« 東京下町の一大観光地 … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石) | トップページ | たっぷりと刺身盛合せ … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

イカ料理でホッピーを … 立呑み「やきや」(荻窪)ほか

「やきや」にて


 八戸直送のスルメイカ料理各種を、ほぼ170円均一で食べることができる荻窪の立ち飲み屋、「やきや」にやって来ました。

 土曜日、午後5時の店内は、満員に近い状態ながら、入口すぐのカウンター角のところに立つことができ、ホッピー(320円)と、げそ揚げ(170円)、そして珍味わた和え(170円)を注文します。

 げそ揚げは、スルメイカの下足げそに衣を付けて揚げたもの。できあがってカウンター上のバットにどっさりと置かれているものを、注文を受けてお皿に取り分けてくれるだけなので、出が速い。一品めのつまみとしてピッタリなのです。ホッピーにも、とてもよく合います。

 珍味わた和えは、こちらもスルメイカの下足を、ひと口大に切り分けて、イカわたで和えたもの。甘めの味付けが特徴で、濃厚なコクが楽しめる人気のつまみです。

 これも作り置きされているものを取り分けてくれるので、すぐにでてきます。

 今日は、立石の「宇ち多゛」で飲んだあと、筋向かいの「二毛作」で、ラディコンのワイン(1,000円)をもらって、それに合わせようと、鴨のロース煮(800円)を注文したものの、残念ながら売り切れ。

 それじゃあ、ともらった地だこの桜煮(800円)が、やわらかいは、おいしいは!

 こりゃ、燗酒だね。

 ということで、ワインに続いては、広島(竹原)の「竹鶴」(純米原酒、700円)を燗で注文。濃厚な純米原酒の味わいが、タコにもよく合うのぉ。

 「二毛作」で1時間ほど飲んで、お勘定は2,700円。

 で、立石から荻窪に移動して、「やきや」に来たのでした。

 本当は、いか大根(170円)がある間に、この店に来たかったのですが、冬場だけの人気料理・いか大根は、2月末で終了。次のシーズンを待つしかありません。

 ホッピーのナカ(焼酎おかわり、160円)をもらって、げそ揚げと珍味わた和えをいただいたあと、さらにナカ(160円)を追加して、いかなんこつ焼(170円)を注文。

 いかなんこつ焼は、スルメイカの頭部(目玉や口がある部分)の身をぶつ切りにして、タレ焼きしたもの。なので、本当はナンコツじゃないんだけど、コリッとした弾力感が楽しめるので、ナンコツ焼きと呼ぶんですね。

 このいかなんこつ焼と、いか大根、そして珍味わた和えの3品が、この店の三大人気商品。すぐに売り切れるので、ひとり1回だけしか注文することができません。(おかわりは不可ということです。)

 1時間ちょっとの立ち飲みタイム。ソト1ナカ3に、イカ料理3品で、お勘定は1,150円でした。どうもごちそうさま。

 飲みも食べも満ち足りて、「やきや」を出ると、まだ午後6時過ぎ。夜は長いのぉ。

140315d 140315e 140315f
「二毛作」ラディコン / 地だこの桜煮 / 竹鶴・純米原酒の燗酒

140315g 140315h 140315i
「やきや」げそ揚げ / 珍味わた和え / いかなんこつ焼

・「二毛作」の店情報前回) / 「やきや」の店情報前回

《平成26(2014)年3月15日(土)の記録》

|

« 東京下町の一大観光地 … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石) | トップページ | たっぷりと刺身盛合せ … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/59464391

この記事へのトラックバック一覧です: イカ料理でホッピーを … 立呑み「やきや」(荻窪)ほか:

» 肴は炙ったイカでいい … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
『肴はあぶったイカでいい♪』  これは八代亜紀さんが歌う「舟歌」の歌詞の一部。  あぶったイカには、生のイカにはない香ばしさが加わって、本当にいい酒の肴にまります。  20種類以上あるつまみ(半分以上はイカ料理)のほとんどが170円で楽しめる、荻窪の「やきや」。この店のメニューにも、あぶったイカ料理が何品か並んでいます。  そんな焼き物のなかで、もっとも人気が高いのが、いかなんこつ焼き(170円)... [続きを読む]

受信: 2014.05.01 08:21

» 極上!トマトのおでん … 「二毛作(にもうさく)」(京成立石) [居酒屋礼賛]
 他のおでんも、もちろん美味しいんだけど、「二毛作」に来たら、はずせないのがトマトのおでん(400円)だ。  皮をむいて、ヘタの部分をくりぬいたトマトを、そのまま丸ごとおでん鍋に入れて、クツクツと煮込む。  ヘタがあったほうを下にして、小ぶりの深皿に取り、おでんのツユを張る。  トマトのてっぺんにドライバジルをふりかけたらできあがりだ。  まっ赤のトマト、深い緑色のバジル。この対比で、見た目も美し... [続きを読む]

受信: 2015.12.19 08:50

« 東京下町の一大観光地 … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石) | トップページ | たっぷりと刺身盛合せ … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »