« 店の人たちが一所懸命 … 「中央酒場(ちゅうおうさかば)」(横須賀中央)ほか | トップページ | 店情報: 「倉形屋酒店(くらがたやさけてん)」(産業道路) »

大雪でも集う常連さん … 国民酒場「じぃえんとるまん新杉田店」(新杉田)

まぶろぶつ、ホタルイカ


『強い寒気と低気圧の影響で、関東甲信では8日未明から雪が降り始め、東京23区でも20センチの降雪が予想されるなど、首都圏では1998年以来16年ぶりの大雪となる可能性があります』

 こんなニュースが繰り返されるなか、昨日(金曜日)は会社帰りに、横須賀に飲みに出かけたわけですが、土曜日の朝、目覚めてみると、その予報のとおり雪が降り始めていました。しかもすでにうっすらと積もっている。

 都内の自宅に帰ると、明日(日曜日)までに横浜に戻ってこれないかもしれないので、この週末は単身赴任社宅に籠城しようと決めて、りっぱなしで見ることができていなかったテレビ番組を見たり、つん読になってしまっていた本を読んだり、いつの間にやらウトウトとうたた寝をしたりしながら過ごしているうちにも、雪はどんどん強くなってきて、飛行機や新幹線など、交通機関にも大きな影響が出てきている様子。

 ちょっと外の様子を見てみようと、玄関の扉を開けたところ、その玄関のすぐ目の前に30~40センチほどの雪が積もっているではありませんか!

『えっ? なんで?』

 単身赴任社宅の部屋は、2階建ての1階部分ながら、入口は階段用のでっぱりの下にあるので、雨が降っても濡れることがありません。それなのになぜ??

 そんな思いで、しばらく雪の具合を観察してみると、ふわふわと軽い雪が、低気圧の強風にあおられて、うちの入り口近くに吹き溜まってくるようです。

『雪が固まってしまわないうちに、通路だけは確保しておこう』

 段ボールをスコップ代わりにしてヨイショと押してみると、空気を含んでふんわりと積もった雪は、軽く移動することができて、いつもの通路が現れます。その作業を繰り返して、なんとか入り口付近の雪は取り除くことができました。

『着替えて外に出たついでに、近くの酒場に出かけてみるか』

 部屋にこもっているときは、外に出ようという気も起らなかったのですが、いったん外に出てしまうと、逆に、もうちょっと出かけてみようという気持ちがわいてきました。

 今の時刻は午後4時前。さすがにこの雪の中を、電車やバスなどの交通機関を使って出かけていくのは避けたい。この時間に、歩いて行ける範囲内で開いている酒場というと「愛知屋酒店」(午後3時開店)か「じぃえんとるまん新杉田店」(土日は午後1時開店)。JR新杉田駅近くの、「養老乃瀧」も午後4時開店だなあ。

 よしっ。その方面に向かえば、なんとかなりそうだ。

 新雪をサクサクと踏みしめて……

 なんて思っていたら、新雪の積もっている量があまりにも多すぎて、1歩ごとにズボッ、ズボッと、ひざぐらいまで埋もれてしまう。ひゃ~っ。これはすごいなあ。

 テレビで何度も繰り返されていた、『不要な外出は控えましょう』というフレーズを思い出したけど、ここまで来たら行っちゃえ!

 車も通る道まで来ると、車が通った後のわだちの部分は雪が踏み固められていて、ちょっと滑るけど歩きやすい。

 いつもなら5分ほどで行ける「愛知屋酒店」ながら、今日は10分以上かかって到着すると、シャッターが閉まっていて休業。さすがにこの雪じゃ、お客も来ないと予想しての休業なんでしょうねえ。

 ちょっと不安になりながら、その先の大通りまで出てみると…。

 やった! 「じぃえんとるまん新杉田店」の赤提灯に灯がともっている。

 吹雪のような大雪の中、まるで灯台のようだ。この赤い光はうれしいなあ。

 さっそくその店内に飛び込むと、この大雪の中でも、先客がひとりいる!

 入り口の横で、コートについた雪を払って、傘を巻いていると、ホールや飲み物を担当されている女性店員さんが、

「このあたりがエアコンがよく効いて暖かいですよ。どうぞどうぞ」と、奥のテーブル席に案内してくれます。

 これだけ寒くても最初はやっぱりビールがほしいですね。

「瓶ビール(370円)と、まぐろぶつ(200円)。あとホタルイカ(250円)もください」

 ここの瓶ビールは、アサヒスーパードライの大瓶。これが370円なんだから驚くではありませんか。角打ち(酒屋での立飲み)でも、これより高い店は多いぞ!

 まぐろぶつはこの店の名物。遅い時間に来ると売り切れてることが多いのですが、今日はありますねえ。

 先客の男性ひとり客は、この店の常連さんらしく、ときどき店の外に出て、入口付近の雪かきをしています。入口付近が、ちょっとしたスロープになってるので、雪が積もってると滑って危ないんですね。

 この雪かきを、お店の人に頼まれてやるんじゃなくて、自主的にやっているところに、お店への愛を感じますねえ。

 まぐろぶつとホタルイカを食べ終えたところで、温かい料理をもらおうということで、コロッケ(2種150円)を注文すると、揚げたての熱々で出されるコロッケは、普通のコロッケと、カレーコロッケの2種類です。

 値段の安い立ち飲み屋ながら、料理の多くは、注文を受けてから調理してくれる。これもまた、この店の人気の理由のひとつなんでしょうね。

 ビールを飲み干したところでホッピー(350円)をもらって、「ふぐのバターしょうゆ焼」(300円)を注文します。

 この「ふぐのバターしょうゆ焼」。おそらく安いサバフグだろうと思うのですが、3枚におろした両側の身はバター醤油でソテーし、中骨はカリカリに揚げて、きれいに盛り付けて出してくれるんですね。これもいいなあ。

 骨まですべていただきましたよぉ!

 京浜東北・根岸線も運転を取りやめてしまったので、もうこれ以上はお客さんは来ないかと思いきや、5時を過ぎると、ひとり、またひとりと、それぞれ常連さんらしき男性ひとり客が次々とやってきます。

「振替輸送で京急線に乗ったら、京急も徐行、徐行でさあ。いつもの3倍ぐらい時間がかかっちゃったよ。あ、生ビール(中370円)2杯ちょうだい。え? いいんだよ、最初から2杯で。1杯めはすぐに飲み干しちゃうからさ」

 その言葉どおり、1杯めは息もつがずにキューッと飲み干して、すぐに2杯めのジョッキに手を伸ばします。電車の中で、長いこと缶詰めになってたので、のどが渇いていたのかな。

 この店には昔ながらの、片手では持ち上げにくいぐらいの大ジョッキ(570円)もあるのですが、それにしないで中ジョッキを2つにしたところが、なにやらつうっぽいですね。

 私もホッピーのナカ(焼酎おかわり、180円)をもらって、かまぼこ(100円)を追加注文すると、出されたかまぼこは紅白合わせて8切れ。見ためもいいね。

 その後も客は増えてきて、午後6時前の段階で7~8人ほど。

 いつもギューギュー詰めの「じぃえんとるまん新杉田店」から考えると、ガランガランと言ってもいい状況ですが、この大雪の中ですからねえ。

「いやあ、寒い寒い。よく降るねえ!」

 と飛び込んできたお客さんに、店長も女性店員さんも、

「えっ! 電車、止まってるんじゃないの?!」と驚き顔。

「止まってるから、磯子(=となり駅)からここまで歩いてきたんだよ。遠かったなあ」

 こんな天候でも、電車が止まっていても、常連さんたちはやってくるんですねえ。この店で飲まないと1日が終わらないんでしょう。だから店の側も、こんな雪でも、臨時休業にしないでやってるんですね。

 お客、お店、双方の深い信頼関係を感じます。

 「じぃえんとるまん新杉田店」が開店したのは、平成20(2008)年12月5日。開店から5年で、そこまで信頼されるお店になったのは、素晴らしいことだと思います。

 2時間弱の立ち飲みタイム。キャッシュ・オン・デリバリーでの支払総額は1,900円でした。どうもごちそうさま。

 来たときよりも、ますます降り積もり、さらに激しさを増す吹雪の中を社宅へと向かったのでした。

140208a 140208b 140208c
まぶろぶつ / ホタルイカ / コロッケ2種

140208d 140208e 140208f
瓶ホッピー / ふぐのバターしょうゆ焼 / かまぼこ

店情報前回

《平成26(2014)年2月8日(土)の記録》

|

« 店の人たちが一所懸命 … 「中央酒場(ちゅうおうさかば)」(横須賀中央)ほか | トップページ | 店情報: 「倉形屋酒店(くらがたやさけてん)」(産業道路) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/59132562

この記事へのトラックバック一覧です: 大雪でも集う常連さん … 国民酒場「じぃえんとるまん新杉田店」(新杉田):

» バラエティ豊かで安い … 国民酒場「じぃえんとるまん新杉田店」(新杉田) [居酒屋礼賛]
 8月も、もう中旬に入ろうとしてますが、「居酒屋礼賛」の中は、まだ4月。やっとゴールデンウイークに突入しようかといったところです。(ブラジルの話題は、ブラジルで立ち上げた新ブログ「MUITO BRASIL」でご紹介中です。)  そんな連休前の金曜日(4月25日)。会社の帰り道に、となりの席の先輩と二人で立ち寄ったのは、横浜・杉田商店街の、JR新杉田駅側の入口近くにある立ち飲みの店、「じぃえんとるま... [続きを読む]

受信: 2014.08.11 03:40

« 店の人たちが一所懸命 … 「中央酒場(ちゅうおうさかば)」(横須賀中央)ほか | トップページ | 店情報: 「倉形屋酒店(くらがたやさけてん)」(産業道路) »