« 働くオトナの晩ごはん … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田) | トップページ | 店情報: 大衆酒場「根岸家(ねぎしや)」(東神奈川) »

これが銀座ハイボール … バー「ロックフィッシュ(ROCK FISH)」(銀座)

銀座ハイボール


 銀座のバー、「ロックフィッシュ」のハイボールグラスには、トレードマークの『かさご(=ROCK FISH)』の絵と、『銀座ハイボール』という銘が入っています。

 ここのハイボールがとにかくうまいんだ。

 簡単に言うと、「ウイスキーが濃い」ってことなんだろうなあ。

 もちろん、ここのハイボールがおいしいのは、それだけの理由ではありませんが、「ウイスキーが濃い」ということは、まず第一歩として必要なんだと思いますねえ。

 松山のバー「露口」のハイボールも、ウイスキーが濃くてうまい。

 どちらの店も、使っているウイスキーは、サントリー角瓶。

 つまり、できあがるハイボールは『角ハイボール』ってことなんだけど、よそで飲む角ハイボールと比べると、ものすごく違う。鮮烈なおいしさを感じるんですよね。

 「ロックフィッシュ」のハイボールは氷なし。「露口」のハイボールは氷入り。この点が両者の違うところでしょうか。

 今日は、その角ハイボール(840円)のつまみに、この店の名物料理のひとつ、オイルサーディン(840円)ももらいます。

 ここのオイルサーディンは、京都の竹中缶詰(株)のもの。1缶1缶、ていねいに手作りしてるんだそうで、見た目もとっても美しい。

 「ロックフィッシュ」のオイルサーディンは、これをそのまま出すのではなくて、オイルをきって、酒と醤油を加えて胡椒をふり、実山椒をのせ、さらにオリーブオイルをまわしかけたものを、加熱して出してくれるという、手間ひまかけた一品です。

 うまいんだなあ、これが。

 今年の1月に、2度めとなる横浜勤務になって以来、東京・横浜の老舗酒場を改めて訪問しています。

 以前は、めったに行けない地域に出かけると、まるでスタンプラリーのようにその地域の酒場をハシゴしたりしていたのですが、今回はそれはヤメ。

 1~2軒の酒場に、じっくりと腰を据えて、なるべくたっぷりとその酒場を堪能するように心がけています。

 その酒場ならではの『酒場浴』を、どっぷりと楽しみたいのです。

 今日も都内での仕事を終えて、まずは神楽坂の「伊勢藤」でどっぷり、そして神保町に場所を移して「兵六」でどっぷりと、2軒の老舗をハシゴ酒。

 酒量的にも、この2軒で十分な状態。明日の仕事に備えて、横浜の単身赴任社宅に帰ろうと電車に乗ったところ、まだ9時過ぎ。

 (帰るには、ちょっと早すぎるかな?)

 ということで、銀座の近くで途中下車したのでした。

 もう1杯、角ハイボール(840円)をいただいて、40分ほどの滞在。今日のお勘定は2,620円でした。どうもごちそうさま。

131009d 131009e 131009f
BAR ROCK FISH / 角ハイボール / オイルサーディン

店情報前回

《平成25(2013)年10月9日(水)の記録》

|

« 働くオトナの晩ごはん … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田) | トップページ | 店情報: 大衆酒場「根岸家(ねぎしや)」(東神奈川) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/58442758

この記事へのトラックバック一覧です: これが銀座ハイボール … バー「ロックフィッシュ(ROCK FISH)」(銀座):

» 皮きりの角ハイボール … バー「ロックフィッシュ(ROCK FISH)」(銀座) [居酒屋礼賛]
 ックゥ~~ッ。角ハイボール(840円)がうまいっ!  今日はなんと、ここ「ロックフィッシュ」の角ハイボールが、飲み始めの1杯です。  この店ではダブル(60ml)のウイスキー(43度)を、瓶入りの炭酸(180ml)で割るから、できあがったハイボールのアルコール度数は11度ほど。  ざっとビールの倍ぐらい、焼酎の半分ぐらいのアルコール度数なんですね。  これくらいのアルコール度数が、どうやら我われ... [続きを読む]

受信: 2013.11.05 22:41

« 働くオトナの晩ごはん … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田) | トップページ | 店情報: 大衆酒場「根岸家(ねぎしや)」(東神奈川) »