« とりもつなべで菊正宗 … 「鍵屋(かぎや)」(鶯谷) | トップページ | 満州焼の塩バージョン … 「忠孝(ちゅうこう)」(横須賀中央) »

2本と2品で760円 … 「斎藤酒場(さいとうさかば)」(十条)

ぬか漬盛合せ


 木場の「河本」から、根岸の「鍵屋」へと飲み歩き、今日の3軒めは、十条の「斎藤酒場」です。

 このルート。木場から根岸には、地下鉄・東西線で茅場町に行き、日比谷線に乗り換えて入谷まで。所要時間は約20分(運賃190円)。前後の歩きの時間を含めても30分ちょっとです。

 根岸から十条は、JR鴬谷から京浜東北線で東十条に出て(約12分、運賃160円)、そこから演芸場通り商店街を抜けて行きます。こちらも前後の歩きも含めて30分ほど。

 武蔵野台地の「ふち」に沿って、都内を徐々に北上してきた形ですね。

 この「ふち」より東側が下町。西側が山の手です。

 東十条駅などは、ちょうどその「ふち」の所に駅があるので、下町と山の手の概念が、感覚的にもわかりやすい。駅のすぐ横に土手があって、台地の上と下とに、明らかに町が分断されているのです。

 「斎藤酒場」のある十条駅周辺は、台地の上にあります。

 店に着いたのは午後7時過ぎ。

 いつも満席状態が続く店内ながら、ちょうど4人連れぐらいの客が出てきたところ。左手奥の、テレビ下のテーブル席がその人たちの分、スポっと空いていて、無事に席に着くことができました。

「お酒(170円)をください。セットはまだできますか?」

「ちょっと待ってください」と厨房に確認してくれて、「できますよぉ!」という嬉しい返事。

「じゃ、セットをお願いします」

 セットというのは、この店の三大名物のうちの二つ、カレーコロッケ(2個220円)と串カツ(2本220円)を、1個・1本ずつ盛り合わせたもので、値段は220円。ひとりで飲むときは、セットがちょうどいいんですねね。

 ただし、人気が高いので、遅い時間になると売り切れてることも多いのです。今日も、このあとすぐに串カツが売り切れました。

 三代名物の残るひとつは、ポテトサラダ(200円)です。平皿にたっぷりと盛ってくれる、このポテトサラダも美味しいんですよねえ。

 それにしても、燗酒(小徳利)が170円というのはすごいなあ。立ち飲み屋でも、この値段で出してくれるところは少ないと思います。

 他のつまみも、花らっきょう(150円)、黒酢ニンニク漬(200円)、山海漬(200円)、いか塩辛(200円)、冷しトマト(280円)、月見納豆(250円)、オクラ納豆(250円)、さば塩焼(420円)、煮魚かれい(350円)、煮魚いわし大(320円)、さけフライ(280円)、しめさば(300円)、あこわさ(300円)、サービス くらげ刺身(300円)、マグロブツ切(280円)、マグロ刺身(480円)、イナダ刺身(350円)などなどと、とにかく安い。

 いちばん高いマグロ刺身でも500円を切ってますからねえ。しかも、400円台のつまみは、今日はこのマグロ刺身とサバ塩焼きだけで、他はすべて400円未満です。

 メニューは日替りなので、魚の仕入れによっては、400円台のつまみがもう少し多いこともあります。

 今日はありませんが、この店の最高値さいたかねのつまみは、マグロとろ刺身(550円ぐらい)だろうと思います。それでも安いですけどね。

「あれっ? マフラーがない」

 私のとなりで飲んでいた年配の男性ふたり連れが、お勘定をしようと席を立ちあがったところ、そのうちのお一人がそう言いながら、自分たちが座っていたあたりを再確認しています。けっこう探しているのに、なかなか見つからない。

「もしかしたら、来るときからしてこなかったんじゃないの?」と連れの男性。

「そんなことないよ。ちゃんとしてきたんだよ。間違いない」

 そのとき、椅子の下に、他とは違った色合いがフッと見えた。

「あっ。これじゃないですか」と手を伸ばしてみると、はたしてそれが探していたマフラーでした。

「なんだよ。土間の色と同じじゃないか。こんな紛らわしいマフラー、してくるなよ」と笑う連れの男性。

「いやあ、ありがとうございます。保護色になってて見えなかったんですね」

「いやいや、お騒がせいたしました。お先に」

 同じテーブルを囲むみなさんに、そうあいさつをしながら、お二人はレジでお勘定を終えて、店を出ていかれました。

 すると、店のおねえさんが燗酒を1本もってきてくれて、

「これね。さっきのお客さんが、マフラーを見つけてくれてありがとうって」

 と私のところにお酒を出してくれたのです。

 ありゃりゃ。たまたま見つけただけなのに、かえって悪かったような…。でもとてもうれしい。ありがたくいただきました。

 この事件(?)をきっかけに、同じテーブルを囲んでいる他のお客さんたちとの話も弾むようになり、いただいた2本めの燗酒もあっという間になくなります。

「すみません。燗酒(170円)をもう1本と、ぬか漬盛合せ(200円)をお願いします」

 店内は、何人かが店を出ると、何人かが店に入ってきて、ずぅ~っと、ほぼ満席の状態が続いています。さすが東京を代表する人気店の1軒だけのことはありますねえ。

 ゆっくりとくつろぐこと2時間弱。お酒2本(+いただいた1本)と、肴が2品で、今日のお勘定は760円(←間違いじゃないですよ!)でした。どうもごちそうさま。

140118g 140118h 140118i
「斎藤酒場」 / 燗酒とお通しの落花生 / 串カツとカレーコロッケのセット

店情報前回

《平成26(2014)年1月18日(土)の記録》

|

« とりもつなべで菊正宗 … 「鍵屋(かぎや)」(鶯谷) | トップページ | 満州焼の塩バージョン … 「忠孝(ちゅうこう)」(横須賀中央) »

コメント

いつもありがとうございます。「酒場で本当にあった、ちょっといい話」という本を、出してみてはいかがですか?

投稿: 大越龍一郎 | 2014.01.26 19:33

ご無沙汰しております。新宿で良い居酒屋を探していましたら、以前の会社の先輩がスバルビル1階と地下1階と中間階にある「両関」を教えてくれました。ここの特徴はミニグラス1杯のビールがただで出てきます。ビールを少しだけしか飲まない私にはちょうど良いです。名前の通りお酒は秋田の両関で470円のにごり酒を頼んだら2合出てきました。店長に聞いたら出血サービスとか。刺身盛合せも1570円ですが、3人前の量でした。なにしろ駅から近いのが良いです。浜田さんもよく新宿へ行かれると思います。
是非、お店を見てください。
今度、川名でのオフ会を楽しみにしています。
                川口

投稿: 川口哲司 | 2014.02.05 11:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/59013763

この記事へのトラックバック一覧です: 2本と2品で760円 … 「斎藤酒場(さいとうさかば)」(十条):

« とりもつなべで菊正宗 … 「鍵屋(かぎや)」(鶯谷) | トップページ | 満州焼の塩バージョン … 「忠孝(ちゅうこう)」(横須賀中央) »