« 〔コラム〕 2014年は老舗酒場で憩う | トップページ | 博多長浜豚骨ラーメン … 「御天(ごてん)」(下井草)ほか »

タラバガニ&オリーブ … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷)

タラバガニ


 「川名」の年始スペシャルメニュー、タラバガニ(840円)を注文すると、オリーブオイルの小皿と一緒に出てきた。

 えっ? これで食べるの?

 と思いながら、まず一口、オリーブオイルに浸して食べてみると、これがうまいっ!

 茹で冷ましたタラバガニに残る塩っけに、オリーブオイルのコクが加わって、カニの身がとても美味しい。鼻腔の奥から、ふわんとのぼってくる柑橘系の香りもいいですね。

 こんな食べ方、はじめて知りました。

 焼き鳥屋としてスタートした「川名」ですが、今は魚介系の料理も、野菜系の料理も、すべてそろった総合的な居酒屋として、多くの人たちに愛されています。

 最寄のJR中央線・阿佐ヶ谷駅から、歩いて10分ほどかかる場所にあるにもかかわらず、店内はいつもお客でいっぱいなのです。

 そんな「川名」に、年始にはさらに『年始スペシャルメニュー』が加わります。

 今いただいているタラバガニもそうですね。

 ふだんの「川名」の刺身メニューは、一番高いもので420円。このタラバガニは、その倍の840円と、通常営業のときには見ることのない値付けがされています。

 でも、常連さんたちはこのタラバガニを注文するんですね。

 それは、ここの店主が仕入れで頑張ってるのを知ってるから。その店主が840円という値付けをするからには、絶対にいいものが食べられるに違いない。みんな、そんな期待感で注文するんです。店主を信じてついていってるんですね。

 そして、出されたタラバガニは、間違いなくうまい。

 この好循環スパイラルが、「川名」の人気を支えています。

 正月二日の今日、「川名」にやってきたのは、開店から30分以上たった、午後4時半過ぎ。幸いにも、カウンターに空席があり、そこに滑り込むことができました。

 まずは生グレープフルーツサワー(399円)と、ホワイトボードの手書きメニューにあるブリ刺(420円)を注文。

 席に座るとすぐに出されるお通し(サービス)のミカンのほかに、今日は御節おせちの小皿も出してくれました。

 そして出てきたツヤツヤのブリ刺。横には数の子もひと腹、添えられています。すばらしいなあ。これもきっと『年始スペシャルメニュー』のひとつなんですね。

 おぉ~っ。うまい。みごとな脂ののりです。

「このブリ刺。おいしいですねえ!」

 カウンター上の冷蔵陳列ケース越しに、そう声をかけると、

「そうでしょう。6.4キロあったんですよ」

 と、うれしそうな笑顔を見せてくれる店主。

 生グレープフルーツサワー(399円)をおかわりして、ブロッコリーサラダ(294円)を注文すると、たっぷりのブロッコリーが、ごれまたたっぷりの水菜やバナナと一緒に出されます。

 店主の川名茂(かわな・しげる)さんはハワイ好き。毎年、ハワイに行っているうちに、店でも果物が出されることが多くなってきたのです。

「うちに来る酒好きのお客さんたちは、ほっとくと果物なんて食べないからねえ。せめて、ここで食べていってほしいんだ」

 こういう店主の心意気が好きなんですねえ。

 どうしたらお客さんに喜んでもらえるか。

 いつもそればっかりを考えてる。それが我われにも伝わってくる。

「タラバガニがあるのも、お正月ならではですね」

「そう。お正月用の仕入れがすべて終わったあと、『今年もお世話になったから、何か付き合うよ』って言ったら、このタラバガニをすすめられたんですよ」

 ということで、3杯めとなる生グレープフルーツサワー(399円)をおかわりして、タラバガニの最後の1人前をもらったのでした。

 デザート(サービス)で、パイナップル、マンゴー、柿の盛り合わせもいただいて、2時間ほどの滞在。今日のお勘定は2,856円でした。どうもごちそうさま。

140102a 140102b 140102c
生グレープフルーツサワー / おせち / ぶり刺身(数の子)

140102d 140102e 140102f
ブロッコリーサラダ / タラバガニ / フルーツの盛り合せ

店情報前回

《平成26(2014)年1月2日(木)の記録》

|

« 〔コラム〕 2014年は老舗酒場で憩う | トップページ | 博多長浜豚骨ラーメン … 「御天(ごてん)」(下井草)ほか »

コメント

そして次の日、目の前で売り切れたぶり刺しは、、、
マスターの優しさか?捌ききったアラを丸ごと塩焼きにしてくれましたとなw
いつも色々頼みたくなるんだけど、たまにボリュームたっぷりのサービスが投下されるから
注文するとき用心してしまうんですよねぇ~
まぁ がっつりいただきますがww

投稿: たっつん | 2014.01.09 14:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/58910363

この記事へのトラックバック一覧です: タラバガニ&オリーブ … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷):

» ブリ刺つまみに大吟醸 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) [居酒屋礼賛]
 おっ。店内の張り紙メニューに『山形「楯野川(たてのかわ)」純米大吟醸・清流(462円)』なんてのがある!  これまで、日本酒と言うと和歌山の「黒牛」純米(462円)か、「白雪」(273円)しかなかったのですが、これに「楯野川」が加わったようです。  さっそくその「楯野川」をもらい、つまみにはブリ刺(420円)を注文します。  さらに店内のメニューを再確認してみると、焼酎も宮崎の芋焼酎「加江田(か... [続きを読む]

受信: 2014.04.27 22:45

« 〔コラム〕 2014年は老舗酒場で憩う | トップページ | 博多長浜豚骨ラーメン … 「御天(ごてん)」(下井草)ほか »