« 市民酒場は横浜の文化 … 市民酒場「みのかん」(神奈川) | トップページ | やっぱり鯛のかぶと煮 … 大衆酒場「根岸家(ねぎしや)」(東神奈川) »

閃きの逸品、ペラシロ … やきとん「たつや」(沼袋)

ペラシロ、里芋


 上の写真の手前側の串焼き。ペラシロ(105円)といいます。

 煮込みにも出来ないようなペラペラのシロ(豚腸)をまとめて串に刺し、カリカリに焼き上げる1本です。

 もともと捨てるしかないぐらいだったこの部位。

「串に刺してカリッと焼いたら美味しそう」

 という、「たつや」の女性スタッフのひらめきで生まれたのが、この料理なんだそうです。

「ペラペラな分だけ、焼き上がりの見極めがむずかしいんですよ。油断してるとすぐに焦げてしまう」

 と話してくれながら、ペラシロの串を持ち上げて、遠火で仕上げる店主・藤井龍成さん。お名前が龍成(たつなり)だから、店の名前が「たつや」です。

 最後にサッとタレの壺にくぐらせたら出来上がりです。

 ど~れどれ。

 なるほど! このカリッとした食感がいいですね。噛んでるとシロの旨みが広がってくる。

 焼き鳥屋などで出される、カリッと焼き上げた鶏皮も好きなんですが、ペラシロのほうが薄い分だけ、カリッと感がいい。これは好きだなあ。

 奥側の丸いのが並んだ串は、つくねのようにも見えますがそうではなくて、実は里芋さといもの味噌焼き(126円)です。

 「たつや」もまた、「喜よし」・「秋元屋」系列のやきとん店なので、味噌焼きも名物のひとつ。

 やきとんのみならず、里芋なんかも味噌焼きにできるんですね。(里芋の味付けは、塩か味噌が選べます。)

 天皇誕生日にからむ三連休最終日の今日。早めの夕方に、「今日はどこで飲もうか」と考えていたとき、沼袋「たつや」の店主からの、

「祝日だけど、年末ってことで臨時に食肉市場が稼働してます。今年最後の『今朝締めモツ』。祝日だけど、17時からお待ちしています」

 というツイートが目に飛び込んできたのでした。

(こいつは行かねば!)

 と「たつや」にやってきて、まずは黒ホッピーセット(399円)と、『今朝締めモツ』の冷製おまかせ3点盛り(525円)を注文。今日の3点は、ハツ刺、ガツ刺と、自家製酢みその豚耳でした。

 ナカ(ホッピーの焼酎おかわり、262円)をもらって、焼き物はレバ(105円)、テッポウ(105円)、ぶつ切りラム(210円)の味噌焼きを1本ずつ。

「レバは軽めでお願いします」

 今朝締めのレバなので、そうお願いしたところ、

「味噌焼きで軽めにするのは難しいんですよ」

 味噌焼きは、液体状の味噌ダレの壺に、何度もくぐらせながら、しっかりと焼き上げていくのが基本。だから冷めてもおいしいんです。それを「レア気味に」とお願いするのは、確かにけっこう無理のある注文ですね。

 それでも店主は、レバ味噌ちょい焼きを絶妙なレア加減で出してくれました。ありがとう!(ちなみに、この店本来のレバちょい焼きは塩味です。)

 テッポウ味噌は当然のごとくうまいのですが、ラム味噌もいいですねえ。ラムもすっかり「たつや」の定番として、レギュラーの座を確保しているように思います。

 都合3杯めとなるナカ(262円)をもらって、ここらで野菜物も注文。

 いつもはお新香(盛り合せ、210円)をもらうことが多いのですが、今日はメニューに「白菜ゆず風味おしんこ」(210円)というのがあるので、これをもらってみましょう。白菜のおいしい季節ですもんね。

 いつものお新香もボリュームたっぷりですが、この白菜も量がありますねえ!

 最近、すっかり野菜好きになっているので、この量はうれしいなあ。

 4杯めとなるナカ(262円)で、ちょうどソト(瓶入りホッピー)もなくなりました。今日はソト1・ナカ4のペースですね。

 そして、最後にもらったのが冒頭でご紹介したペラシロ(105円)と里芋味噌焼き(126円)だったのでした。

 ゆっくりと2時間ほどの滞在。今日のお勘定は2,670円でした。どうもごちそうさま。

131223a 131223b 131223c
黒ホッピー / 冷製おまかせ3点盛 / れば味噌ちょい焼き

131223d 131223e 131223f
てっぽう味噌 / ぶつ切りラム味噌 / 白菜ゆず風味おしんこ

店情報前回

《平成25(2013)年12月23日(月)の記録》

|

« 市民酒場は横浜の文化 … 市民酒場「みのかん」(神奈川) | トップページ | やっぱり鯛のかぶと煮 … 大衆酒場「根岸家(ねぎしや)」(東神奈川) »

コメント

  ペラシロ、なるほど・・です。廃物利用ではなく、端っこがおいしい、という話ですね。
向田邦子のエッセーで、巻き寿司の端っこ(具が不ぞろいに飛び出したところ}が好きという話を思い出しました。

投稿: 越村 南 | 2013.12.25 21:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/58815818

この記事へのトラックバック一覧です: 閃きの逸品、ペラシロ … やきとん「たつや」(沼袋):

» 今年最初のモツカレー … やきとん「たつや」(沼袋) [居酒屋礼賛]
 やきとん「たつや」に来ると、いつも注文するのがモツカレー。  ものとしては、豚モツを具材にしたカレールーといったところで、トーストしたフランスパンが2切れ付いて350円。  ティースプーンが添えられるので、これでモツカレーをパンにのせて、パンと一緒に食べる。  これが美味しくて、美味しくて。  どろりとしたカレールーの中に、豚モツの弾力感があるという食感もいいんですね。  お腹がすいているときな... [続きを読む]

受信: 2014.01.18 00:54

« 市民酒場は横浜の文化 … 市民酒場「みのかん」(神奈川) | トップページ | やっぱり鯛のかぶと煮 … 大衆酒場「根岸家(ねぎしや)」(東神奈川) »