« 店情報: 魚がし「まつもと」(野方) | トップページ | あま~い肉豆腐で燗酒 … 食堂「長野屋(ながのや)」(新宿) »

魚料理主体の和食の店 … 魚がし「まつもと」(野方)

板長おまかせセット


 さぬき手打ちうどんを使った、焼きうどんや鍋焼きうどんをつまみに、焼酎やお酒を飲むことができるという、野方の手打ちうどん酒房「さぬき亭」。平成2(1990)年の春に開店して以来、地元の酔客たちに愛されてきましたが、残念ながら昨年(2013年)の春、23年間の営業に終止符を打ち、閉店したのでした。

 その「さぬき亭」の店内を改装し、去年(2013年)の6月に開店したのが、魚がし「まつもと」という、魚料理を中心とした和食の店。

 気にはなっていたのですが、なかなか行けずにいたところ、ワイタベさんのfacebookに、

『野方に住む従弟から「野方にいい店ができたんですよ」と教えてもらったこの店、「まつもと」。築地の白身魚専門の卸がやっているという。お通しが鯛子、そして金目。大根の葉の飾り包丁もさすがだ。酒は、澤乃井の吟醸新搾りで』

 という書き込み。これに背中を押されるような格好で、やっと今日、その「まつもと」に行くことができました。

 店内は、「さぬき亭」の風情はまったく残らないぐらい、きれいに改装されていて、入口を入ると、右手が真新しい6席分のカウンター席。その奥にこれまた真新しい4人掛けのテーブル席が2卓あって、総席数14席。

 土曜日の夜、7時半過ぎのこの時間帯、カウンター席は満席。奥に2つ並んでいるテーブル席も、手前側は3人組の先客が入っていて、空いているのは一番奥のテーブル席のみ。

「もしかすると、あとでご相席をお願いすることになるかもしれませんが、奥のテーブル席でよろしいですか?」

 と丁寧にきいてくれる若い女性が、どうやらこの店の女将さんの様子。

「ええ。いいですよ」

 ということで、一番奥のテーブル席をひとりで使わせてもらって、まずはメニューを確認します。

 その日の仕入れによって、まいにち書かれるらしい手書きメニューは、「まつもとの鯛」という項目から始まって、「おさしみ」「おばんざい」「おつまみ」「一品料理」「お食事」という6つのジャンルに分かれています。そのほとんどは魚料理で、それに何品かの野菜料理が加わる形。

 ワイタベさんの書き込みにもあったとおり、女将の実家は、築地場内で60年以上続く鮮魚仲卸店。そのため、上質な魚を、比較的安価に楽しむことができるんだそうです。

 6つのジャンルを合わせると、50品ほどが並ぶ手書きメニューは、一番安いものが1個250円の姫サザエ煮。そこから350円の品々、400円の品々と続き、いちばん高いのが、めばるの煮付けの1,500円。2番めが、おまかせ刺身の3点盛りで、1,200円です。あれもこれも美味しそうで迷いますねえ。

 そんな中に、「板長おまかせセット」というメニューを発見。これは、お通しに加えて、「おさしみ」が1品、「おばんざい」が2品付いて、2,000円というもの。

 初回の今日は、これをもらってみることにします。

「板長おまかせセットをお願いします。飲みものは燗酒をもらいたいんですが、どれがおすすめですか?」

 日本酒だけでも9種類ぐらいがメニューに並んでいるので、燗酒としておすすめの日本酒を、女将さんに聞いてみることにしました。

「お燗でしたら、澤乃井の純米銀印(650円)か、篠峯しのみねの純米山田錦(700円)がいいんじゃないかと思います」

「それじゃ、まずは澤乃井のほうをお願いします」

 お燗は、カウンターの一番奥にある湯煎ゆせん式の燗づけ器で、女将自らがつけてくれます。

 酒器は、自分が好きなものが選べる仕組み。上に向かって広がった、さかずきタイプのものを選びます。

「この澤乃井・純米銀印は、お燗をするのと、しないのとで、味わいが変わるんです。常温のほうも、ぜひ飲んでみてください」

 すずの徳利で燗酒を出してくれた女将さんが、そう言いながら、常温の澤乃井も小さなグラスに注いでくれます。これは嬉しいサービスですね。

 料理のほうは、まずお通しのウドのきんぴら。そして、お刺身はイトヨリとウニの盛合せが出されます。

 追いかけるように出される2品のおばんざいは、鯛のあら煮と自家製さつま揚げ。

 それぞれが、日本酒にピタリと合うつまみですねえ。

 店内の客層は、中年ぐらいの人が多くて落ち着いている。私のとなりのテーブルに座っている女性の3人連れも、

「こうして気楽に和食が楽しめるお店が欲しかったのよねえ。居酒屋に行くのは気が引けるし、本格的な和食屋だと、ゆっくりとくつろげないし」

 なんて話をしています。

 1本めの燗酒を飲み終えて、先ほどご紹介いただいたもう一方。篠峯・純米山田錦に燗をつけてもらうと、今度は美しい陶器の徳利で出してくれました。

 の~んびりと2時間ほどたのしんで、今日のお勘定は3,350円でした。

 この界隈、「竹よし」や「魚がし寿司」、「」、「おいらせ」、そして「とっとっと」と、もともと魚料理がおいしい店が多かったのですが、さらにまた1軒、魚料理がおいしいお店が加わりましたねえ。

 どうもごちそうさま。

140321j 140321k 140321l
澤乃井・純米銀印 / うどきんぴら / うに、糸より

140321m 140321n 140321o
鯛あら煮 / 自家製さつま揚げ / 篠峯・純米山田錦

店情報

《平成26(2014)年3月21日(金)の記録》

|

« 店情報: 魚がし「まつもと」(野方) | トップページ | あま~い肉豆腐で燗酒 … 食堂「長野屋(ながのや)」(新宿) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/59500240

この記事へのトラックバック一覧です: 魚料理主体の和食の店 … 魚がし「まつもと」(野方):

« 店情報: 魚がし「まつもと」(野方) | トップページ | あま~い肉豆腐で燗酒 … 食堂「長野屋(ながのや)」(新宿) »