« 特別定食は豚鍋ライス … 「はまや食堂」(杉田) | トップページ | 鯛のカブトを酒蒸しで … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

冬だけの定番、煮大根 … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政)

煮大根と黒ホッピー


 先週に続いて、この週末も首都圏は雪。

 しかも、天気予報では先週よりも軽い予定だったのに、昨日(金曜日)の時点で、すでに先週よりもたくさん、ずっしりと積もっています。

 先週は、単身赴任社宅に閉じ込められて動きが取れなかったので、今週は赤羽・十条方面か、東京下町方面に出かけようと思っていたのですが、予想外の大雪に交通も乱れているので断念。自宅近くの、歩いてでも帰れる場所で飲むことにします。

 昨年(2013年)のはじめ、2度目となる横浜勤務になって以来、横浜・横須賀方面の酒場に力を入れている影響で、来れる頻度がぐんと落ちているのが自宅近くの酒場なのです。

 『いつでも来れるから』という安心感がありすぎて、逆にあまり来れない結果になってしまってるんですね。いかん、いかん。

 西武新宿線であれば、野方のがた都立家政とりつかせい鷺ノ宮さぎのみや、そしてかろうじて下井草しもいぐさあたりが、わが家から徒歩で飲み歩ける圏内。

 今日は、都立家政駅で下車して、まず向かったのは、やきとん「弐ノ十」です。

 野方の名店「秋元屋」で修業をつんだアキさん(女性)が独立し、平成22(2010)年7月に開業。現在4年めの若いお店ながら、他の秋元系のお店と同様に、すでに地元の人気店になっています。

 午後5時過ぎの店内は、こんな雪の日にもかかわらず、L字カウンターの手前側に先客がひとり。私もカウンターの奥のほうに陣取って、まずは黒ホッピー(380円)をもらいます。

 すると、すぐあとから、ひとり、またひとり、さらには男女二人連れが二組と入ってきて、店内は一気ににぎわいを増していきます。さすがですねえ。(このあと、5時半ごろには満席になりました!)

 つまみのほうは、ホワイトボードに書かれている季節メニューの煮大根(200円)をもらいます。

 これは、もつ煮込みの鍋の中で、大根をじっくりと煮込んだもの。

 ブリと一緒に煮込んだのがブリ大根。イカと一緒に煮込むとイカ大根ということから言うと、豚モツと一緒に煮込んだこの大根は、『モツ大根』といってもいいかもしれませんね。

 よ~く煮込まれて、飴色あめいろに透き通った熱々の大根。見るからにうまそうではありませんか。

 ブリ大根が、ブリよりもブリらしい味わいだったり、イカ大根が、イカよりもイカらしい味わいだったりするのと同じように、この煮大根は、モツよりもモツらしい風味が、口の中いっぱいに広がります。

 この店の冬場の定番であるとともに、もつ好きにはたまらない逸品ですね。

 ナカ(ホッピーの焼酎おかわり、250円)をもらって、焼き物はレバ味噌(100円)とアブラ味噌(100円)を注文。

 味噌ダレのやきとんは、秋元系のお店では必食です。

 レバ味噌もさることながら、アブラ味噌がいいですねえ!

 これまでは、レバ、カシラ、ハラミ、チレ、テッポウなどを味噌でもらって、シロやアブラなどはタレで注文することが多かったのです。

 今日は、ホワイトボードに、あえてアブラ味噌と、味付けも含めて書かれているのを見て、そのままアブラ味噌を注文してみたのでした。アブラと味噌ダレの相性、いいです。

 さらにナカ(250円)をおかわりして、これで黒ホッピーはソト1・ナカ3。

 つまみには、これまたホワイトボードメニューから、カシラチーズ(100円)を注文。

 これはアキさん(=女将)たちが、まかないの、おやつ用として食べていたのが正式メニューになったものなんだそうです。

 塩コショウをしたカシラを焼いて、最後に粉チーズを振りかけて、さらに焼いて仕上げた一品は、つまみとしても、とてもいい。おもしろいねえ。

 最後はテッポウ正油(100円)で締めて、1時間ちょっとの酒場浴。今日のお勘定は1,580円でした。どうもごちそうさま。

140215a 140215b 140215c
やきとん「弐ノ十」 / 煮大根 / ればみそ

140215d 140215e 140215f
あぶらみそ / かしらチーズ / てっぽう正油

店情報前回

《平成26(2014)年2月15日(土)の記録》

|

« 特別定食は豚鍋ライス … 「はまや食堂」(杉田) | トップページ | 鯛のカブトを酒蒸しで … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/59198249

この記事へのトラックバック一覧です: 冬だけの定番、煮大根 … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政):

» 煮込み豚足でホッピー … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) [居酒屋礼賛]
 豚足は大好物。でも煮込んだ豚足は初めていただきました。  煮込んだ豚足を、どかんと丸ごと1個出してくれるのは、都立家政の「弐ノ十」。『煮込みとんそく』(350円)というメニューです。  この店では、もつ煮込み(350円)、煮豆腐(200円)、煮玉子(100円)といった定番の品のほか、冬場には煮大根(200円)も登場したりするのがおもしろいところ。  『煮込みとんそく』も、予想を上まわるやわらかさ... [続きを読む]

受信: 2015.04.05 02:54

« 特別定食は豚鍋ライス … 「はまや食堂」(杉田) | トップページ | 鯛のカブトを酒蒸しで … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »