« 今日もいきましょう! … 立呑処「勘蔵(かんぞう)」(蓮沼) | トップページ | やったあ!入れたぜ! … うなぎ「川勢(かわせい)」(荻窪) »

肴は炙ったイカでいい … 立呑み「やきや」(荻窪)

いかなんこつ焼き


『肴はあぶったイカでいい♪』

 これは八代亜紀さんが歌う「舟歌」の歌詞の一部。

 あぶったイカには、生のイカにはない香ばしさが加わって、本当にいい酒の肴にまります。

 20種類以上あるつまみ(半分以上はイカ料理)のほとんどが170円で楽しめる、荻窪の「やきや」。この店のメニューにも、あぶったイカ料理が何品か並んでいます。

 そんな焼き物のなかで、もっとも人気が高いのが、いかなんこつ焼き(170円)。

 「いかなんこつ」と言っても、実際には軟骨じゃなくて、足の付け根にあるイカの頭部の身をぶつ切りにしたもの。硬めの弾力感が楽しめるので「いかなんこつ焼き」と名付けたんでしょうね。

 あまりの人気に、すぐに売り切れてしまうため、ひとり1回しか注文することができません。

 この「いかなんこつ焼き」のほか、「珍味わた和え」(170円)と、冬場だけ出される「いか大根」(170円)も人気が高くて、おかわり不可。1回だけしか注文できません。

 土曜日の今日は、開店時刻の午後4時ちょうどに「やきや」にやって来たのに、店内はすでに満員に近い状態。さすが東京屈指の人気店だけのことはありますねえ!

 入口の目の前の、L字型の立ち飲みカウンターの角のところが、かろうじて空いていたので、その角のところに入れてもらって、まずは瓶ビール(アサヒスーパードライ中びん、400円)と、げそ揚げ(170円)をもらいます。

 げそ揚げは、バットから小皿に盛り分けてくれるだけなので、すぐに出てくるのがいいんですね。しかも、うまいっ!

 このげそ揚げだけで、中瓶ビールを飲み干して、続いては燗酒(北の誉、250円)と、いかみみ刺身(170円)を注文。あったかい酒と、冷たい刺身。このバランスがいいんですねえ。

 これまた、このいかみみ刺身だけで燗酒1本を飲み干して、いよいよ満を持してあぶったイカをもらいます。

「燗酒をもう1本と、いかなんこつ焼きをお願いします」

 いかなんこつ焼きは、醤油ベースのタレ焼きで出されます。

 ほかの焼き物もそうですが、いかなんこつ焼きも、焼きたての熱い間にいただくのが一番おいしい。速いペースで食べ終えて、自家製塩辛(170円)をもらいます。

 自家製塩辛は、細造りにしたイカの胴の身を、イカワタと和えて寝かしたフレッシュタイプ。小鉢にたっぷりと盛られます。

 当然のことながら、燗酒との相性も抜群で、3本めとなる燗酒を追加します。

 自家製塩辛を食べ終えたところで、最後の〆に、みそきゅうり(170円)をもらいます。

 みそきゅうりは、1本のきゅうりを縦二つに切って、味噌を添えただけのシンプルな料理。でも、これがおいしいんだ。

 ここ「やきや」で、みそきゅうりと出会って、自分の店のメニューにも取り入れたのが秋元宏之さん。今をときめく「秋元屋」の店主です。

 その後、秋元系のやきとん屋が開店するたびに、みそきゅうりもそれらの店に引き継がれていって、今やみそきゅうりは、中央線や西武線の沿線では、とってもポピュラーなメニューになったのでした。

 ゆったりと1時間40分もの立ち飲みタイム。今日のお勘定は、ちょうど2,000円でした。どうもごちそうさま。

 それにしても料理5品に、中瓶ビール+燗酒3本という大盤ぶるまいで2,000円ですからねえ。さすが「やきや」。安いよなあ。

140329a 140329b 140329c
瓶ビール / げそ揚げ / いかみみ刺身

140329d 140329e 140329f
燗酒 / 自家製塩辛 / みそきゅうり

店情報前回

《平成26(2014)年3月29日(土)の記録》

|

« 今日もいきましょう! … 立呑処「勘蔵(かんぞう)」(蓮沼) | トップページ | やったあ!入れたぜ! … うなぎ「川勢(かわせい)」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/59562390

この記事へのトラックバック一覧です: 肴は炙ったイカでいい … 立呑み「やきや」(荻窪):

» 東京に戻ってホッピー … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 名古屋から新幹線で東京へ。  ブラジルから一時帰国してすぐに呉(くれ)への出張に出かけたので、東京に戻ってきたのは2週間ぶりです。  東京駅から中央線で荻窪に出て、立呑み「やきや」に到着したのは午後9時前。  おぉ~っ。この時間でもお客さんがいっぱいだ。  カウンター中央部のすき間に入れてもらって、まずはホッピー(320円)と、げそ揚げ(170円)からスタート。  げそ揚げは、作り終えてカウンタ... [続きを読む]

受信: 2014.12.26 14:03

« 今日もいきましょう! … 立呑処「勘蔵(かんぞう)」(蓮沼) | トップページ | やったあ!入れたぜ! … うなぎ「川勢(かわせい)」(荻窪) »