« 雑司が谷の隠れた名店 … もつ焼「高松屋(たかまつや)」(雑司が谷) | トップページ | 店情報: 「いしはら食堂(いしはらしょくどう)」(三鷹) »

どうしても鯉のうま煮 … 「まるます家(まるますや)」(赤羽)

鯉のうま煮


 涼しくなってきたから、そろそろ「まるます家」のスッポン鍋(750円)だな。

 店に着いて、飲み始めるまでは、ずっとそう思っていたのに。

 最初に自家製きのこおろし(400円)をもらって、小生ビール(350円)、そして富久娘(350円)の燗酒と飲み進むうちに、どうしても鯉のうま煮(800円)が食べたくなった。

 なにしろここの鯉のうま煮が好きなのです。

 内臓と皮がいいんだなあ。

 鯉のうま煮には、内臓の部分、そのまわりの脂分の多い肉の部分、ほろほろに軟らかくなった骨の部分、背中あたりのしっかりした肉の部分、そしてうろこの付いた皮の部分と、それぞれの部位に、それぞれの食感と味わいがあるのがおもしろい。

骨まですべて完食 よく煮込まれたうろこの、ゼラチン質な感覚がいい。骨まですべて食べきることができて、皿の上には飾りのモミジ葉と、ハジカミの柄の部分しか残りません。

 鯉のうま煮。もつ好きの人であれば、絶対に気に入る一品だと思います。ぜひお試しあれ!

 日曜日の今日、「まるます家」に到着したのは午後6時。

 通常の居酒屋であれば、これからピークを迎える時間帯。しかし、朝の9時からやっている「まるます家」は、大忙しの時間はそろそろ終わって、午後9時半の閉店時刻に向けて、徐々に落ち着いてくる時間帯に入ります。

 とは言うものの、やはり満席は満席。私の前にも3人ほど、待っている人がいました。

 「まるます家」の行列さばきは、基本的には並んだ順番ですが、ひとり客が帰って、ひとつしか席が開かなかった場合には、

 「おひとりでお待ちの方、いませんか?」

 と声がかかり、行列の中にいるひとり客で、一番先頭に近い人が先に入れる仕組み。だから、ひとりで行くと意外に早く入れたりするのです。

 今日はそういう番狂わせもなく、待ってる順に着席。私も10分ほどの待ち時間で席に着くことができました。

 で、最初にもらったのが生ビールの小(350円)と、自家製きのこおろし(400円)。小鉢に盛られた大根おろしの上に、いろんなキノコが入った餡がたっぷりとのって、ものすごくいいつまみですねえ。季節ものなので、食べるなら今です!

 小生ビールは一気に飲み干して、次にもらったのが「富久娘」(350円)の燗酒。

 「カワイコちゃんをホットで」

 厨房にはそう伝えられます。「富久娘」の符丁が「カワイコちゃん」なんですね。

 そして鯉のうま煮(800円)。

 これには新潟の酒、「長陵ちょうりょう」の燗を合わせます。

 たっぷりとした鯉のうま煮に、もう1本「長陵」をいただいて、2時間弱の滞在。

 今日のお勘定は2,500円でした。どうもごちそうさま。

131006a 131006b 131006c
小生ビール / きのこおろし / 「富久娘」1本と「長陵」2本を燗で

店情報前回

《平成25(2013)年10月6日(日)の記録》

|

« 雑司が谷の隠れた名店 … もつ焼「高松屋(たかまつや)」(雑司が谷) | トップページ | 店情報: 「いしはら食堂(いしはらしょくどう)」(三鷹) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/58375534

この記事へのトラックバック一覧です: どうしても鯉のうま煮 … 「まるます家(まるますや)」(赤羽):

» 元気でそして明るくて … 「まるます家(まるますや)」(赤羽) [居酒屋礼賛]
 2013年も、いよいよ大晦日を迎えました。  今年の最後にやってきたのは赤羽。今日が年内最終営業日の「まるます家」です。  この店は、とにかくドォ~ンと元気で明るいのがいい。  ここにどっぷりと浸かっているだけで、自分にもどんどん元気が注入されていく気がします。  ホールを切り盛りするおねえさんたちの声が飛び交って、注文の間違いや、お勘定の間違いなどがほとんどない。大勢の客を間違いなく、気持ちよ... [続きを読む]

受信: 2014.01.06 21:38

« 雑司が谷の隠れた名店 … もつ焼「高松屋(たかまつや)」(雑司が谷) | トップページ | 店情報: 「いしはら食堂(いしはらしょくどう)」(三鷹) »