« 煮込みは売り切れ寸前 … 「河本(かわもと)」(木場) | トップページ | きのこ煮付で秋が来た … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田) »

大鍋でグツグツ煮込む … 牛にこみ「大坂屋(おおさかや)」(門前仲町)

煮込み鍋


 おぉ~っ。「大坂屋」が開いてる!

 このところ休みがちという話が聞こえてきている「大坂屋」。ダメ元で店がある通りまで行ってみたところ、ラッキーにも開いていたのです。

 ガラリ、と引き戸を開けて入った店内。煮込み鍋が埋め込まれたメインカウンター7席は満席。左手壁際の4~5席程度のサブカウンターに先客が2名。その先客2名の間に入れてもらいます。

 焼酎(400円)を、氷付きでもらうと、今日のお通しは半月に切ったタクアン4切れです。

 焼酎は、通常は梅割りで出されますが、「氷付きで」とお願いすると、その梅割り焼酎のほかに、氷がたっぷりと入ったロックグラスも出してくれるので、そっちに梅割り焼酎を移しながらいただくのです。

 「3本ぐらい取りますか?」

 と声をかけてくれるのは、四代目となる娘さん。今日は三代目の女将と、四代目の二人で切り盛りされています。

 「シロ以外で3本、お願いします。あと玉子もください」

 玉子というのは、玉子入りスープ(330円)のこと。

 四代目が「3本ぐらい…」と声をかけてくれたのは、おそらく『この店の煮込み3種(シロ、フワ、ナンコツ、各1本130円)を、それぞれ1本ずつ取りますか』という問いかけだったんだと思います。

 シロは、玉子入りスープと一緒に食べたいと思っているので、「シロ以外で3本」とお願いしたのでした。

 (シロ以外で3本。どんな組み合わせで出てくるかなあ?)

 と楽しみに待っていると、最初の3本はフワ1本と、ナンコツはよく煮えを1本と、若煮えを1本。

 こうやってバランスを考えて出してくれるのが嬉しいなあ。

 若煮えのナンコツは、歯が折れるんじゃないかと思うぐらい硬いのですが、その噛み心地がまた気持ちいい。

 「今日はお不動さん(=深川不動尊)の縁日ですからね」

 といいながら、四代目の若女将が、縁日の駄菓子である、うさぎの形のソースせんべい(梅ジャムが入ってるもの)を、お客全員にふるまってくれます。こんな技も持っていたんですね!

 玉子入りスープが出たところで、予定どおり、シロを2本もらいます。

 これをほぐして、玉子入りスープに絡めて食べるのが美味しいのです。

 軽く30分ほどの滞在。今日のお勘定は1,400円ほどでした。どうもごちそうさま。

 (注:「大坂屋」は現在、写真撮影が禁止されています。この記事で使っている写真は、禁止になる前に撮っていたものです。)

130928d 130928e 130928f
「大坂屋」 / 焼酎を氷付きで / 玉子入りスープ

店情報前回

《平成25(2013)年9月28日(土)の記録》

|

« 煮込みは売り切れ寸前 … 「河本(かわもと)」(木場) | トップページ | きのこ煮付で秋が来た … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田) »

コメント

さすが深川に鎮座する、老舗の『もつ煮込み』屋さんですね。あれやこれやとお客様の思いをわかってらっしゃる。

投稿: 大越龍一郎 | 2013.10.07 00:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/58335240

この記事へのトラックバック一覧です: 大鍋でグツグツ煮込む … 牛にこみ「大坂屋(おおさかや)」(門前仲町):

« 煮込みは売り切れ寸前 … 「河本(かわもと)」(木場) | トップページ | きのこ煮付で秋が来た … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田) »