« すっぽん鍋に舌つづみ … 鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽) | トップページ | 店情報: 魚がし「まつもと」(野方) »

飲んでる人は1杯だけ … おでん「丸健水産(まるけんすいさん)」(赤羽)

おでんセット


 せっかく赤羽まで来たので、少なくとももう1軒は、寄って帰りたいな。

 現在の時刻は午後1時過ぎ。

 となると、まずすぐ近くの「丸健水産」を見てみて、いっぱいだったら「いこい」の本店か支店、あるいは「喜多屋」あたりに回ってみますかね。

 こんな昼間でも、飲むところに困ることがないというのが、この町のものすごいところ。上であげた酒場のみならず、その辺の路地を歩いていても、あちこちの酒場がすでに営業中ですもんねえ。

 おぉ~っ。なんと「丸健水産」に客が少ないっ!

 3人ほどの先客が、店頭の立ち飲みテーブルの1つで飲んでいるだけで、他の立ち飲みテーブルも、鍋前の立ち飲みカウンターも、がら空き。

 これは珍しいなあ!

 さっそくそのカウンターの、鍋に向かって一番右端(トイレへの入口がある近く)に立ち、おでんセットを、燗酒で注文します。

 おでんセットは、おまかせのおでん5品ほどに、飲み物(缶ビール、缶チューハイ、カップ日本酒のいずれか)1本が付いて700円。

 今日は、カレーボール、大根、ちくわぶ、たまご、こんぶの5品が出されました。

 燗酒は、地元・北区の「丸真正宗」のカップ酒、『マルカップ』。これを電子レンジで温めて出してくれます。

 支払いは品物と交換払い(キャッシュ・オン・デリバリー)。

 この店の立ち飲みカウンターは禁煙席。すぐ前に大きなおでん鍋があるので、そこに煙草の灰が入らないようにという配慮なんでしょうね。屋外にいくつか置かれている立ち飲みテーブルは喫煙可能です。

「煮こごりはありますか?」と聞いてみると、

「もう作ってないんですよ。気温が10℃を超えると作らないんです。うちの煮こごりはゼラチンを使ってないので、溶けてしまうんですよ」

 ていねいに教えてくれる店主。頭の赤いバンダナが、店主のトレードマークです。

 なるほどなあ。だから舌の上にのせると、トロンととろけるんだ。これまた燗酒にピッタリの逸品ながら、本当に寒い時季じゃないと作らないんですね。

 さっき、ガラガラだったのは、本当にたまたまだったようで、店には続々と客がやってきて、立ち飲みテーブルもどんどん埋まっていきます。

「お客さんは、どこかで飲んで来たのかな? じゃあ、最後の一杯ということでお願いしますね」と店主。

 数人連れのグループ全員が、真っ赤な顔をして、わぁわぁ言いながらやって来るので、とっても分かりやすい。

「は~い。ボクたち飲んで来ました! 最後の一杯にしまぁ~す!」

 と、元気に、正直に返事してるのがいいですね(笑)。

 あっ!

 燗酒が残り50mlぐらいになったところで、いまやこの店の一大名物になった『おでんの出汁だし割り』にしてもらおうと思ってたのに、気がつかずに飲み干しちゃった。

「すみません。燗酒をもう1杯(300円)お願いします」

 私も「まるます家」で、ちょっと飲んできたんだけど、もうあと1杯ぐらいなら大丈夫かな。

 2杯めの燗酒をチビチビとやっているうちに、先ほどの『最後の一杯にしまぁ~す!』の集団も、その1杯のお酒が残りわずかになったようで、続々と『おでんの出汁割り』を作ってもらいにやってきます。

 『マルカップ』の容器(=コップ)の側面には、容量を示す目盛りが付いているので、残量がわかりやすいのです。

「はいよっ、出汁割りね」

 と言いながら、コップ酒を受け取った店主。おたまですくった、おでんの出汁を、高い位置からドドドォ~ッとコップに注いで、それに七味唐辛子を振りかけると、「はい、どうぞ」と返します。これがサービス(無料)なんだから、ありがたいですよねえ。

 おでんの具はもちろんのこと。おでんの汁で飲む日本酒もうまい。『おでんの出汁割り』は、焼酎のトマト割りなどと同じ系統の、つまみとお酒を一体化したカクテルなんですね。

 私の2杯めの燗酒が残り50mlぐらいのなって、そろそろ私も出汁割りをお願いしようかと思ってたところに、また続々とお客さんがやってきて、店主も店員さんも大いそがしになりました。

 この状態で、サービスの出汁割りをお願いするのも気が引けるので、また次回の楽しみに取っておきましょう。

 最後のお酒をキュッと飲み干して、50分ほどの立ち飲みタイム。キャッシュ・オン・デリバリーでの支払総額は、ちょうど1,000円でした。

140321g 140321h 140321i
「丸健水産」 / 今日のおまかせ5品 / マルカップの目盛り

店情報前回

《平成26(2014)年3月21日(金)の記録》

|

« すっぽん鍋に舌つづみ … 鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽) | トップページ | 店情報: 魚がし「まつもと」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/59494405

この記事へのトラックバック一覧です: 飲んでる人は1杯だけ … おでん「丸健水産(まるけんすいさん)」(赤羽):

» そのまま食べられます … おでん「丸健水産(まるけんすいさん)」(赤羽) [居酒屋礼賛]
 赤羽は「丸健水産」にやってきた。  土曜日などはものすごい行列ができていて、つい諦めてしまうのだが、平日の昼間はゆったりとしている。  それでもすでに4~5人が立ち飲んでいるということが、逆に驚くべきことかもしれない。  さすがは「丸健水産」、さすがは赤羽だなあ。  注文待ちの行列は2人ほど。  おでん鍋に向かって右側から、左方向に向かって並び、おでんとお酒を注文し、お勘定を済ませたら、お店の人... [続きを読む]

受信: 2017.02.08 22:25

« すっぽん鍋に舌つづみ … 鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽) | トップページ | 店情報: 魚がし「まつもと」(野方) »