« まず檀蜜をもらおうか … おでん「あさひや」(日ノ出町)ほか | トップページ | 立ち飲みのもつ焼き店 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

今年最初のモツカレー … やきとん「たつや」(沼袋)

モツカレー


 やきとん「たつや」に来ると、いつも注文するのがモツカレー。

 ものとしては、豚モツを具材にしたカレールーといったところで、トーストしたフランスパンが2切れ付いて350円。

 ティースプーンが添えられるので、これでモツカレーをパンにのせて、パンと一緒に食べる。

 これが美味しくて、美味しくて。

 どろりとしたカレールーの中に、豚モツの弾力感があるという食感もいいんですね。

 お腹がすいているときなんか、ついつい「おかわりパン」(2枚100円)を注文してしまったりするんですが、ここで食べすぎると、お腹がふくれて、お酒もおいしくなくなるし、せっかく「やきとん屋」にやって来ておきながら、メーンの「やきとん」が食べられなくなるので、注意が必要です。

 パンの上にたっぷりとモツカレーをのせて、少量のパンで大量のモツカレーを食べるように心がけると、ちょうどバランスよく食べ終えることができます。

 このモツカレーと相性抜群なのは黒ホッピー(セットで380円)なんですが、今日はこの後、醤油焼きの「やきとん」を注文する予定なので、最初から白ホッピー(黒と同額)をもらいました。

 今日は、地元のもつ焼き屋で飲もうと、まずは野方の「秋元屋」をめざしたのですが、店の前に行列ができている状態だったので、先に沼袋に移動。まず「たつや」に入ったのでした。

 その「たつや」も、ほぼ満席状態。私が入ったときには、2席だけ空席があり、そのうちの1席に座りました。

 最近の、やきとん、もつ焼きの人気っぷりは、ものすごいものがありますね。

 昔は焼き鳥の代用品のような言われ方をした「やきとん」ですが、今は明らかにその美味しさで人気が出ている。

 タレも、昔は、「モツ特有のにおいをごまかすため」に、蒲焼風にしていたようですが、今はもう、それぞれの人の好みの問題。

 人気の店はどこも、鮮度抜群の豚モツを使っているので、くさみなんて全くありません。塩焼きでサッと焼いただけでも十分おいしい。というか、その塩焼きこそが、それぞれの部位に固有の味わいや香り(においではありませんぞ!)が最もよくわかる焼き方です。

 これでも十分おいしいところへ、それぞれの人の好みで、甘辛いタレで焼いたり、味噌ダレで焼いたり、醤油で焼いたりしてもらうんですね。

 さらには塩焼き+ゴマ油で食べたり、「宇ち多゛」のようにお酢をかけてもらったり、「ひょうたん」みたいにニンニクダレが売りだったりする店もあって、バラエティに富んでいます。

「えーと、焼きものは、ガツとテッポウを1本ずつ(各100円)、どっちも醤油でお願いします」

 ガツ(豚の胃)は醤油焼きで食べるのが一番おいしいと思うんだけど、テッポウ(豚の直腸)は醤油でもタレでも、さらには味噌焼きでもいけるふところの深さ。

 ガツの弾力感たっぷりの食感に対して、テッポウのほうは、クニュっとした軟らかさの芯の部分に弾力感をもった食感。こういう違いがおもしろいんですよねえ。

 ナカ(300円)を2回もらって(ソト1・ナカ3)、1時間半ほどの滞在。お勘定は1,600円でした。どうもごちそうさま。

140112a 140112b 140112c
やきとん「たつや」 / ガツ醤油 / テッポウ醤油

店情報前回

《平成26(2014)年1月12日(日)の記録》

|

« まず檀蜜をもらおうか … おでん「あさひや」(日ノ出町)ほか | トップページ | 立ち飲みのもつ焼き店 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

コメント

 いつも記事拝見の後、食べログで検索、地図も確認しています。
 お店へ入るのは、評判で行くか、自分で気まぐれに入るかの2つがありますが、私は両方の併用がいいと思う。
 どちらも失望することありですが、自力開拓は、いい店に当たる確率は低いが、あまり腹が立たない。
 評判で行くのは、なんとなく「行かされている感」があります。またたとえ美味しくても「なるほどね感」で終わりがち。

投稿: 屋形船 | 2014.01.18 03:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/58964004

この記事へのトラックバック一覧です: 今年最初のモツカレー … やきとん「たつや」(沼袋):

» ちょい焼き対みそ焼き … やきとん「たつや」(沼袋) [居酒屋礼賛]
 東京はやっぱり、もつだよねえ!  それも豚もつ。豚肉の消費量が多いので、もつも多い。しかも食肉加工場が近いから鮮度もいい。  こうして仕入れた新鮮な豚もつを、部位ごとに繊細に仕込み、繊細に焼き、間髪おかずに目の前に出してくれる。  何度も何度も書きますが、こんな繊細な料理は、世界でも珍しい。  そんなわけで、もつ焼き「ホルモン」に続く、沼袋での2軒めも、やっぱりもつ焼きの店、「たつや」を目指しま... [続きを読む]

受信: 2015.01.05 18:32

« まず檀蜜をもらおうか … おでん「あさひや」(日ノ出町)ほか | トップページ | 立ち飲みのもつ焼き店 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »