« 8ヶ月ぶりに呉で飲む … ビヤハウス「オオムラ亜(おおむら・あ)」(呉) | トップページ | イチゴのジントニック … バー「アンカー(BAR ANCHOR)」(呉) »

名物の貝汁をつまみに … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉)

名物の貝汁


 おぉ~っ、今日は貝汁かいじるがある。

 これは絶対にいただかないとなあ。

 「魚菜や」は、もとは呉の屋台街の1軒として開店。現在の女将さんが、創業店主です。

 その後、店舗を構えたときに「魚菜や」という名前になり、2回ほどの引っ越しを経て、現在の場所に定着しました。

 近くでとれるアサリをたっぷりと使った貝汁は、その「魚菜や」の、昔からの名物料理。

 「魚菜や」という名前を聞くと、今でも「あぁ。あの貝汁のお店でしょう?」という人も多いほどです。

 ところが今は、女将さんのお眼鏡にかなうアサリが、なかなか手に入らないんだそうです。

 だから貝汁も、いいアサリが手に入ったときだけに登場する、スペシャルメニューとなってしまったのでした。

 久しぶりに呉に来て、「オオムラ亜」の生ビールでのどを潤したあと、2軒めとしてやってきたのは「魚菜や」です。

 「魚菜や」は午後5時開店なので、たった今、開店したばかり。私が第1号のお客となりました。

 女将ひとりで切り盛りする「魚菜や」。看板には、『おでん 魚菜や』とあるんだけど、実際にはおでんだけじゃなくて、おふくろの味といった感じのお惣菜もそろった、小料理屋のようなお店でもあります。

 日本酒は、呉の地酒5種類。仁方にがたの「雨後の月 櫂歌ふなうた 特別本醸造」、同じく仁方の「宝剣ほうけん 限定超辛口 純米酒」、安浦の「白鴻はくこう 特別本醸造酒」、音戸の「生もと華鳩はなはと 純米」、そして呉市本通の「千福せんぷく 特選黒松」というラインナップ。

 最初は「宝剣」を冷酒でいただくと、今日のお通しは小鉢の白和えです。

 この店のお品書きには値段は書かれていませんが、普通のサラリーマンがびっくりしない程度の値段。

 たとえば今日は、イカ刺身、タコ刺身、小イワシ天ぷら、タコ天ぷら、ふきのとう天ぷら、まいたけ天ぷら、れんこん天ぷら、カキフライ、ぎんなん、菜の花のからし和え、鯛のあら煮、煮さば、鶏の唐揚げ、わけぎぬた、ふきの煮物、貝汁といったお惣菜が並んでいます。

 小イワシ天ぷらや、タコ天ぷらは、瀬戸内海沿岸の町々では当たり前の料理なのですが、よそに出ると、あまり見かけないんですよねえ。鯛のあら煮や、煮さばにも引かれるなあ。

 呉のアジやサバは、丸々と太っていて、おいしいのです。

 チビチビと飲んでいると、呉市民が必ず(!?)読んでる月刊タウン情報誌、「くれえばん」の木戸編集長も、高校時代の同窓会に向かう前に立ち寄ってくれて乾杯です。

 ここ「魚菜や」のことを紹介してくれたのが木戸編集長。その木戸編集長と初めてお会いしたのも、ここ「魚菜や」だったのです。(そのときのブログ記事は→こちら

 木戸編集長が同窓会に向かわれたところで、「宝剣」も飲み切って、次なるお酒として、「白鴻」を燗酒でいただきます。

 つまみは、看板メニューの「おでん」にしようかな。

 おでんの具材は、牛すじ、がんす、がんもどき、ロールキャベツ、大根、じゃが芋、こんにゃく、厚あげ、こんぶ、玉子、ごぼう天、きんちゃく、ウィンナー、はんぺんなど。

 二つ並んだおでん鍋は、ひとつは関西風の透明な汁。もうひとつは関東風の濃い汁です。こして2種類の汁が用意されているのも、この店の大きな特長です。

 呉ならではの「がんす」と、東京の「はんぺん」が、同じ鍋の中に同居してるのも面白いですね。

 そんな中から今日は、牛すじ、がんす、しいたけをもらいます。

 ここ「魚菜や」。私が呉にいるころは、土・日・祝日が定休日で、平日の5時から10時という営業時間でした。ところが、去年(2013年)の4月から、日・月が定休日で、それ以外の曜日は4時から9時半の営業になったのです。

 だから、今日のように土曜日でも、ここで飲めるようになったんですね。

 午後4時に開店しているというのは、まだあまり浸透していないらしく、早めにやってくる人は(今は)少ないそうです。早い時間帯、ねらい目ですよ!

 「白鴻」に続いては、「千福」の燗酒を注文して、いよいよ貝汁です。

 大きなお椀にたっぷりの貝汁は、アサリもたっぷり。アサリも、汁も、それぞれがとてもいいつまみになります。

 あぁ~あ、うまいっ。貝汁もうまい、日本酒もうまい。

 ゆっくりと3時間弱の酒場浴。今日のお勘定は3,000円でした。どうもごちそうさま。

 店を出る間際に、スナック「Aki」のアキさんもいらっしゃって、お久しぶりのごあいさつができたのも良かったなあ。

 さあ! 今夜は、まだまだ飲むぞ!

140222g 140222h 140222i
おでん「魚菜や」 / 白和えと宝剣 / 牛すじ、がんす、しいたけ

140222j 140222k 140222l
錫(すず)のチロリで燗酒 / 店内の様子 / 店を出ると夜だった

店情報前回

《平成26(2014)年2月22日(土)の記録》

|

« 8ヶ月ぶりに呉で飲む … ビヤハウス「オオムラ亜(おおむら・あ)」(呉) | トップページ | イチゴのジントニック … バー「アンカー(BAR ANCHOR)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/59238266

この記事へのトラックバック一覧です: 名物の貝汁をつまみに … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉):

» 天玉そばを食べて呉へ … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) [居酒屋礼賛]
 赤羽の「いこい支店」をあとに、京浜東北線で東京駅に出て、予定の新幹線までの待ち時間を利用して向かったのは、新幹線18・19番ホームの14号車付近にある「グル麺(ぐるめん)東京」(06:45~20:30、無休)です。  ここは、おそらく東京駅構内で唯一の立ち食いそば屋だろうと思います。  ブラジルにはない、大好物の「天玉そば」が食べたくてこの店にやって来たわけですが、自動券売機には「天玉そば」の文... [続きを読む]

受信: 2014.12.10 10:38

« 8ヶ月ぶりに呉で飲む … ビヤハウス「オオムラ亜(おおむら・あ)」(呉) | トップページ | イチゴのジントニック … バー「アンカー(BAR ANCHOR)」(呉) »