば、すべてがひとつのお盆で出される定食を、おかずができた順に出してもらいながら、それぞれを酒の肴として楽しみながら、最後にご飯とみそ汁、そしてデ... [続きを読む]

受信: 2013.10.29 23:13

« 薩摩無双をお湯割りで … 「兵六(ひょうろく)」(神保町) | トップページ | これが銀座ハイボール … バー「ロックフィッシュ(ROCK FISH)」(銀座) »