« うちはホッピー屋だよ … 「河本(かわもと)」(木場) | トップページ | 2本と2品で760円 … 「斎藤酒場(さいとうさかば)」(十条) »

とりもつなべで菊正宗 … 「鍵屋(かぎや)」(鶯谷)

とりもつなべ


 根岸の「鍵屋」にやって来ると、たいてい「とりもつなべ」(690円)を注文する。

 これは、とりもつ(心臓、肝臓、砂肝)の他、豆腐、麩、玉ねぎ、細切りのこんにゃくなどを、割り下で煮こんだもの。ひとり用の小さなアルミ鍋で出され、好みで刻みネギをトッピングする。

 鶏レバのコク、砂肝の弾力ある食感。そして醤油と砂糖の甘辛いつゆ

 これが燗酒に爆発的に合うんだなあ。

 その燗酒(530円)。菊正宗、櫻正宗、大関の3銘柄から選べるのですが、今日は菊正宗を注文。お通しは定番の「みそまめ」です。

 「とりもつなべ」も燗酒も、年中いつでも、猛暑の夏でも楽しめます。

 というか、この店のメニューは、昭和のころから何も変わっていない。値段だけが、時代によってジワリと変わっているだけです。

 鍋ものは、この「とりもつなべ」の他、とり皮なべ(690円)、煮奴にやっこ(580円)があり、秋冬のみ湯どうふ(730円)も加わります。すべてひとり用の小鍋で出されるのがうれしいですね。

 鍋以外だと、焼き物は、とり皮やき(2本520円)、とりもつやき(2本540円)、合鴨塩やき(2本580円)、うなぎくりからやき(1本490円)。うなぎは近年、ぐんと値上がりしちゃいましたね。

 そして、冷奴(520円)、味噌おでん(540円)、たたみいわし(640円)、大根おろし(440円)、ところてん(420円)、お新香(470円)、さらしくじら(740円)、もずく(540円)、かまぼこ(540円)、玉子焼(土曜日のみ、540円)、にこごり(秋冬のみ、620円)。

 これですべてです。昔ながらの酒の肴ばかりでしょう?

 「鍵屋」の古い店内で、こういう肴で燗酒を飲んでると、本当に落ち着くんですよね。

 今日、座ったのは、L字カウンターの奥のほうの席。ここに小さな壁があって、「鍵屋」を描いた絵が飾られています。

 なにげなくその絵をながめていたところ、絵の下に「Ota Kazuhiko」というサインを発見。

 なんとこの絵は、太田さんの作だったんですね。

 帰宅後、改めて太田さんの「居酒屋百名山」を確認してみると、この本の中に使われている挿絵さしえが、この絵でした。

 さっくりと1時間ほどの滞在。今日のお勘定は1,220円でした。どうもごちそうさま。

140118d 140118e 140118f
「鍵屋」 / みそまめ、菊正宗 / 太田さんの絵

店情報前回

《平成26(2014)年1月18日(土)の記録》

|

« うちはホッピー屋だよ … 「河本(かわもと)」(木場) | トップページ | 2本と2品で760円 … 「斎藤酒場(さいとうさかば)」(十条) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/59005710

この記事へのトラックバック一覧です: とりもつなべで菊正宗 … 「鍵屋(かぎや)」(鶯谷):

» 春は櫻正宗、秋なら菊 … 「鍵屋(かぎや)」(鶯谷) [居酒屋礼賛]
 東京を代表する老舗酒場の1軒、「鍵屋」。  酒屋としての創業は安政3(1856)年というから、実に創業160年。昭和24(1949)年に酒場に転向してからでも、そろそろ70年になろうかという歴史をもっている。  そんな老舗酒場の雰囲気に浸りながら、昔ながらの酒と肴を楽しむのが、この酒場のやり方だ。  「昔ながら」というのはどういうことか。  たとえば酒は、3銘柄の日本酒(正一合530円)と、冷酒... [続きを読む]

受信: 2017.03.12 21:26

« うちはホッピー屋だよ … 「河本(かわもと)」(木場) | トップページ | 2本と2品で760円 … 「斎藤酒場(さいとうさかば)」(十条) »