« 店情報: 立ち呑み処「みつるちゃん」(蒲田) | トップページ | 大瓶1本、お酒も1本 … 「はまや食堂」(杉田) »

名物店主の料理が美味 … 立ち呑み処「みつるちゃん」(蒲田)

仙人&みつるちゃん


 蒲田には本当に立ち飲み屋が多い。特にバーボンロードは、そこここに立ち飲み屋が並んでいて、すばらしいですねえ。

 そんなわけで、蒲田での3軒めも立ち飲み屋、「みつるちゃん」です。

 北海道出身、昭和56(1981)年生まれの店主・石田満(いしだ・みつる)さんが一人で切り盛りしている店だから、店名が「みつるちゃん」。

 先ほどの「豚番長」と同じく、ここも平成21(2009)年の創業。今年の9月で、創業5年を迎えます。

 もともとは大阪風の串カツ(1本100円)が目玉のお店だったようですが、今は串カツもあるけど、店主のオリジナル料理が人気の立ち飲み屋のようです。

 さっそく、一番人気という生ジンジャーサワー(350円)をもらって、8人で乾杯し、本日の四次会のスタートです。

「厚揚げをお願いします!」

 と、おすすめの料理を注文してくれる仙人(=「ホッピー仙人」の店主)。

 ここの「厚揚げ一丁」(300円)は、丸ごと1丁の豆腐を、注文を受けてから油で揚げて、厚揚げにしてくれるのです。それだけでもおいしそうなのに、そのできたて熱々の厚揚げを切り分けて、お出汁だしでさっと煮てから出してくれるんですねえ。これはいいつまみだ。

 ポテトサラダ(300円)や、マカロニサラダ(300円)、ハムカツ(300円)といった定番メニューの他、ホワイトボードにも日替わりのメニューが手書きされています。

 にしん入の漬物(350円)、鮭ハラスの照焼(500円)、〆さば(350円)、数の子ワサビ(350円)、チーズ丸々フライ(400円)などが、今日の手書きメニュー。

 いずれも、いいつまみになりそうじゃありませんか。

 チーズ丸々フライなんて、名前からして引かれますよねえ。

 でも、酔っぱらいの我われは、メニューなんてほとんど見ていない。カウンター上に置かれている千住ネギを見て、「これが食べたい」と勝手な注文。

 「はいはい」と、にっこり笑顔で注文を受けてくれた店主は、千住ネギの白い部分を、5センチぐらい長さに切り分けて、こんがりと焦げるまで焼いて出してくれます。

「いちばん外側の、焦げている部分だけをがして食べてください」

 ガァーッと焼き焦がしただけのように見えるネギは、ひと皮とると、中は真っ白。シャッキリ、トロリとした食感と、口の中に広がるネギの甘みがいい。

 この店主、お若いのに料理が上手なんですね!

「蒲田ダックも美味しいんですよ。これ食べてみてください」

 入り口側で飲んでいる常連さんが、自分が注文した蒲田ダックを、我われにも食べさせてくれました。

 これがまた、メニューには載っていない、知る人ぞ知るという一品。独特のタレで味付けをした、焼き鳥というところです。

「いやいや。これをみんなでいただいちゃうわけにはいきません。こちらにも、その蒲田ダックをひとつ、お願いします」

 すぐさま注文してくれるチャコちゃん。そうだよねえ。我われは8人もいるので、ちょっとずつもらっても、すぐに1人前ぐらいはなくなってしまいそう。それじゃ、あまりに悪いですもんね。さすがです。

 この常連さん。職場は上野で、ご自宅は大崎あたりなのに、わざわざ蒲田のこの店まで飲みに来ることが多いんだそうです。

 1時間半ほど楽しんで、お勘定はひとり600円ずつ。

 今日は川崎、蒲田を4軒まわって、総支払額は、ひとり4,100円ずつ。1軒当たり平均1,025円という驚異的なハシゴ酒となったのでした。

140211g 140211h 140211i
厚揚げ一丁 / 焼きネギ / 蒲田ダック

店情報

《平成26(2014)年2月11日(火)の記録》

|

« 店情報: 立ち呑み処「みつるちゃん」(蒲田) | トップページ | 大瓶1本、お酒も1本 … 「はまや食堂」(杉田) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/59165176

この記事へのトラックバック一覧です: 名物店主の料理が美味 … 立ち呑み処「みつるちゃん」(蒲田):

» 店の奥に隠れた小部屋 … 立ち呑み処「みつるちゃん」(蒲田) [居酒屋礼賛]
 おぉ~っ。この店に、こんな部屋があったんですねえ。  「ホッピー仙人」のミニ忘年会。三次会としてやってきたのは、蒲田の立ち呑み処「みつるちゃん」です。  ふだんは、入口から奥に向かって伸びる立ち飲みカウンターで飲むのですが、今日はその奥にある小部屋での宴会です。  この小部屋、まさに小部屋で、小さな掘りごたつが1つだけ。  ここで8人が呑もうってんだから大変だ。  ギューッと詰めあって密着して座... [続きを読む]

受信: 2015.05.03 22:23

« 店情報: 立ち呑み処「みつるちゃん」(蒲田) | トップページ | 大瓶1本、お酒も1本 … 「はまや食堂」(杉田) »