« 混んでるときの注文法 … 「はまや食堂」(杉田) | トップページ | 名物の貝汁をつまみに … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) »

8ヶ月ぶりに呉で飲む … ビヤハウス「オオムラ亜(おおむら・あ)」(呉)

生ビール


 グッと一杯! 思わず二杯!!

 久しぶりに来た「オオムラ亜」の生ビール(500円)がうまいっ!

 去年(2014年)の1月に横浜に転勤して以来、はや14ヶ月。やっと2度目の呉訪問です。

 前回来たのが、去年の6月末のことだから、8ヶ月ぶりですねえ。

 それでも何も変わらないのがうれしい。

 店に入るなり、あっという間に、呉にいたころと同じ気分に戻れます。

 つまみには、のりチーズ(200円)と、ポールウインナー(200円)をもらいます。

 ポールウインナーは、伊藤ハム製の畜肉(豚肉、マトン、牛肉)ソーセージ。西日本エリアでは当たり前の商品なんだけど、首都圏ではほとんど見かけません。

 おいしいんだけどなあ。

 魚肉ソーセージと比べると値段が高いので、首都圏ではあまり売れないんでしょうか。

 横浜から呉に向かうときは、新横浜駅の在来線ホームにある、立ち食いそばの「濱そば」で、かき揚げ天玉そば(440円)を食べてから、新幹線に乗り込むのが定番。

 「濱そば」のつゆもそうですが、首都圏の立ち食いそばの汁は、砂糖と醤油で甘辛い味付けになっていることが多い。

 すき焼きの割り下と似た感じの味付けなんですね。

 だから生卵によく合う。

 黄身をプツンとつついて、とろりと流れ出たところに、そばをからめながら食べるのがいいんですね。

 新幹線の中では、パソコンをつついたり、うとうと寝たりしながら過ごしながら、新神戸を過ぎたあたりで、新横浜駅で買い込んできた崎陽軒の「横濱チャーハン」(580円)をいただきます。

 ビールは飲みません。『今日の1杯めのビールは、呉に着いてから、「オオムラ亜」で飲む!』と決めているからです。

 新幹線も、JR西日本エリア(山陽新幹線)に入ると、通信がブツブツと途切れて、パソコンを使う作業は難しい。社内のラジオ放送も、感度が悪くなって聞きにくい。

 なので、このエリアに入ると、パソコン作業をするのはやめて、お弁当を食べたり、本を読んだりしながら過ごすことにしてるのでした。

 いつまでたっても、ちっとも改善されないのが残念ですねえ。

 広島駅で、呉線に乗り換えるついでに、在来線1番ホームの「駅うどん」で、天ぷらうどん(340円)を食べるのも定番のコースながら、「オオムラ亜」での1杯めのビールをよりおいしく飲むために、今日はやめておきます。

 呉駅に到着したのは、午後3時過ぎ。駅前のホテルにチェックインして荷物を置き、すぐに「オオムラ亜」に出かけてきたのでした。

 っくぅ~っ。この生ビールがおいしいこと!

「ビール、おいしくなりましたよねえ。なにか変えた?」

「いいや。変わっとらんよ。私の腕が上がったんかねえ」

 と笑う店主の亜矢さん。店を手伝っているのんちゃんや、常連のお客さんたちと、まるで毎日、会っているかのようにワイワイと過ごし、午後5時になったところで席を立ちます。

 久しぶりの「オオムラ亜」。生ビールを3杯いただいて、今日のお勘定は1,900円でした。どうもごちそうさま。

140222a 140222b 140222c
「濱そば」かき揚げ天玉そば / 横濱チャーハン / 広島駅の「駅うどん」

140222d 140222e 140222f
「オオムラ亜」 / 生ビール / のりチーズとポールウインナー

店情報前回

《平成26(2014)年2月22日(土)の記録》

|

« 混んでるときの注文法 … 「はまや食堂」(杉田) | トップページ | 名物の貝汁をつまみに … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/59227696

この記事へのトラックバック一覧です: 8ヶ月ぶりに呉で飲む … ビヤハウス「オオムラ亜(おおむら・あ)」(呉):

» カエリを肴に生ビール … ビヤハウス「オオムラ亜(おおむら・あ)」(呉) [居酒屋礼賛]
 呉に来て二日目の今日も、夜はやっぱり「オオムラ亜」の生ビール(500円)から。  そしてつまみはカエリ(300円)です。  カエリというのは、カタクチイワシの小さいもののこと。  カタクチイワシは成長するにつれて、その大きさによって、チリメン→カエリ→イリコと呼ばれるようになります。  チリメンは、すごく小さいので、ごはんや豆腐、大根おろしなどにのせて、一緒に食べることが多い。イリコは出汁(だし... [続きを読む]

受信: 2014.03.17 22:36

« 混んでるときの注文法 … 「はまや食堂」(杉田) | トップページ | 名物の貝汁をつまみに … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) »