« 焼レバで飲む焼酎湯割 … 「三河屋(みかわや)」(弘明寺) | トップページ | 森下賢一さんを偲んで … 「河本(かわもと)」(木場) »

7年ぶりでも同じ値段 … 大衆酒場「バクダン」(高円寺)

バクダン


 日曜日の午後7時過ぎ。ものすごく久しぶり(7年ぶり)にやってきた大衆酒場「バクダン」は、以前と変わらず、多くの酔客たちでにぎわっています。

 この店は、入口側にずらりとテーブル席が並び、奥の厨房横に7席分ほどのカウンター席。この空間を若店主(二代目)と、手伝いの若い女性のふたりで切り盛りします。

 私もそのカウンター席の一角に座り、まずいただく飲み物は「ホッピー酎」(350円)。

 おろっ。7年も間があいたのに、飲み物の値段も、食べ物の値段も変わってないんじゃないか?

 大瓶ビールが480円、焼酎や日本酒は250円、ホッピーをはじめとする酎ハイ類は350円。つまみの値段も変わってないのがうれしいではありませんか。

 来た来た。ホッピー酎。

 氷入りのサワーグラスに焼酎がたっぷりと8分目ほど。ホッピー(ソト)の入る余地は、ほとんどありません。

 そうそう。思い出したよ。この店のホッピーはこうだったなあ。

 目の前の冷蔵ガラスケースには、見るからにおいしそうなマグロのサクが並んでいます。つまみは、まずはこれだな。

「すみません。マグロぶつ(350円)をお願いします」

 すぐに出される小鉢のマグロぶつは、赤身が3切れに、中トロっぽい部分が3切れ。見た目で感じたとおり、このマグロぶつはうまいなあ。

 続いてゲソ天(380円)を注文すると、できたて熱々のゲソ天が出されます。

 天つゆは出されず、ゲソ天はじょう油で、野菜の天ぷらは塩で食べるのが、この店の流儀。

 ナカ(ホッピーの焼酎おかわり)を注文すると、180mlコップで焼酎(250円)が出され、グラスの氷を追加してくれます。

 この焼酎を、半分だけグラスに入れてホッピーを作るとちょうどいい。ナカ1杯で、ホッピーが2杯作れます。

 そのホッピーを飲みながら、カウンター内の若店主に店のことを聞いてみます。

 若店主のお父さんは、戦後すぐに創業した池袋の大衆酒場「バクダン」で修業。そこから暖簾のれん分けをする形で、ご両親がこの地に「バクダン」を開業したのは、昭和31(1956)年のことでした。

「いっときは都内の各地に、暖簾分けした『バクダン』があったらしいのですが、いま営業を続けているのはウチだけみたいです」

 厳しいおばあちゃんの存在も、この店の名物だったのですが、そのおばあちゃんは、4年前(2009年)に亡くなられ、それを機に、先代(お父さん)も隠居。店は若店主(二代目)に任されたんだそうです。

 コップに残しておいた半分の焼酎で、最後の1杯となるホッピーを作ると、ソト(瓶入りホッピー)もちょうどなくなりました。

 そのホッピーに合わせて、「コンニャクみそ」(200円)を注文すると、これはいわゆる味噌田楽みそでんがく。あったかいのがいいですね。

 この店は、冬場のひとり鍋も充実しています。湯豆腐(350円)から始まって、煮込み豆腐(600円)、豚鍋(600円)、鱈鍋(700円)、そしてカキ鍋(800円)の5種類。これまた、7年前から値段が変わってないですねえ!

 変わらぬ老舗の安定感にくつろぎながら1時間ちょっとの滞在。今日のお勘定は1,530円でした。どうもごちそうさま。

131124a 131124b 131124c
大衆酒場「バクダン」 / ホッピー酎 / マグロぶつ

131124d 131124e 131124f
ゲソ天 / ナカおかわり / コンニャクみそ

店情報前回

《平成25(2013)年11月24日(日)の記録》

|

« 焼レバで飲む焼酎湯割 … 「三河屋(みかわや)」(弘明寺) | トップページ | 森下賢一さんを偲んで … 「河本(かわもと)」(木場) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/58686686

この記事へのトラックバック一覧です: 7年ぶりでも同じ値段 … 大衆酒場「バクダン」(高円寺):

« 焼レバで飲む焼酎湯割 … 「三河屋(みかわや)」(弘明寺) | トップページ | 森下賢一さんを偲んで … 「河本(かわもと)」(木場) »