« がっつりと朝チャージ … 「くわだ食堂」(呉) | トップページ | 健康の有難みを再認識 … 「はまや食堂」(杉田) »

早めの夕方のにぎわい … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉)

月刊「くれえばん」より


 呉での仕事を終えて、横浜に向かう前に、駅前の「森田食堂」でちょいと一献。

 「森田食堂」の創業は大正2(1913)年。今年で創業101年となる、呉を代表する老舗の1軒です。

 おぉ~っ、早めの夕方なのに、すでに店内は大勢の常連さんたちでにぎわってますねえ。

 みなさん、歳のころなら70前後か。

 帰りのサラリーマンたちで混みあう前に、ゆっくりと「森田食堂」でくつろごう、ってことなんでしょうね。

「やあ。久しぶりですねえ。今日は呉でお仕事ですか」

 そのうちの、ひとりの常連さんから声がかかります。この店に来ると、よく一緒になったので、まだ覚えてくれている様子。こういうのがうれしいんですよねえ。

 すぐに女将さんも、「いらっしゃいませ。ビールでいいの? アサヒ? キリン?」と笑顔を見せてくれます。

「アサヒをお願いします」

 と注文しながら、入口から冷蔵陳列棚に直行して、この店の名物のひとつ、小イワシの生姜煮しょうがに(300円)を取ってきます。

 さあ来ました大瓶ビール(510円)。

 スパンッ!

 客の目の前で景気のいい音を立てて、ビールの栓を抜いてくれるのが森田食堂流。この音が聞きたくて、ここに来ると必ず大瓶ビールから飲み始めてるような気がしますねえ。

「小イワシは温めましょうね」

 と小鉢ごと電子レンジで温め直して出してくれます。

 刺身や天ぷらで食べる小イワシも美味しいけれど、生姜煮だって負けてない。小イワシはすぐに鮮度が落ちるので、とれて間もない新鮮なうちに、さっと煮てしまうのがいいんでしょうね。

 転勤で呉に来たごろ(2010年春)、大衆酒場を探し出すことができなかった。

「呉の人たちは、会社帰りにどこで飲むの?」と会社の同僚に聞いてみると、

「車で来とる人が多いけえ、会社帰りにはあんまり飲まんのお。だいたいの人は家に帰ってから飲むんじゃなあか。呉駅から電車で帰る人らは、『森田食堂』や『くわだ食堂』なんかの食堂で飲みよるみたいなで」

 と教えてもらって、「森田食堂」や「くわだ食堂」にやって来るようになったのでした。

 この2軒に、駅からは離れていますが、「寿食堂」を加えた3軒が、大衆酒場の代わりになる、呉の三大・大衆食堂です。

 首都圏の場合は、人口が多いので専業の『大衆酒場』というのも成り立つんだろうと思いますが、地方だとなかなか専業ではやっていけない。だから大衆食堂が、『大衆酒場』の役目も果たすんですね。

 ビールを飲み終えたところで、燗酒(白牡丹、300円)をもらって、つまみは陳列棚から、サヨリ刺身(500円)をとってきます。

 サヨリは春を告げる魚のひとつ。3月から5月ごろが旬です。

 こういう小魚がおいしいんですよねえ、瀬戸内海は。濃厚な旨みがたまらない。

 そしてグイッと燗酒です。

 ここの燗酒は、コップに注いでくれるので、文字どおり『グイッ』と飲むことができるんですね。

 「白牡丹」の創業は、江戸時代前半の延宝3(1675)年。第4代将軍・徳川家綱のときのこと。創業339年の、広島のお酒の中で、もっとも古い歴史を持つ超老舗です。

 そしてこのお酒は、広島を代表する甘口のお酒でもあります。

 これを熱めの燗でいただくと、瀬戸の魚にぴたりと合うのがいいねえ!

 店内の常連さんたちは、みなさん、人世のベテランだけあって、おいしそうに、楽しそうに酒を飲んでいるのがすばらしい。本当に幸せそうなひと時です。

 最後は、この店ならではのイリコ出汁の中華そば(400円)か、細うどん(300円)で〆て帰ろうと思っていたのですが、この常連さんたちに混ざって、もうちょっとお酒を飲んで帰りたい。

 そこでもう1杯、燗酒(300円)をいただいて、つまみは陳列棚から、大根、きゅうり、にんじん、イリコなどが入った、なます(200円)を持ってきます。このなますも、「森田食堂」定番の一品ですね。

「もう1日、呉に泊まっていけば!(笑)」

 と引き留めてくれる常連さんたちにごあいさつをして、席を立ちます。

 端数を切り捨ててくれて、今日のお勘定は2,000円。後ろ髪を引かれる思いで、「森田食堂」を後にしたのでした。

 行きたいお店はたくさんあるのに、3日間では、そのほんの一部にしか行くことができませんでした。また来なきゃね。

140224d 140224e 140224f
小イワシ煮付け、大瓶ビール / サヨリ刺身、燗酒 / なます

店情報前回

《平成26(2014)年2月24日(月)の記録》

|

« がっつりと朝チャージ … 「くわだ食堂」(呉) | トップページ | 健康の有難みを再認識 … 「はまや食堂」(杉田) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/59342002

この記事へのトラックバック一覧です: 早めの夕方のにぎわい … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉):

» 朝食と昼食とを兼ねて … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉) [居酒屋礼賛]
 健康診断を終えて、遅めの朝食と早めの昼食を兼ねてやってきたのは、呉の誇る老舗大衆食堂「森田食堂」です。  大正2(1913)年創業のこの店は、今年で創業101年となりました。  本来であれば、小いわしの煮つけ(300円)や湯豆腐(300円)をつまみに、午前中から一杯やりたいところですが、今日はこのあと会社に行かないといけないのでガマンガマン。  女将さんに中ごはん(180円)とみそ汁(100円)... [続きを読む]

受信: 2014.12.14 09:09

« がっつりと朝チャージ … 「くわだ食堂」(呉) | トップページ | 健康の有難みを再認識 … 「はまや食堂」(杉田) »