« 牛肉と玉子のうま煮飯 … 広東料理「楽園(らくえん)」(石川町)ほか | トップページ | 冬だけの定番、煮大根 … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) »

特別定食は豚鍋ライス … 「はまや食堂」(杉田)

豚鍋(とんなべ)


 今日の特別定食(980円)の主菜は豚鍋とんなべ

 いつもは主菜1品に、副菜は3品から2品を選ぶのが特別定食ですが、今日のように、鍋物などが主菜になる場合は、構成がちょっと変わります。

 今日は、「小松菜おひたし」または「じゃが煮付け」と、「大根おろし」または「お味噌汁」という二つの選択肢があって、それに小ライスが付きます。

 だから、注文の仕方も、いつもとちょっと違う。

「特別定食を、小松菜と大根おろしで。ごはんは後からお願いします」

 お通し(サービス)の枝豆で、大瓶ビール(キリンラガー、480円)を飲んでいるところへ、まずは小松菜おひたし(単品200円)と、大根おろし(単品100円)が出てきます。

 じゃが煮付け(単品200円)にも引かれるものはあったのですが、あとで熱々の豚鍋が出てくるので、副菜は冷たいものを選んだのでした。

 2品の副菜で、大瓶ビールを飲み終えるちょうどそのころ、固形燃料の卓上コンロとともに出てきたのが豚鍋です。

「できあがってますので、そのままお召し上がりください」

 と女将さん。ここの鍋物は、奥の厨房で仕上げてから、卓上コンロと一緒に出してくれるのです。つまり、卓上コンロは加熱用というよりも、保温用なんですね。

 その豚鍋。その名のとおり、主役は豚肉なんですが、白菜や玉ネギ、白ネギ、ニンジン、春菊などの野菜に、豆腐や蒲鉾かまぼこも入り、仕上げに生卵が落とされています。

 味付けは、関東の定番である、醤油、みりん、砂糖の甘辛い割り下。

 秋田の地酒、美酒「爛漫らんまん」の大徳利(500円)を燗酒でいただいて、豚鍋をつまみに燗酒をちびり、ちびり。

 ポイントは、仕上げに入れた生卵を、どの時点で食べるか、ってところにあります。

 私はいつも、この生卵をまっ先に小鉢に取る。それをプツンとつぶして、煮汁をレンゲで2~3杯かけ、それをからめるようにしながら、各具材をいただくのです。

 豚鍋は、この店の冬場の定番メニュー。単品なら680円、小ライスが付いた定食は830円で、いつでも食べることができます。

 常連さんの中に、この豚鍋をこよなく愛している人がいるんです。

 この人はいつも、豚鍋定食をライス大(プラス70円)で注文する。

 取り皿(小鉢)を使わずに食べるのが、この人の食べ方の最大の特徴です。

 ドン! と大盛りに盛られたごはんのてっぺんに、ちょっとくぼみを作り、まずそこに、周辺の白身がフツブツとかたまりかけた生卵を置いて、黄身をつぶして熱々ごはんの中に浸透させます。

 しかるのちに、豆腐や玉ネギなどの具材を鍋から取っては、ごはんの上にのせて、ワッシワッシと口に運ぶ。

 最初はごはんが盛り上がっているので、あまり具材はのせられないのですが、食べ進むにつれて、ごはんの上部に余裕ができてきて、のっける具材の量が増えていくのが面白い。

 豚肉をごはんにのっけて食べ、豆腐をどんとのせて食べ、そして玉ネギをたっぷりとのせて、グイグイと食べる。

 言ってみれば「豚鍋丼」みたいなものですね。

 最後のほうになると、鍋の煮汁もごはんにかけて、簡易おじやのようにしてシャブシャブとかっこんでいる。

 大盛りのごはんでも足りないぐらいの食べっぷりです。

 これが、なんだかとてもとっても美味しそうに見えるんですね。

 私自身は、そんなにたくさんは食べられないので、ほとんどの具材は燗酒のつまみとしていただいて、最後にちょっと残しておいた具材と、鍋の煮汁を、小ライスにのっけたり、かけたりしていただきます。

 ん~ん、うまいっ。

 鍋の煮汁まですべてを完食して1時間半ほどの酒場浴さかばよく。今日のお勘定は1,960円でした。どうもごちそうさま。満腹じゃ!

140214a 140214b 140214c
大根おろし、小松菜おひたし / 大徳利(燗) / 小ライスセット

店情報前回

《平成26(2014)年2月14日(金)の記録》

|

« 牛肉と玉子のうま煮飯 … 広東料理「楽園(らくえん)」(石川町)ほか | トップページ | 冬だけの定番、煮大根 … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/59191972

この記事へのトラックバック一覧です: 特別定食は豚鍋ライス … 「はまや食堂」(杉田):

» 筍の煮付けで春を知る … 「はまや食堂」(杉田) [居酒屋礼賛]
 大雪は降り積もるは、外は凍えるほど寒いはということで、いつにもまして「はまや食堂」に行く頻度が上がっている今日このごろです。  そんな「はまや食堂」の今日の煮付けは、なんと筍(たけのこ)。  あまりの寒さに、季節感がすっかり狂ってしまっていましたが、暦(こよみ)の上では、すでに立春(2月4日)も過ぎ、『空から降るものが雪から雨に変わり、雪が溶け始めるころ』(Wikipediaより)とされる雨水(... [続きを読む]

受信: 2014.02.27 22:36

« 牛肉と玉子のうま煮飯 … 広東料理「楽園(らくえん)」(石川町)ほか | トップページ | 冬だけの定番、煮大根 … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) »