« 若鳥唐揚はこう楽しむ … 鳥料理「鳥房(とりふさ)」(立石) | トップページ | 店情報: 大衆酒場「高砂家(たかさごや)」(高砂) »

ひとりでの~んびりと … 「栄屋酒場(さかえやさかば)」(日ノ出町)

刺身盛り合せ(小)


「おや珍しい。ひとりで飲むこともあるんですね」

 店主にそう声をかけられて、私自身も驚いた。

 そういえば、この店に来るときはいつも誰かと一緒。

 一人で来たのは、いちばん最初に来たときだけだったかもしれません。

 この店の料理は、一品一品がそれぞれしっかりとしたボリュームなので、何人かで一緒に来ないと、いろんな料理を食べることができない。それがこの店にひとりで来なかった最大の理由です。

「なので、刺身の盛り合わせを、少なめでお願いします」

 と、まずはメニューにはないんだけど、刺身の少量盛り合わせ(たぶん1,000円)を注文します。

 大瓶ビール(キリンラガー、610円)をもらって、お通し(サービス)で出された煮イカをつまみながら飲み始めます。

 そして出てきた刺身小盛り合わせは、カツオ(800円)、ヒラメ(700円)、ダルマイカ(700円)、トリ貝(800円)、シャコ(750円)、そしてシャコツメ(800円)。カッコ内の値段は、それぞれを単品で注文したと場合の1人前の値段です。

 少量ずつ、あれこれとつまめるのが、呑ん兵衛にはうれしいんですよねえ。

 この刺身には、やっぱり日本酒かな。

 壁の張り紙にある『地酒めぐり』は、今回で「No.1909」。お酒は高知の「久礼くれ 純米・ひやおろし」(560円)です。

 酒屋さんに「毎回、違うのを持ってきて」と注文して、地酒めぐりをやっているうちに、積もりに積もって、1909回に達したんだそうです。

 ックゥ~ッ。この酒はおいしいなあ。すっきりとキレがある。

 刺身の小盛り合わせが残り少なくなってきたところで、この店の名物、あなご天(630円)を注文します。

 この店の穴子は、生麦なまむぎの魚河岸で仕入れたもの。東京湾のプリップリ穴子です。

 大きくカットした穴子が、一人前で6切れ。ボリュームたっぷりなのに、どんどん食べられるんですよねえ。

 この天ぷらには燗酒(340円)をもらいましょう。

 メニューには「2級酒」と書かれている、この燗酒の銘柄は、姫路の「八重垣」です。

 熱々がおいしいあなご天。せっかくの燗酒を飲むのも忘れるぐらいの勢いで、一気に食べ切ります。

 やあ、おいしかった。

 でも、燗酒が残ってる。

 この燗酒用に、ちょっとしたつまみをもらうことにします。

 「栄屋酒場」は魚介類が売りの酒場ながら、黒板に手書きされたメニューには魚介類以外のつまみも何品か並んでいます。

 たとえば今日は、トコロテン(250円)、おしんこ(350円)、冷やっこ(100円)、湯トーフ(380円)、トマト(350円)、南京豆(400円)、フランク(400円)、カボチャ煮(350円)、ユデピー(400円)、おひたし(350円)、きぬかつぎ(350円)などなど。

 南京豆(400円)をもらってみようかな。

 南京豆は、落花生のこと。大ぶりの殻付き落花生が、受け皿付きの小鉢に、受け皿にあふれるほど盛られて出てきました。すごぉ~いっ。

 それとは別に、南京豆の殻を入れるための、紙で折ったゴミ箱も出してくれるので、そこに南京豆の殻を割っては入れ、割って入れしながら食べ進みます。

 残ったお酒を飲むために注文した南京豆ながら、その南京豆の量が多いので、燗酒(340円)もおかわりです。

 南京豆は大好物なので、これだけ量があるとうれしい。

 ゆ~っくりとの~んびりと2時間半ほどの滞在。今日のお勘定は3,880円でした。どうもごちそうさま。

131030a 131030b 131030c
「栄屋酒場」 / ビールとお通し / お漬物

131030d 131030e 131030f
『地酒めぐり』 / 納豆和え / あなご天

131030g 131030h 131030i
南京豆と燗酒 / ごぼう煮 / 柿

店情報前回

《平成25(2013)年10月30日(水)の記録》

|

« 若鳥唐揚はこう楽しむ … 鳥料理「鳥房(とりふさ)」(立石) | トップページ | 店情報: 大衆酒場「高砂家(たかさごや)」(高砂) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/58621088

この記事へのトラックバック一覧です: ひとりでの~んびりと … 「栄屋酒場(さかえやさかば)」(日ノ出町):

» やっと入れてシメサバ … 大衆酒場「栄屋(さかえや)」(日ノ出町) [居酒屋礼賛]
 最低でも週に1度は野毛(のげ)で飲みたい。  今日も仕事を終えて、トコトコと野毛に出てきたところ、なんと「武蔵屋」は臨時休業。  道路の積雪こそないものの、この寒さだからなあ。  よしっ。こういうときは、また「栄屋酒場」をのぞいてみよう。  年末ごろから、「栄屋酒場」にはもう5~6回、行ってはいるのですが、いつも満席で入れない。  今や、常連さんでも予約をしないと入れないぐらいの人気店になってい... [続きを読む]

受信: 2014.02.28 23:30

« 若鳥唐揚はこう楽しむ … 鳥料理「鳥房(とりふさ)」(立石) | トップページ | 店情報: 大衆酒場「高砂家(たかさごや)」(高砂) »