« 今年最初のモツカレー … やきとん「たつや」(沼袋) | トップページ | 店情報: お酒処「お田幸(おたこう)」(桜木町) »

立ち飲みのもつ焼き店 … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

すっぴん酒場


 沼袋の「たつや」を出て、今日の2軒めは野方の「すっぴん酒場」。ここは立ち飲みのもつ焼き店で、支払いもキャッシュ・オン・デリバリーです。

 ここに来ると、たいてい飲み物は黒ホッピー(450円)。ホッピーは黒しか置いていないのです。

 このことに関して、店主自身は多くを語ることはなく、「たまたまです」なんて笑ってますが、コクのあるもつ焼きには黒ホッピーがよく合いますもんね。

 今日のお通し(100円)は、生キャベツと生キュウリ。新しい串2本を箸代わりにしていただくのが「すっぴん酒場」流です。

 焼き物は、「しょうがみょうが」(200円)、「おやじつくね」(150円)、「はらみなんこつ」(100円)を1本ずつ注文。この店では、あまり(タレとか塩とかの)味の指定はしたことがないなあ。ほぼ店主におまかせです。

 「しょうがみょうが」は、その名のとおり、生姜しょうが茗荷みょうがを豚肉で巻いて焼いたもの。

 「おやじつくね」は、挽肉ひきにくの中に、細かく刻んだニラやニンニクを混ぜ込んで焼いたもの。

 他にも普通の「つくね」(100円)や「チーズつくね」(150円)、軟骨を練り込んだ「たたきつくね」(150円)、れんこんの穴につくねを詰め込んだ「れんこん」(150円)など、つくね系の品ぞろえは豊富です。「ピーマン肉詰」(200円)も、つくね系かな?

 「はらみなんこつ」は、ハラミ、ナンコツ、そしてハツモトを1本の串に刺して塩焼きにしたもの。食べるにつれて、味と食感が変わるという、この店独自の、珍しいもつ焼きです。

 ナカ(ホッピーの焼酎おかわり、250円)をもらって、「さがり」(100円)と「はつもと」(100円)を1本ずつ追加注文。

 「さがり」は、ハラミの中で肋骨ろっこつに近い、肉厚の部分。白ネギを間に挟んで塩焼きです。

 「はつもと」はハツの弁の部分や動脈の部分。こちらは白ネギとピーマンが挟まれていて、同じく塩焼きです。

 ナカ(250円)をもう1杯もらって、これでソト1・ナカ3。

 つまみには、あっさりと「セロリ漬け」(100円)をもらって〆ます。

 1時間40分ほど立ち飲んで、キャッシュ・オン・デリバリーの支払総額は、1,800円でした。どうもごちそうさま。

140112d 140112e 140112f
お通しと黒ホッピー / しょうがみょうが / おやじつくね

140112g 140112h 140112i
はらみなんこつ / さがり(手前)、はつもと(奥) / セロリ漬け

店情報前回

《平成26(2014)年1月12日(日)の記録》

|

« 今年最初のモツカレー … やきとん「たつや」(沼袋) | トップページ | 店情報: お酒処「お田幸(おたこう)」(桜木町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/58976012

この記事へのトラックバック一覧です: 立ち飲みのもつ焼き店 … やきとん「すっぴん酒場」(野方):

» マジでうまいシロたれ … やきとん「すっぴん酒場(すっぴんさかば)」(野方) [居酒屋礼賛]
 ブラジルに単身赴任して半年。肉食大国ブラジルで暮らしてみて、再認識したのが、日本のもつ焼きや焼き鳥の繊細さです。  肉の仕入れ、仕込み、焼き、味付け。すべてが実に繊細にできあがっている。  1本1本の量にしてもそうです。熱々の肉が冷めない間に食べるのにもちょうどよく、食べ飽きることもない。なにしろすべてが「ちょうどいい」んですね。  そんな繊細な料理を提供してくれるもつ焼き屋、焼き鳥屋の中にあっ... [続きを読む]

受信: 2015.02.21 22:38

« 今年最初のモツカレー … やきとん「たつや」(沼袋) | トップページ | 店情報: お酒処「お田幸(おたこう)」(桜木町) »