« そして今夜は寿司屋酒 … 「魚がし寿司(うおがしずし)」(都立家政) | トップページ | 2013年最多訪問店 … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田) »

聖夜の野毛でハシゴ酒 … おでん「あさひや」(日ノ出町)ほか

「あさひや」にて


 今年も残すところ、今日も含めてあと8日となりました。

 仕事関係の忘年会も先週まででほぼ終了し、あとは自分の好きな酒場に行くばかり。

 火曜日の今日は、野毛のげの「武蔵屋」からスタートです。

「今日は始めからずっと静かなんですよ」

 と、おばちゃん(=女将)も言うぐらい、店内のお客さんは少なくて、久しぶりにカウンター席に座ることができました。

 桜木町駅周辺にはものすごい数の人がいたのですが、人の流れは海側(みなとみらい方面)へ。今日はクリスマスイブなので、予約ができるような店に行く人が多いのかもしれませんね。

 大きなスポーツイベントなどがあるときも、「武蔵屋」の客は減ったりするんですよね。テレビがない、ということも理由のひとつなのかな。

 そんなわけで、ゆったりとした店内で、いつもと同じように小瓶ビール(500円)+櫻正宗3杯セット(2,500円)で、お勘定は3,000円でした。

 「武蔵屋」がこんなに空いているのなら、もしかしたら「あさひや」も大丈夫なんじゃないかなあ。

 おでんの「あさひや」は、カウンター10席程度のみの小さなお店。なのに人気があるので、入ることがとてもむずかしい店の1軒なのです。

 おぉ~っ、予想どおり、今日の「あさひや」は、外から見ても空席があるのがわかるほど。

 その空席のひとつに座り、まずは梅割り焼酎(390円)をもらいます。

 東京下町では当たり前の梅割り焼酎ですが、横浜方面ではほとんどお目にかからないんですよねえ。私はこの店しか知りません。

「おでんは鍋に残っている分だけですよ」

 と女将さん。でも今日は、いつもより多めに残っています。

 その中から、がんもどき(150円)、ちくわぶ(130円)、つみれ(130円)をもらいます。

 『野毛一の美人女将』との呼び名が高い「あさひや」の女将さん。特におしゃれをしているわけではなくて、仕事用の白い上っ張り姿なんだけど、上品できれいなんですよねえ。

 おでんの美味しさもさることながら、美人女将の存在も、この店の人気の理由のひとつです。

 梅割り焼酎(390円)をおかわりして、続いては玉子(130円)、こんにゃく(130円)、野菜揚げ(130円)をもらうと、最後の1個の玉子は、一部が割れていたのでサービスで出してくれました。

 そうそう。最初の「武蔵屋」も『三杯屋さんばいや』と呼ばれていますが、こちら「あさひや」も『三杯屋』。焼酎は3杯までしか飲めません。

「そういえば、お店の看板、なくなったんですか?」

「そうなのよ。電灯が切れて直してもらおうとしたら、取り付け金具なんかがびきってて、いつ看板が落ちても不思議じゃない状態になってることがわかったの。それじゃ危ないからって、はずしてもらったよ。電灯が切れたおかげで、それがわかって良かったわ」

 店の上部に付いていた大きな電灯看板は、店が開いてることが遠くからでもよく見えてよかったのですが、そういう理由で撤去されたんですね。

 閉店時刻まで1時間弱の滞在。今日のお勘定は1,430円でした。

 「武蔵屋」と「あさひや」にすんなりと入れたのに気をよくして、今度は「ホッピー仙人」に向かいます。

 ところが、「ホッピー仙人」はやっぱり満席。さすがにそこまで甘くはなかったですねえ。

 でも、いつもであれば、カウンター(8席)に座ってる人たちの後ろにも、びっちりと立ち飲みの人が立って、ほぼ20人ぐらいが入っている、このお店。それに比べれば、今日はものすごく少ないと言えるでしょうね。

 これまた閉店まで30分ほどの滞在。瓶白びんしろのホッピーを1杯もらって、今日のお勘定は500円でした。どうもごちそうさま。

 クリスマスイブらしく、「武蔵屋」→「あさひや」→「ホッピー仙人」という、野毛が誇る大人気店3軒の豪華ハシゴ酒となりました。

131224a 131224b 131224c
「武蔵屋」 / 「あさひや」 / 「ホッピー仙人」

・「武蔵屋」の店情報前回) / 「あさひや」の店情報前回) / 「ホッピー仙人」の店情報前回

《平成25(2013)年12月24日(火)の記録》

|

« そして今夜は寿司屋酒 … 「魚がし寿司(うおがしずし)」(都立家政) | トップページ | 2013年最多訪問店 … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/58860613

この記事へのトラックバック一覧です: 聖夜の野毛でハシゴ酒 … おでん「あさひや」(日ノ出町)ほか:

» 横浜野毛での酒場初め … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町)ほか [居酒屋礼賛]
 今年の横浜・野毛での呑み初めは「武蔵屋」から。  今日は年が明けて初めての雨天日だったので、もしかしたらお客さんも少ないんじゃないかと思いながらやって来たのですが、予想どおり、「武蔵屋」の店内も半分ほどの入り。カウンター席の真ん中あたりに座ることができました。  小瓶のビール(500円)から始めて、いつもの櫻正宗3杯と肴5品のセット。  年中いつ来ても変わらない定番のセットなのに、「これでいい、... [続きを読む]

受信: 2014.01.13 23:29

» まず檀蜜をもらおうか … おでん「あさひや」(日ノ出町)ほか [居酒屋礼賛]
「じゃ俺は、まず壇蜜(だんみつ)をもらおうか」 「はいはい、壇蜜ね。みんな勝手に、いろんな名前を付けちゃうのよねえ」  と笑う女将さん。  壇蜜というのは、「しのだ」(130円)のこと。  信太巻(しのだまき)が3個、串に刺さっている外観から、お客さんのひとりが「団子が三つで、だんみつ(壇蜜)」と言い始めて、常連さんたちの間に浸透していったんだそうです。 「でも、その前はマリコって呼ばれてたのよ」... [続きを読む]

受信: 2014.01.16 23:54

« そして今夜は寿司屋酒 … 「魚がし寿司(うおがしずし)」(都立家政) | トップページ | 2013年最多訪問店 … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田) »