« 横浜野毛での酒場初め … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町)ほか | トップページ | ホルモンスープで温熱 … 中華料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町) »

舞茸天ぷらで美酒爛漫 … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田)

舞茸天ぷら


 横浜に再赴任してからの1年間で、すっかり行きつけの店になった「はまや食堂」にも、年始の呑み初めに出かけます。

 この店にやって来ると、まずは入口横の壁に張り出された、今日のサービス定食3種を確認するのが毎回の楽しみになっています。

 この時点で、なにを注文するか決めてしまうことが多いのです。

 いつものように、まずは特別定食(980円)からチェック。

 今日の特別定食の主菜はサバ塩焼き。副菜として、小松菜おひたし、スパゲティサラダ、大根煮付けの3品から2品を選択し、ライスセット(ごはん、漬物、みそ汁)が付きます。

 う~む。今日は魚の気分じゃないのか、今ひとつ、心が揺さぶられません。

 続いてB定食(580円)。こちらは厚焼き玉子を主菜に、副菜がしらすおろし、そしてライスセットです。これまた今いち気分がのらないなあ。

 最後のC定食(680円)は、主菜が舞茸まいたけ天ぷらで、副菜が納豆、そしてライスセットです。

 「舞茸天ぷら」というのは通常メニューにはありません。たまたま今日、仕入れがあったのに違いない。こいつは食べとかなきゃいかんなあ。

 よしっ。今日はC定食と、何か1~2品、追加の酒のさかなをもらって飲むことにしよう。

 文章にすると長いですが、これを入口の前で、5秒以内ぐらいで考えて、店内へと入るんですね。

「はい、いらっしゃいませ。今年もよろしくお願いします」

 きっちりと両手を体の前で合わせて、頭を下げながらごあいさつしてくれる女将さん。

 厨房を担当されているご主人(と思しき男性)と女将さんとが、お二人で切り盛りされているこの食堂。昭和33(1958)年創業の老舗ながら、店内はいつも清潔で、お二人が上品なのがいいんですよねえ。

 類は友を呼ぶのか、やってくるお客さんたちも、品がいいんですよねえ。

 いや、けっして立派な身なりをしてるってことじゃないんですよ。

 今の季節だと、ほとんどの客がジャンパー姿。スーツ姿の人なんて、あまり見たことがありません。

 でも、そういうことではないんです。

 なんていうんでしょう、『酒品しゅひんがいい』と言うんですかねえ。

 たくさん飲んで酔ってきても、乱れない、騒がない、くだを巻かない。

 みなさん、静かに飲んでらっしゃいます。

 それがいいんですねえ。本当に落ち着く。

 新年のごあいさつをすませたあと、「きょうは?」と聞いてくれる女将さんに、

「燗酒の大(500円)と大根煮付け(200円)、あとC定食(680円)を、ライスは小で、あとでお願いします」と注文します。

 日替わりの野菜の煮付け(今日は大根)も、この店の名物のひとつ。

 店に入ってくるなり、メニューもなにも見ないで、「ビールと煮付け」と必ず注文する常連さんもいるほどです。

 日替わりといっても、主となる食材が日替わりになるだけで、ちくわ、平天、こんにゃく、いんげん、にんじん、昆布巻きなどはいつも入ってて、熱々の状態で出してくれる。

 だから、煮物盛り合せというか、おでんのような感じで、お酒とともにいただくことができるんですね。これが200~250円というのがうれしい。

 さあ、舞茸天ぷらも出てきました。予想どおり、これも舞茸だけではなくて、エノキや茄子、ピーマン、ニンジン(細切りの小さなかき揚げ)などの天ぷらが盛り合わされています。

 うぅ~っ。できたてホクホクの舞茸天がうまいっ!

 この店に通うようになって、すっかり野菜が好きになっちゃったなあ。

 舞茸天ぷらを食べ終えたところで、燗酒大もちょうど飲み終えた。でも、ちょっと飲み足りないなあ。

「すみません。燗酒を今度は小さいの(280円)をください。あとC定食の納豆も先に出してもらって、追加で海苔のり(2袋50円)も出してください」

「はいはい」と笑顔で注文を受けてくれる女将さん。

 味付け海苔は、1袋めは、そのままつまみとしていただいて、2袋めは、後で出されるごはん用にとっておきます。海苔も納豆も、とてもいい燗酒のつまみになります。

 燗酒がまだ残っている状態で、最後の小ライスセットを出してもらいます。

 小ライスセットは、豆腐と若布わかめのみそ汁に、タクアンとキュウリの漬物、そして小盛りのごはんです。みそ汁と漬物は当然のこと、海苔で巻いたごはんも立派なつまみです。

 すっかり満腹になって1時間半ほどの滞在。今日のお勘定は1,690円でした。どうもごちそうさま。

140109a 140109b 140109c
大根煮付 / 海苔と納豆 / 小ライスセット

店情報前回

《平成26(2014)年1月9日(木)の記録》

|

« 横浜野毛での酒場初め … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町)ほか | トップページ | ホルモンスープで温熱 … 中華料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/58946680

この記事へのトラックバック一覧です: 舞茸天ぷらで美酒爛漫 … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田):

» 骨まで美味い鰈煮付け … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田) [居酒屋礼賛]
 月曜日なのでお酒は抜いて、休肝日にしようと「はまや食堂」にやってきました。  「はまや食堂」は、なにしろ食堂なので、お酒を飲まずに食事だけという客も多いのです。  店の前に到着して、いつものように店頭に掲示されている日替わりメニューを確認。  B定食(580円)は、フキの煮付けに、納豆、海苔、そしてライスセット。C定食(680円)はハムエッグと揚げ豆腐にライスセット。どちらも捨てがたい。  休肝... [続きを読む]

受信: 2014.02.02 11:56

« 横浜野毛での酒場初め … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町)ほか | トップページ | ホルモンスープで温熱 … 中華料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町) »