« 日曜昼間の大にぎわい … お食事・呑み処「信濃路(しなのじ)」(鶯谷) | トップページ | 閃きの逸品、ペラシロ … やきとん「たつや」(沼袋) »

市民酒場は横浜の文化 … 市民酒場「みのかん」(神奈川)

市民酒場「みのかん」


 戦時中に神奈川県の意向で始まったという「市民酒場」。

 「はまれぽ」の記事によると、最盛期には200軒近い市民酒場があったそうなんですが、今や数軒が残っているだけです。

 東から順番に、新子安の「諸星」、神奈川の「みのかん」、そして戸部の「常盤木」の3軒が有名です。

 「諸星」、「常盤木」は土・日・祝日が定休なので、土曜日の今日は久しぶり(6年半ぶり)となる「みのかん」に向かいます。

 「みのかん」は週まん中の水曜日が定休日。それ以外は毎朝10時から、夜8時まで、中休みなしの10時間営業。いつ来ても開いてるって感じですね。

 むしろ閉まるのが午後8時と早いので、仕事が遅くなると営業に間に合わないかもしれないことが、ちょっと心配なくらいです。

 店に着いたのは午後3時45分。

 店内は、右手に10人ほど座れるカウンター席、左手に4人掛けのテーブル席が4卓。

 初老のご夫婦二人が切り盛りしていて、ご主人が接客を、奥さんが厨房を担当しています。

 先客は4人。みんな男性ひとり客で、カウンターに均等割り付け的な状態で座っています。私自身も、そのカウンターの中で、もっとも均等になりそうな場所に座ると、すぐに出されるサービスのお通しは、おでんが2個。ジャガイモと薩摩揚げです。

 この店は、このお通しが有名なんですよね。年中いつ来ても、おでんが2個。これがサービスだというのが素晴らしいことです。

「お酒のじょう熱燗あつかんで。あとマグロ刺身をお願いします」

 清酒は普通(200円)と上撰(260円)があるので、その上撰のほうを注文。

 燗酒は「名誉冠」(京都・伏見)のガラス徳利で、小ぶりのグラスと一緒に出されます。

 そしてマグロ刺身(400円)。

 ここは目と鼻の先と言ってもいいぐらいの場所に、横浜中央卸売市場があるからか、新鮮な魚介類が安いのです。

 今日の刺身は、このマグロ刺身(400円)とタコ刺身(280円)です。

 このマグロ刺身は、木場の「河本」の、かけじょうゆ(400円)にも似てるなあ。値段も同じだ。

 そういえば煮込みもそう。「みのかん」も、もつ煮(300円)がおすすめなのですが、残念ながら今日のメニューにはありません。この時間なので、もう売り切れたのかな。

 今日はマグロ狙いで、最初から燗酒を注文しましたが、この店の名物的な飲み物は酎ハイ(330円)。グラス1杯(1合弱)の焼酎が240円で、それが氷入りのハイボールグラスに注がれて、それとは別に瓶入りのタンサン(90円)が出されます。

 1合弱の焼酎を、氷入りのハイボールグラスに注ぐと、それでもうほとんど満杯。タンサンが入るスペースはほとんど残っていません。この濃さが人気なんですね。

 でも私はウイスキーのハイボール(250円)をもらいましょう。

 こちらは、ショットグラス1杯のウイスキーが160円で、タンサンは90円。こちらも氷入りのハイボールグラスに注がれますが、1ショットのウイスキーとタンサン1本で、ハイボールグラスがちょうといっぱいになります。

 ウイスキーはメルシャンの「樽薫る辛口ウイスキー・オークマスター」のボトルに入ってるんだけど、このウイスキーは一昨年(2011年)に終売。今の中身はなんなんだろうなあ。買いだめしてた「オークマスター」か、同じクラスの別のウイスキー(たとえばキリン「オーシャンラッキーゴールド」など)なのか。

 つまみに湯豆腐(180円)を注文すると、あらかじめ茹でられているのか、ほとんど待つ間もなく出されました。

 大きくカットした熱々、フルッフルの大きな豆腐が2切れ。刻みネギとカツオ節がトッピングされていて、これに醤油をサッと回しかけていただきます。

 っあぁ~っ、うまいっ。

 こういうシンプルな湯豆腐もいいねえ!

 午後4時を過ぎるといったんお客が減り始めていた店内ですが、5時前にはまた続々とお客が入ってきて、あっという間にカウンター席は8分めぐらいの状態になりました。

 1時間半ほどの滞在。今日のお勘定は1,100円でした。どうもごちそうさま。

131221a 131221b 131221c
市民酒場「みのかん」 / お通しのおでん / 清酒上撰(燗酒)

131221d 131221e 131221f
マグロ刺身 / 湯豆腐 / ウイスキー・ハイボール

店情報前回

《平成25(2013)年12月21日(土)の記録》

|

« 日曜昼間の大にぎわい … お食事・呑み処「信濃路(しなのじ)」(鶯谷) | トップページ | 閃きの逸品、ペラシロ … やきとん「たつや」(沼袋) »

コメント

市民酒場。由緒正しき酒場ですね。いつまでも営業していてほしいですね。この雰囲気は「世界遺産」に登録してもおかしくはありませんね。

投稿: 大越龍一郎 | 2013.12.24 07:16

オークマスターのボトルの後ろにトリスのボトルが置いてありますね。

投稿: 楠木 | 2014.01.07 12:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/58807107

この記事へのトラックバック一覧です: 市民酒場は横浜の文化 … 市民酒場「みのかん」(神奈川):

» 朝飲み!?超濃チューハイにおでん@みのかん(神奈川) [食メモ。〜横浜B級グルメと飲み記録〜]
みのかん@神奈川で、 きんぴらごぼう+酎ハイほか。 930円なり。 午前呑み。 通院のため朝から外出。 っで、検査が終わったのは昼前。 さすがに午前中から飲める店はな ... [続きを読む]

受信: 2014.10.26 12:06

« 日曜昼間の大にぎわい … お食事・呑み処「信濃路(しなのじ)」(鶯谷) | トップページ | 閃きの逸品、ペラシロ … やきとん「たつや」(沼袋) »