« 冬だけの定番、煮大根 … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) | トップページ | 筍の煮付けで春を知る … 「はまや食堂」(杉田) »

鯛のカブトを酒蒸しで … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)

たいかぶと酒蒸し


「浜田さんは、たいカブト酒蒸し(600円)を注文されるんじゃないかと思ってますが」

 カウンター上のネタケースを見ながら、今日のさかなを選んでいるところへ、りえちゃん(手伝いの女性)から、そう声がかかります。

 するどいっ!

 まさにそのとおりで、先ほどからネタケースの中央部にデンと置かれている、大きな鯛のカブトに、心を引かれていたところでした。

「当たりです(笑)。その鯛カブトをお願いします」

 さっそく鯛カブト酒蒸しを注文します。

 首都圏で刺身といえばマグロですが、西日本エリアでは刺身といえば圧倒的に鯛。

 鯛は、私の故郷・愛媛県をはじめとする、瀬戸内海各地の名産品で、刺身はもちろん、焼き魚や煮魚にしたり、うしお汁(吸い物)にしたり、さらには郷土料理の鯛めしや、鯛そうめんで楽しんだりと、いろんな場面で登場する魚なのです。

 鯛カブトは、酒蒸しにしても、煮付け(カブト煮)にしてもおいしいのですが、ここ「竹よし」では、野菜などと一緒に酒蒸しにして出してくれます。

 これをポン酢醤油でいただくんですね。

 鯛カブトの何が好きかっていうと、そのそれぞれの部分で、味も食感も異なっていること。

 目玉のまわりのチュルンと軟らかい部分。ホッペタのしっかりとした肉。カマの部分の脂がのった身。1つの料理なのに、楽しみがとっても多いのです。

 ん~。お酒お酒。

 鯛カブトには、やっぱり「菊正宗」の燗酒(350円)ですね。

 今日は、すぐ近くにある、やきとん「弐ノ十」で飲んだあと、サクサクと雪を踏みしめながら、2軒めとして、ここ「竹よし」にやってきました。

 こんな大雪のあとでも、「竹よし」のカウンター席には先客が4人。

 そのカウンター席の一角に入れてもらって、まずは新潟出身のりえちゃんの経緯を表して、新潟は緑川酒造の雪洞貯蔵酒「緑」(純米吟醸、600円)からスタート。

 この「緑」をチビチビとやりながら、鯛カブト酒蒸しのできあがりを待ち、鯛カブトがでてきたところで、「菊正宗」に切り替えたのでした。

 ここ「竹よし」の情報は、「竹よし」のスタッフのひとりである、ちくちゃんが「竹よし便り。」というブログで、こまめに紹介してくれています。

 曜日替わりで店主を手伝う女性スタッフの存在も、「竹よし」の人気の理由の、大きな要素。

 現在は、火曜:さとちゃん、水曜:店主のみ、木曜:なおちゃん、金曜:ちくちゃん、土曜:りえちゃん、日曜は週替わりで、月曜は定休日という、4人の女性陣が店主を手伝ってくれているのです。

 もう1本、「菊正宗」燗酒(350円)をもらって、2時間半ほどの酒場浴。今日のお勘定は1,900円でした。どうもごちそうさま。

140215g 140215h 140215i
雪の「竹よし」 / 雪洞貯蔵酒「緑」純米吟醸 / 「菊正宗」上撰

店情報前回

《平成26(2014)年2月15日(土)の記録》

|

« 冬だけの定番、煮大根 … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) | トップページ | 筍の煮付けで春を知る … 「はまや食堂」(杉田) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/59203822

この記事へのトラックバック一覧です: 鯛のカブトを酒蒸しで … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政):

» たっぷりと刺身盛合せ … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) [居酒屋礼賛]
 ときどき無性に魚が食べたくなることがある。  今日もそんな気分になって、都立家政の「竹よし」にやってきました。  カウンター6席、テーブル2卓6席の小さい店内は、日曜、午後6時過ぎのこの時間、カウンターに1席分の空きがあるのみ。にぎわってますねえ。  選択の余地なく、その席に座り、まずはサッポロラガー(中瓶、500円)をもらって、刺身盛り合わせ(1,000円)を注文する。  料理は基本的に店主ひ... [続きを読む]

受信: 2014.04.14 21:55

« 冬だけの定番、煮大根 … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) | トップページ | 筍の煮付けで春を知る … 「はまや食堂」(杉田) »