« 生あげ、すじ、梅割り … おでん「あさひや」(日ノ出町)ほか | トップページ | イカ料理でホッピーを … 立呑み「やきや」(荻窪)ほか »

東京下町の一大観光地 … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石)

もつ煮込み


 横浜の単身赴任社宅の近くには、JR京浜東北線(根岸線)の駅と、京急本線の駅の二つがあります。

 JR線に乗り込めば、そのまま乗り換えなしで、新橋、神田、上野を通りながら、王子、東十条、赤羽方面へと行くことができる。

 一方の京急本線は、南下すれば横須賀方面に出るし、北上すれば都営浅草線に乗り入れて、人形町、浅草橋、浅草、そしてそのまま京成押上線の立石へと、直通便で行けちゃうのでした。

 土曜日の今日は、ゆっくりと目覚めて、京急線で立石へ。

 正午過ぎに到着して、「宇ち多゛」の裏口へと向かうと、立ち食いの「栄寿司」にも行列ができている。ちょうど昼どきですもんねえ。

 そして「宇ち多゛」の裏口前には20人ほどの大行列だ。

 この行列が、近隣のお店の邪魔になるからというので、土曜日は、店に入れるのは裏口側だけして、表側は出口専用になったのです。

 「宇ち多゛」は客の回転も速いので、けっこうな行列があるように見えて、それほど長くは待たないことが多い。それでも入店するまでに40分ほど並びました。

 最近の傾向として、行列の中に、中高年のグループや、中高年のご夫婦などをよく見かけるようになりました。スカイツリーと合わせて、下町方面を巡っている人たちが多いんでしょうか。

 もはや「宇ち多゛」も、東京下町を代表する一大観光地といった感もありますねえ!

 現在のスタイルの『もつ焼き』や『もつ煮込み』は、明治時代の東京で発祥した、東京の食文化。ここ「宇ち多゛」では、その極みのような『もつ焼き』『もつ煮込み』を楽しむことができるので、一大観光地になったんでしょうね。

 私もまずは小瓶のビール(キリンラガー、360円)をもらって、もつ煮込み(180円)を注文。

 大鍋からすくって、すぐに出てくるもつ煮込みは、いろんな部位の豚もつだけを煮込んだもの。

 その日の開店前から煮込みはじめて、その日のうちに終了。毎日が新しい煮込みなのに、とってもよく煮込まれていて、やわらかくて、コクがあって、おいしい。

 フワ(肺)などのクニュっと軟らかい部位や、ハツ下(心臓の大きな血管)などのコリッと硬い部位、そしてシロ(腸)やガツ(胃)などの弾力感のある部位などが混ざり合ってるので、その食感も味わいも実に多彩。

 唯一の欠点は、煮込みはけっこうボリュームがあるので、これでお腹が膨れて、もつ焼きがあまり食べられなくなること。なので、『今日はもつ焼きをたくさん食べるぞ!』という気分のときは、もつ煮込みは我慢するようにしているのでした。

 もつ煮込みでこってりとした口中をリフレッシュさせるために、お新香(180円)ももらいましょうね。『生姜のっけて、お酢』(=紅生姜を多めにしてもらって、醤油に加えて、お酢もかけてもらうこと)のオプションで注文します。

 お新香は、きゅうりと大根のぬか漬けですが、きゅうりはなくなるのが早い。そのあとは大根だけになります。今日はきゅうりにも間に合いましたが、そのすぐ後ぐらいにお新香を注文した人は、「大根だけになるけど、いい?」と確認されていたので、まさにギリギリセーフだったんですね。

 小瓶のビールのあとは、焼酎の梅割り(180円)をもらって、の~んびりと飲んでたら、なんとレバ(肝臓)が売り切れた。あとはガツ(胃)とシロ(腸)だけのようです。

 それじゃ、ガツがなくならないうちに、まずガツをもらっておきましょうか。『ガツ生お酢』(2本180円)で注文しました。

 『生』というのは、下茹でして串に刺しているガツを、そのまま焼かずに出してもらうこと。ゆでてるので、本当は『生』ではありません。

 『生』を注文すると、通常は醤油をかけて出してくれるのですが、『お酢』と注文すると、これにお酢も加えてくれます。お新香を注文するときの『お酢』と同じですね。

 そして最後は『シロみそ』(2本180円)。これはシロを素焼きして、煮込みの煮汁に浸けてだしてくれるもの。だから味付けは煮込みと同じなんだけど、焼いたシロは、煮込みに入っているシロよりも弾力感が強くて、焼いた香ばしさが加わるのがいいんですね。

 もつ焼きは、串のまま食べるのが基本ですが、シロみその場合は串から抜いて、煮込みの残り汁の中に投入して、煮汁をたっぷりとからめながらいただくのが好きなんですねえ。

 午後2時まで、1時間20分ほどの酒場浴。梅割りを3杯いただいて、今日のお勘定は1,620円でした。どうもごちそうさま。

 酒・さかなともに、180円の倍数が基本だった「宇ち多゛」ですが、2014年4月からの消費税増税を受けて、200円の倍数となりました。もつ焼き(2本1皿)や、もつ煮込みも、1皿200円です。

140315a 140315b 140315c
ガツ生お酢 / 焼酎梅割り / 串から抜いたシロみそ

店情報前回

《平成26(2014)年3月15日(土)の記録》

|

« 生あげ、すじ、梅割り … おでん「あさひや」(日ノ出町)ほか | トップページ | イカ料理でホッピーを … 立呑み「やきや」(荻窪)ほか »

コメント

銀座のカウンターバーで、故森下賢一先生から「あなたみたいな古い酒場好きで肴をよく食べる酒飲みは、立石の宇ち多゛へ絶対行っておくべきだよ」と言われたのが今から十七年前。で、初宇ち入りは昨年九月でした。その時、しまったもっと早くここに来るんだった、と悔やみました。煮込み、ヴォリュームあって私も好物ですねえ。

投稿: 埠頭前ドラゴン | 2014.04.13 09:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/59454802

この記事へのトラックバック一覧です: 東京下町の一大観光地 … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石):

» 帰国して初のもつ焼き … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石) [居酒屋礼賛]
 ブラジルに有りそうで無いのが、もつ焼き。焼き肉はたくさんあるのにね。  もつ(畜産副生物)を部位ごとに細かく分け、そのそれぞれを部位によっては下ごしらえしたうえで、一口大に切り分けて串に刺し、それを絶妙な具合に焼きあげる。  こんな繊細な料理が、超安価で楽しめるのは、日本ならではなのかもなあ。。  一時帰国して初めてのもつ焼きを食べようと、今日は京成立石の「宇ち多゛」にやってきました。  店に着... [続きを読む]

受信: 2014.12.31 20:57

« 生あげ、すじ、梅割り … おでん「あさひや」(日ノ出町)ほか | トップページ | イカ料理でホッピーを … 立呑み「やきや」(荻窪)ほか »