« 店情報: 「華(はな)」(桜木町) | トップページ | 舞茸天ぷらで美酒爛漫 … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田) »

横浜野毛での酒場初め … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町)ほか

「武蔵屋」イワシ酢


 今年の横浜・野毛での呑み初めは「武蔵屋」から。

 今日は年が明けて初めての雨天日だったので、もしかしたらお客さんも少ないんじゃないかと思いながらやって来たのですが、予想どおり、「武蔵屋」の店内も半分ほどの入り。カウンター席の真ん中あたりに座ることができました。

 小瓶のビール(500円)から始めて、いつもの櫻正宗3杯と肴5品のセット。

 年中いつ来ても変わらない定番のセットなのに、「これでいい、これがいい」と思わせてくれるんですねえ。

 そこへ、おばちゃん(=女将)がサービスで出してくれたのは、イワシの酢漬け(〆イワシ)です。

 へえ。イワシを酢締めにしてもおいしいんだなあ。はじめて知りました。

 後ろのテーブル席に座っているのは、神戸は灘の酒造メーカー(櫻正宗ではありません)のみなさんとのこと。

「うちのお酒じゃなくても、やっぱりこの店の燗酒はうまいっ!」

 とご満悦。とてもうれしい光景です。

 そのうちに、どういうわけだか出身地の話になって、おばちゃんも客席側に出てこられて、

「私は生まれも育ちも関内かんないだから」と話に加わっています。

 もともと「武蔵屋」は関内で酒屋を営んでいたんだけど、戦後すぐ(昭和21年)に居酒屋に転向して、ここ野毛のげに出てきたんでしたね。

 これくらいゆったりとした雰囲気の「武蔵屋」もいいなあ。本当にくつろぐ。私が最初に来はじめたころ(13年ほど前)の「武蔵屋」は、こんな感じでした。

 1時間半ほどの滞在。お勘定は3千円でした。

 本日の2軒めは、「ホッピー仙人」に新年のごあいさつ。サーバーの白黒、瓶の白黒と、4種類がすべてそろっているなか、瓶の白ホッピー(500円)をもらって、店内に集うみなさんと乾杯です。

 そして「野毛ハイボール」。ここの名物・氷なしハイボール(700円)は、角瓶(淡麗辛口)、マッキンレー、ブラックニッカリッチブレンドの3種類のウイスキーを選べます。ブラックニッカをもらいます。

 「ホッピー仙人」のホッピーも、焼酎、ホッピー、ジョッキの3つをキンキンに冷した、3冷タイプですが、ここ「野毛ハイボール」の氷なしハイボールも、ウイスキー、ソーダ、グラスの3つをキンキンに冷した3冷タイプ。最後にレモンピールで仕上げます。

 他に自家製モスコミュール(800円)や、店主オリジナルのメキシカンハイボール(900円)というカクテルがあります。ビールは置いてません。

 こうやって、それぞれに個性的な店をハシゴして回るのが野毛の大きな楽しみなんです。

 だから、たいていの店で「行ってらっしゃ~いっ」と送り出してくれる。

 その「行ってらっしゃ~いっ!」と同時に、店主・ハルさんが「そういえば、今日と明日は『華』で中華粥をやってますよ」と教えてくれます。

 「華」も、「ホッピー仙人」や「野毛ハイボール」と同じく、川沿いに三日月形に建つ「都橋商店街」の2階にある人気店のひとつ。スナックなんだけど、中華料理がおいしいので有名なお店です。

 で、4軒めは当然その「華」で麦焼酎水割りを2杯飲んだあと、年始特製のパクチー(香菜)の効いた中華粥をいただいて、お勘定は1,500円でした。どうもごちそうさま。

 昨年同様、今年も野毛に繰り出さなきゃなあ。

140108a 140108b 140108c
「ホッピー仙人」 / 「野毛ハイボール」 / 「華」中華粥

・「武蔵屋」の店情報前回) / 「ホッピー仙人」の店情報前回) / 「野毛ハイボール」の店情報前回) / 「華」の店情報

《平成26(2014)年1月8日(水)の記録》

|

« 店情報: 「華(はな)」(桜木町) | トップページ | 舞茸天ぷらで美酒爛漫 … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/58941429

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜野毛での酒場初め … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町)ほか:

» まず檀蜜をもらおうか … おでん「あさひや」(日ノ出町)ほか [居酒屋礼賛]
「じゃ俺は、まず壇蜜(だんみつ)をもらおうか」 「はいはい、壇蜜ね。みんな勝手に、いろんな名前を付けちゃうのよねえ」  と笑う女将さん。  壇蜜というのは、「しのだ」(130円)のこと。  信太巻(しのだまき)が3個、串に刺さっている外観から、お客さんのひとりが「団子が三つで、だんみつ(壇蜜)」と言い始めて、常連さんたちの間に浸透していったんだそうです。 「でも、その前はマリコって呼ばれてたのよ」... [続きを読む]

受信: 2014.01.16 23:54

» 週に一度の癒しの時間 … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町)ほか [居酒屋礼賛]
 去年の1月に、2度目の横浜勤務になってから、ほぼ週に1回ペースで「武蔵屋」に来ています。(店が休暇中などの場合は除いて。)  最初に小瓶のビール(500円)をもらって、お酒3杯と定番料理5品のセット(2,500円)で1時間半ほどの、ゆったりとした時間を過ごして、お勘定が3,000円というのがお決まりのパターン。  ここ「武蔵屋」は、私の酒場めぐりの原点とも言える酒場であり、この酒場に代わる酒場は... [続きを読む]

受信: 2014.02.03 22:16

» 牛肉と玉子のうま煮飯 … 広東料理「楽園(らくえん)」(石川町)ほか [居酒屋礼賛]
 今宵の晩酌は横浜中華街の「楽園」です。  注文したのはビール(アサヒスーパードライ中瓶、520円)と、牛肉と玉子のうま煮ごはん(780円)。  まだ木曜日なので、軽く飲んで帰ろうという考えで、つまみつまみした料理は注文せず、いきなり食事ものにしたのでした。  牛肉と玉子のうま煮ごはんは、この店の名物料理のひとつ。  丸皿に盛った白いごはんの上に、牛肉を、ふんわりと玉子でとじた餡(あん)がのってい... [続きを読む]

受信: 2014.02.22 15:35

« 店情報: 「華(はな)」(桜木町) | トップページ | 舞茸天ぷらで美酒爛漫 … 「はまや食堂(はまやしょくどう)」(杉田) »