« ひっそりと静かな気品 … お酒処「お田幸(おたこう)」(桜木町) | トップページ | うちはホッピー屋だよ … 「河本(かわもと)」(木場) »

熱々まぐろ鍋で菊正宗 … 「中央酒場(ちゅうおうさかば)」(横須賀中央)

まぐろ鍋で菊正宗


「寒くなったら、まぐろ鍋(650円)を食べてみよう」

 猛暑の夏ごろから、「中央酒場」に来るたびに、ずっとそう思ってたのです。

 年明け初出勤の日(1月6日)から、毎日のように更新される「この冬いちばんの寒さ」。

 そろそろ、まぐろ鍋計画も実行に移すとしようか!

 そんなわけで、金曜日の今日、横浜市内での仕事を終えてから、横須賀にやってきました。

 私の職場は、横浜市内の南部のほうにあるので、横須賀(横須賀中央)まで京急で17分(270円)、野毛(桜木町)までJRで15分(160円)で行くことができる。おまけに、この町そのものにも酒場が多いという、呑兵衛には実にありがたい場所なのでした。

 さあ、「中央酒場」。

 いつもお客が多い「中央酒場」ですが、ひとりだと、入れないということはない。

 今日も、ズドォ~ンと店の奥までを貫いている、長い長いカウンター席の中央あたり、ちょうどカウンターの内と外を行き来するために、ちょっとカウンターが途切れているところに空席があり、そこに座ることができました。

 まぐろ鍋はたのむんだけど、まずはホッピー(450円)と、げそ天ぷら(450円)から始めましょうかね。

 大学時代の同級生に、K君というのがいるのですが、私と同じ会社に勤めている。そのK君が住んでいるのが横須賀なんですね。

 そのK君。横須賀の各酒場についても一家言いっかげんをもっている。

 K君の説によると、「中央酒場」とゲソ天、「ぎんじ」とモツ揚げ、「忠孝」と満州焼きは、切っても切れない関係にあり、それらの店に行くと、まずは必ずその料理を注文するんだそうです。

 料理の出が速いのも、「中央酒場」の大きな特長のひとつ。げそ天ぷらも、あっという間に出てきました。

 この店のゲソ天のどこがすごいか。

 ゲソ天の具材は、スルメイカの足なのですが、その足の付け根の、太い部分だけが使われているのです。しかも、足2本をつなげたままカットしているので、付け根の部分はつながっていて、全体として太い「V」の形になっている。

 だから、その弾力感とボリューム感がいいんですねえ。

 熱々でおいしい間に、ものすごい勢いで食べてしまいたい。そしてまた実際に、ものすごい勢いで食べてしまっている。

 それがこのゲソ天の、最大の欠点ですねえ。

 時間をかけてチビチビとやりたいときのさかなには向いてません。(いや、きっと冷めても不味まずくはないんでしょうが、「絶対に熱々のほうがうまい!」と思える一品なのです。)

 そんなわけで、ゲソ天を食べる速度に合わせて、1杯めのホッピーも、グビッと終了。

「お酒(400円)を燗で。あと、まぐろ鍋(650円)をお願いします」

 いよいよ、満を持して、まぐろ鍋です。

 マグロは、この地域全体で、広く親しまれている魚のひとつ。なにしろすぐ近くに、マグロの陸揚げ全国2位の三崎漁港がありますもんね。

 だから、この店でもマグロ料理は豊富。まぐろぶつ(550円)、まぐろ刺身(600円)、まぐろ鍋(650円)、まぐろ納豆(550円)、まぐろ照焼(500円)、まぐろバター(500円)、まぐろ唐揚げ(500円)、まぐろ串かつ(500円)などを、一年中、食べることができます。

 まぐろ鍋だって、私が「寒い冬に食べよう」と思っただけで、お店としては、猛暑の夏にだって、普通に出してくれます。

 そのまぐろ鍋、なんと、店主自らが調理してくれている様子。いろんな料理の出が速い「中央酒場」にあって、まぐろ鍋はしっかりと時間をかけて作ってくれるんですね。(といっても、まぐろ鍋の出が特に遅いわけではありません。ほかの料理と比べると、やや遅いかな、という程度です。)

 さあ、ぐつぐつと沸く、熱々のまぐろ鍋が出てきましたよぉ。

 どじょうの柳川鍋やながわなべなんかに使うのと同じような、丸い陶器の皿鍋に、白ネギとマグロ切り身、そして豆腐が並べられ、割り下で煮込まれている。仕上げにポトンと落とされた生卵の、とってもレアな半熟度合いも、いいではありませんか。

 その半熟玉子をプツンとつぶして、とろりと流れ出た黄身をたっぷりとからめながら、マグロの身をひと切れ。

 ん~~ん。あったまるのう、うまいのう!

 そして燗酒。お酒は灘の「菊正宗」です。

 白ネギとマグロは、もともと相性抜群。この二つの材料を使った東京下町の郷土料理、「ねぎま鍋」もあるぐらいですもんね。

 ここ「中央酒場」のまぐろ鍋は、豆腐もうまい。豆腐を、まぐろの切り身とほぼ同じ厚さ、大きさに切り分けてるのがいいんだろうなあ。

 1時間20分ほど楽しんで、今日のお勘定は1,950円でした。どうもごちそうさま。

140117a 140117b 140117c
「中央酒場」 / げそ天ぷらとホッピー / まぐろ鍋

店情報前回

《平成26(2014)年1月17日(金)の記録》

|

« ひっそりと静かな気品 … お酒処「お田幸(おたこう)」(桜木町) | トップページ | うちはホッピー屋だよ … 「河本(かわもと)」(木場) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/58987396

この記事へのトラックバック一覧です: 熱々まぐろ鍋で菊正宗 … 「中央酒場(ちゅうおうさかば)」(横須賀中央):

» 店の人たちが一所懸命 … 「中央酒場(ちゅうおうさかば)」(横須賀中央)ほか [居酒屋礼賛]
 金曜日の仕事を終えて、「中央酒場」にやってきました。  会社の最寄駅から、京急・各駅停車の電車に乗りこむと、横須賀中央まで座っていくことができる。飲んだ帰りは、もちろん座って帰ることができる。この楽さが、横須賀方面に飲みに行くメリットなのでした。  野毛や横浜方面に向かうと、飲んだ帰り(下り方面)は、まず座ることができませんからねえ。  いつものごとく、「中央酒場」の店内は、ほぼ満席状態。長~い... [続きを読む]

受信: 2014.02.13 23:58

« ひっそりと静かな気品 … お酒処「お田幸(おたこう)」(桜木町) | トップページ | うちはホッピー屋だよ … 「河本(かわもと)」(木場) »