« 倉嶋編集長と飲む千福 … 樽酒「路傍(ろぼう)」(中野) | トップページ | 〔コラム〕 日本海の海の幸・ズワイガニ »

倉嶋編集長とハシゴ酒 … バー「アルフォンソ(Alfonso)」(阿佐ヶ谷)など

Bar Alfonso


 「古典酒場」の倉嶋編集長と合流して、当然のことながら1軒で終わろうはずはなく、2軒目は中野は昭和新道商店街にある、立ち飲みの「パニパニ」に入ります。

 つい先日オープンしたような感じがする「パニパニ」ですが、創業は平成18(2006)年の『パニの日(=8月2日)』。もう創業7年なんですね。

 いつも明るく楽しい店主の長谷部智明さんは、この商店街の役員でもあり、毎年夏に中野駅周辺で実施されている「中野チャンプルーフェスタ」の実行委員長も務めているという、地元の重鎮でもあります。

 「パニパニ」のほうも、まるでずっと以前からこの場所にあったかのような安定感で、夜な夜な大勢のお客でにぎわっています。

 料理が安くておいしいし、いろんな飲み物もそろってますもんね。

 「パニパニ」を出ると、向かい側が、これまた大人気のもつ焼き店、「石松」です。

 この店も、平成17(2005)年12月に、ここに移転してきたので、「石松」になってからの歴史は、「パニパニ」と同じくらいなんですね。(その前は、この近くで、もつ焼き「」として営業していました。)

 カウンター8席ほどの店内は満席のことが多いんだけど、どうかな?

 のぞき込んでみると、ラッキーにも店の奥のほうが空いていて、二人でそこに入れてもらいます。

 キープしている金宮ボトルを出してもらうと残りあとわずか。もう1本、ボトル(1,500円)を入れてもらって、ホッピー(外)で割って乾杯です。

 で、お通し(380円)のマグロぶつから始まって、周りの人たちの注文に合わせながら、タン(100円、塩)やら、牛ミノ(150円、醤油)やら、レバ(100円、塩)やら。

 もうかなりヘベレケに酔ってるんだけど、それでもこの店のもつ焼きはうまいのぉ。

 倉嶋さんとの話は、酒場のこと、酒のこと、さかなのこと、店を切り盛りする店主さんたちのこと、店に集うお客さんたちのことと、幅が広く、しかも深い。話しても話しても話しても、いつまでも話が尽きることがありません。だからいつも飲み過ぎちゃうんだな。

 ここで伺った内容を覚えているだけで、すばらしい酒場紀行文がいくつも書けそうなんだけど、朝になるとすっかり忘れちゃってるのが残念でなりません。

 自分たちも思いっきり酔っぱらってるから、お互いに「すばらしい話だ!」なんて思いながら、同じ話を何度も何度も繰り返してたりするだけなのかもしれないんですけどね。

「次は『ブリック』に行きましょう。『路傍』に行く前に、ちょっと立ち寄って、ボトルを入れてきたんですよ」と倉嶋さん。

 なぬっ?! わらびの「喜よし」からスタートして、私と合流した「路傍」が2軒めかと思っていたら、その途中にもう1軒行ってたんですね。そのあと、「パニパニ」、「石松」と2軒回ったから、倉嶋さんはここですでに5軒めか! すごぉ~いっ!(ちなみに私は2軒分ビハインドの3軒めです。)

 よしっ、と「ブリック」へと向かったものの、ちょうど日付が変わるころで、「ブリック」(24時までの営業)はもう片付けに入っています。残念!

 それじゃあ次へ、とタクシーに乗り込んで、バビュンと向かったのは阿佐ヶ谷のバー「アルフォンソ」。ここは午前3時までの営業です。

 阿佐ヶ谷まで帰って来てれば、私は歩いて帰れるし、倉嶋さんもタクシーで10分ほど。安心して飲みましょう!

 午前0時を回ったこの時間帯でも、「アルフォンソ」の店内はお客さんでいっぱい。カウンター席には座れず、その背後の壁際にある丸テーブルで乾杯。

 そんなわけで今夜も長時間お付き合いいただき、ありがとうございました。>倉嶋さん

 ぜひまたりましょう。よろしくお願いします。

(阿佐ヶ谷駅前で、倉嶋さんのタクシーを見送ったあと、つい誘惑に負けて、博多ラーメン+半チャーハンのセット(650円)を食べてしまったのは、ここだけの話だ。)

131101g 131101h 131101i
「パニパニ」アールグレイハイとお通し、そして料理いろいろ

131101j 131101k 131101l
「石松」ホッピー / お通し(マグロぶつ) / タン塩

131101m 131101n 131101o
牛ミノ醤油 / レバ塩 / 「長浜や」チャーハンセット

・「パニパニ」の店情報前回) / 「石松」の店情報前回) / 「アルフォンソ」の店情報前回

《平成25(2013)年11月1日(土)の記録》

|

« 倉嶋編集長と飲む千福 … 樽酒「路傍(ろぼう)」(中野) | トップページ | 〔コラム〕 日本海の海の幸・ズワイガニ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/58734013

この記事へのトラックバック一覧です: 倉嶋編集長とハシゴ酒 … バー「アルフォンソ(Alfonso)」(阿佐ヶ谷)など:

» 博多長浜豚骨ラーメン … 「御天(ごてん)」(下井草)ほか [居酒屋礼賛]
「せん菜(さい)炒め(550円)ありますか?」 「あと1人前だけ残ってます」 「それください!」  「御天」に来たら、せん菜炒めは絶対にはずせない。  ここに来るといつも、このせん菜炒めをつまみに、シークワサーサワー(400円)を飲む。これが定番になっています。  せん菜というのは、細い細いもやしのこと。細かく切ったチャーシューと一緒に炒めて、刻みねぎをトッピングして出してくれます。シャキシャキと... [続きを読む]

受信: 2014.01.09 22:27

» アルフォンソで飲んで … 長浜ラーメン「御天(ごてん)」(下井草)ほか [居酒屋礼賛]
 「川名」、「さくら水産」で飲んだあと、阿佐ヶ谷駅改札口で解散。  地元住民なので、電車には乗らないQちゃん、にっきーさんと3人で、阿佐ヶ谷駅近くのバー「アルフォンソ(Bar Alfonso)」に入ります。  夜遅くまで、リーズナブルな値段で本格的なカクテルを、じっくりと楽しむことができるバー「アルフォンソ」。この近辺では、いちばん好きなバーです。  3人とも、それぞれ好みの飲み物を注文。  私は... [続きを読む]

受信: 2014.08.31 20:29

» 香るアールグレイハイ … 立ち飲み「パニパニ(Pani Pani)」(中野) [居酒屋礼賛]
 中野「パニパニ」には、とても個性的な焼酎割りが多い。  私がいちばん好きなのは、自家製アールグレイハイ(360円)だ。  これは、その名のとおり焼酎を、フレーバーティーの一種である「アールグレイ」という紅茶で割ったもので、とにかく香りがいい。  他にはパニパニサワー(380円)、ファイト一発サワー(390円)、神宮サワー(390円)、珈琲豆乳ハイ(420円)、パニ茶ハイ(380円)、うっちん茶ハ... [続きを読む]

受信: 2016.04.11 08:26

« 倉嶋編集長と飲む千福 … 樽酒「路傍(ろぼう)」(中野) | トップページ | 〔コラム〕 日本海の海の幸・ズワイガニ »