« 炒ビーフンがいいね! … 中華料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町) | トップページ | 創業5年になりました … 国民酒場「じぃえんとるまん新杉田店」(新杉田)ほか »

食べて飲んでラーメン … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政)

博多ラーメン「ばりこて」


 「ばりこて」は、地元でも大人気の博多ラーメンのお店です。

 当然のごとく、ほとんどのお客さんは、ストイックにラーメンに対峙たいじしています。

 でも、私はこの店に来るといつも、最初は飲み物からスタートするんですよねえ。

 今日もまずは芋焼酎(赤霧島、380円)をロックでもらいます。

 博多(福岡県)で過ごした学生時代にお酒を飲み始め、就職して最初に赴任した呉(広島県)も、ラーメン屋台が有名な街だったので、私の頭の中では、お酒とラーメンは一体化した存在になっちゃってるんです。

 そば屋には、『蕎麦前そばまえ』と言って、そばが茹で上がる前に、そば屋ならではのつまみでお酒を1~2本飲んでから、最後にそばでシメる、という『蕎麦屋酒』という楽しみ方があります。

 『ラーメン屋酒』も、それと同じ。

 蕎麦屋酒には日本酒が向いていますが、ラーメン屋酒は焼酎のほうが合うかな。

 さて、今日の『ラーメン前』は何にしようかな。

 ここ「ばりこて」には、「おつまみ各種」(各280円)として、味噌ずり、鳥皮ポン酢、がめ煮、もつ煮込み、めんたいポテト、レンコンつくね、めんたいだし巻の7品が並んでいるほか、ひとくちめんたい(150円)や、博多焼きぎょうざ(8個300円)、茹でぎょうざ(5個300円)、おつまみチャーシュー(300円)といった、いかにも「呑め」と言わんばかりの、うれしい品々が並んでいるのです。

「え~と。今日はレンコンつくねをお願いします」

 おつまみ各種は、冷蔵保存されているものを、必要に応じて温めなおして出してくれるので、すぐに手元に届くのがいいですね。

 よそでけっこう食べてきて、ここであまり食べるとシメのラーメンにたどり着けそうもない、という場合におすすめなのが「ひとくちめんたい」(150円)。これもまた人気の高い一品です。

 ラーメン屋酒としてよく行くのは、ここ都立家政の「ばりこて」と、下井草の「御天」の2軒。どちらも博多ラーメン/長浜ラーメン系のお店です。

 「御天」のほうは、地下に「Goten's Bar(ゴテンズバー)」という焼酎バーもあり、酒の種類も、酒のつまみも、ものすごく品数が多いので、本格的に飲むことが可能です。

 「ばりこて」では、『ラーメン前』として軽く飲んで、ラーメンで〆るのに対して、「御天」のほうは、本格的に、徹底的に飲んだあと、時間切れ寸前(午前3時閉店)にあわててラーメンを食べて締めくくるといった感じですね。

 こちら「ばりこて」は、女性のひとり客も多いのが特徴でしょうか。

 私のとなりに入ってきたのも、若い女性のひとり客。カタメン(=標準)のラーメン(600円)をツルッとすばらしい速さで食べきって、すぐにカタメンの替玉かえだま(120円)を注文。

 小さな金属鍋で出される替玉に、「ラーメンだれ」(濃縮スープ)をサッと回しかけてから、残したスープの中に投入するさまも板についています。

 何度も通ってるんですねえ。博多ラーメンはクセになるんですよねえ。

 さて、私もそろそろシメのラーメンといきますか。

「バリカタでお願いします!」

 学生時代は、友人たちと替玉競争をやって、4つも5つも食べたものですが、さすがに今はそうはいかない。最初の1杯だけをいただいて、替玉をしないことのほうがほとんどです。

 残ったスープは、そのままスープとしてつまみにするもよし、ごはん(100円)をもらって、おじやにするもよし。スープまですべて楽しめます。

 今日も替玉なしで1時間弱の滞在。お勘定は1,260円でした。どうもごちそうさま。

131222g 131222h 131222i
赤霧島ロック / レンコンつくね / 博多ラーメン

店情報前回

《平成25(2013)年12月22日(日)の記録》

|

« 炒ビーフンがいいね! … 中華料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町) | トップページ | 創業5年になりました … 国民酒場「じぃえんとるまん新杉田店」(新杉田)ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/58834473

この記事へのトラックバック一覧です: 食べて飲んでラーメン … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政):

» 飲んだ後はここで〆る … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政) [居酒屋礼賛]
 わが家から一番近い博多ラーメンの店が、ここ「ばりこて」。  だから飲んだあとの〆のラーメンは、ここで食べることが多い。  といっても、この店に入っても、すぐにラーメンを食べることは少なくて、ちょっとしたつまみで、さらに飲んでから、最後の最後に博多ラーメン(650円)をもらって〆るのです。  なにしろこの店は、ひとくちめんたい(160円)、博多焼きぎょうざ(8個320円)の他、おつまみ各種(味噌ず... [続きを読む]

受信: 2015.04.11 20:40

« 炒ビーフンがいいね! … 中華料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町) | トップページ | 創業5年になりました … 国民酒場「じぃえんとるまん新杉田店」(新杉田)ほか »