« 倉嶋編集長とハシゴ酒 … バー「アルフォンソ(Alfonso)」(阿佐ヶ谷)など | トップページ | 店情報: 京極「スタンド」(河原町) »

〔コラム〕 日本海の海の幸・ズワイガニ

ズワイガニ


 京都府の日本海側に位置する舞鶴にやってきています。

 冬の舞鶴といえば、やっぱりカニですね。

 日本海の深海にすむこのカニは、標準的にはズワイガニという名称ですが、水揚げされる場所によって、オスは「松葉がに」「越前がに」などの地域ブランドで呼ばれています。

 舞鶴でも昨・平成24(2012)年に、特許庁の地域団体商標を取得して、舞鶴漁港に水揚げされたズワイガニのことを、「舞鶴かに」という地域ブランドで呼ぶようになったんだそうです。

 残念ながらタグ付き(地元ブランド)のカニは、通常のものと比べると倍ぐらい高いらしいので、今日はタグなしの、普通のズワイガニをいただきます。

「味はほとんど変わりませんので、ご安心ください」と地元っ子。

 まずは土鍋に張られたダシに、殻が付いたままのカニの一部を投入して着火。この殻付きのカニから、いいダシが出るんだそうです。

 鍋が沸くのを待つ間に、ズワイガニの刺身ですね。

 身の先にワサビ醤油をちょいとつけたら、殻の部分をつまんで高~く持ち上げ、その下に口を持っていって、一気に食べる。

 あっまぁ~っ!

 カニの身の自然な甘みがすばらしい。燗酒、燗酒。

「カニ自身は、自分がこんなに美味しいことを知ってるのかなあ」

「いや、タコみたいに、自分で自分を食べないもんね。きっと知らないんだよ」

 なんて、どうでもいいような会話もすごく楽しい。

 続いてはメスガニ。ひとりに1匹ずつ出されます。

 メスのズワイガニも、地域によってコッペガニ、コウバコガニ、セコガニ、セイコ(セイコガニ)など、いろんな呼び方をされるんだそうです。

 オスの漁期は11月6日から、翌年3月20日まで、5ヶ月近くあるのですが、メスの漁期は開始は同じ11月6日でも、終了は翌年の1月10日までと、うんと短くて、2ヶ月ほどしかありません。これはもちろん資源保護のためです。

 今はちょうどメスの漁期。このコッペガニを楽しみにやってきたのです。

 コッペの大きな特長は、なんといってもその外子そとこ内子うちこですね。

 外子は、甲羅の腹部に抱いている卵のこと。

 卵の成熟度によって、解禁直後のオレンジ色から、年末に向かってだんだん黒い色に、色が変化していきます。今日の外子はその中間、茶色っぽい色合いです。

 このプチプチとした食感が、外子の醍醐味だいごみですねえ。

 そして、甲羅をパカッと開けると、その中にギッシリとつまっているのが、オレンジ色の内子、カニの卵巣です。こちらは濃厚で旨みがたっぷり。まわりのカニミソと一緒に食べると、燗酒が進んでしょうがないつまみになります。

 さあ、カニ鍋の準備も整ったようです。

 熱々のカニを、ポン酢醤油や三杯酢でホジホジモグモグといただく間、みんながすっかり無口になるのもおもしろい。

 そして大きな甲羅で出されたのはカニミソです。

 カニミソの上に、椎茸や三つ葉をのせて、茶碗蒸し風にダシ卵でとじています。

 ん~。コッペの内子もおいしかったけど、こうしてあったかいカニミソもいいですね。

「すみませ~ん。お酒を、アチッ! ていうぐらい熱燗でお願いします」

 と注文して出してもらった熱燗を、甲羅の中に注いで、甲羅にくっついたカニミソを混ぜ混ぜと酒に溶かしてグビリ。

 っくぅ~っ、うまいもんじゃのぉ~!

 最後に、カニ鍋のダシで作ったカニ雑炊が出されます。

 水分が多めのこのカニ雑炊は、カニの味わいもさることながら、具材として投入された海苔のりの風味と食感がいいですねえ。飲んだ後のシメにぴったりです。

 ゆっくり、たっぷりと3時間ほどの宴会コース。ひとり1匹ずつのズワイガニがついて、飲み代も込みで、ひとり9,500円(コッペガニが要らない人は8,000円)というのはお値打ちでした。どうもごちそうさま。

 そしてすばらしい場を設けてくれた幹事さん、どうもありがとうございました。

131206a 131206b 131206c
ズワイガニ(オス)のカニ鍋 / 刺身 / コッペガニ(メス)

131206d 131206e 131206f
外子 / 内子とカニミソ / 茶碗蒸し風に調理したカニミソ

131206g 131206h 131206i
甲羅酒(1杯め) / 甲羅酒(2杯めでも濃厚) / シメのカニ雑炊

《平成25(2013)年12月6日(金)の記録》

|

« 倉嶋編集長とハシゴ酒 … バー「アルフォンソ(Alfonso)」(阿佐ヶ谷)など | トップページ | 店情報: 京極「スタンド」(河原町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/58734376

この記事へのトラックバック一覧です: 〔コラム〕 日本海の海の幸・ズワイガニ:

« 倉嶋編集長とハシゴ酒 … バー「アルフォンソ(Alfonso)」(阿佐ヶ谷)など | トップページ | 店情報: 京極「スタンド」(河原町) »