« 生のくじらをユッケで … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | シロだけで梅割り3杯 … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石) »

1軒めとしては初訪問 … 焼鳥「若竹(わかたけ)」(桜木町)

焼鳥「若竹」


 1軒めの酒場として、この店にやって来たのは今日が初めてです。

 昭和27(1952)年創業の老舗の味と雰囲気に、どっぷりとひたらなくっちゃね。

 よしずでできた、小さなスイング扉を開けて、「ひとりです」と店内へ。

「奥へどうぞ~」

 とカウンターの中にいる女将さんから声がかかります。

 入口右手のカウンター席(8席ほど)は、手前側こそお客が詰まっているものの、奥のほうは空いている様子。左手に3つあるテーブル席には、すべて客が座っています。

 すぐに出されるおしぼりで手を拭きながら、ベテランの女性店員さんに、大瓶ビール(キリンラガー)を注文し、焼き鳥は、女将さんに「おまかせで」と注文します。

 店はこの女性二人と、炭火の焼き台で黙々と焼き鳥を焼く親父さんの、合わせて3人で切り盛りしています。

 ビールと一緒に出される定番の「うずら卵入り大根おろし」をつまみながら待つことしばし。

 出てきたのは「つくね」「しいたけ肉」「皮」の3本で、それぞれ塩焼き。

 これに秘伝の「にんにく味噌」をぬりつけながらいただきます。

 この「にんにく味噌」が、これだけでつまみになるほどうまい。

 横浜方面では、ほとんどの焼鳥屋で、この「にんにく味噌」が出されますが、「にんにく味噌」を出しはじめた元祖のお店が、ここ「若竹」と言われています。

 「しいたけ肉」は、1本の串に、鶏肉、しいたけ、鶏肉、しいたけ、鶏肉と刺されたもの。しいたけと肉とでは、火の通る度合いが違うでしょうから、こうやってどっちにもちょうどよく火を通すというのは、思ったよりたいへんなのかもなあ。

 「皮」は軟らかく焼き上げるのが「若竹」の特徴。鶏皮のうまみがよくわかります。カリッと香ばしい焼き方も好きですが、この軟らかい「皮」もいいですねえ。

 続いては「手羽中」の塩焼き。骨を手で持って、骨ぎわの肉までしゃぶりつくすようにいただきます。

 ここでとなりの独り客がお勘定。

「ちょっと待ってくださいね。スープ出しますからね」と女将さん。

 一緒に私にも出してくれました。やったね。

 このスープは、うずらの生卵に、鶏ガラでとったスープを注ぎ、刻みネギを浮かべたもの。味付けは塩だけです。

「熱いですから、気をつけてくださいね」

 うずらの生卵がサッと煮えるように、熱々のスープなのがポイントです。

 このスープ。お勘定をお願いしたあと、サービス品で出してくれるものなんですが、実はこれがとてもいい酒のさかなになるんじゃないかと、前々から思っていたんです。

「すみません。熱燗をお願いします」

 せっかくですので、熱燗をもらって、スープをつまみにお酒をいただきましょう。

 すぐにトロリと濃厚な「れば」のタレ焼きも出てきました。

 燗酒は「菊正宗(上撰)」。ればとスープだけで、燗酒1本が軽くいけました。

「焼き鳥の『おまかせ』分は、これで終わりですか?」と聞いてみると、

「はい。あとはお好きなものをどうぞ」とのこと。

「それじゃ、ハツと砂肝。お新香もください。燗酒ももう1本お願いします」

 ハツと砂肝は塩焼きで出してくれます。お新香は6種盛り。

 この店では、『おまかせ』でたのむもんなんだと思い込んでいたのですが、常連さんたちは、好き好きに、自分のお気に入りを注文している様子。

 私ももう1本と、うずらの卵を焼いてもらいます。

「よろしければスープも、もう1杯どうぞ」と女将さん。

「ぜひお願いします」

 やったね。この熱々スープ、大好きだ。

 ゆっくりと、ゆっくりと2時間ほどの滞在。大瓶ビール1本、燗酒2本、焼き鳥8本にお新香、そして熱々スープ2杯(サービス)で、今日のお勘定は3,800円でした。どうもごちそうさま。

131023a 131023b 131023c
お通しの大根おろし / にんにく味噌 / つくね、しいたけ肉、かわ

131023d 131023e 131023f
手羽 / 鶏スープ(1杯め) / れば(タレ)

131023g 131023h 131023i
「菊正宗」(燗酒) / はつ / 砂ぎも

131023j 131023k 131023l
お新香 / うずら卵 / 鶏スープ(2杯め)で〆

店情報前回

《平成25(2013)年10月23日(水)の記録》

|

« 生のくじらをユッケで … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | シロだけで梅割り3杯 … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石) »

コメント

焼鳥に、にんにく味噌。最高に効きますね。明日も頑張ろう!みたいな。私も「おまかせ」で。

投稿: 大越龍一郎 | 2013.11.12 07:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/58558230

この記事へのトラックバック一覧です: 1軒めとしては初訪問 … 焼鳥「若竹(わかたけ)」(桜木町):

« 生のくじらをユッケで … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | シロだけで梅割り3杯 … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石) »