« 上品で安くて美味しい … 「はまや食堂」(杉田) | トップページ | とろろせいろで菊正宗 … そば処「豊年屋(ほうねんや)」(鷺ノ宮) »

繊細な日本のもつ焼き … もつやき酒場「三平(さんぺい)」(雑色)

もつやき酒場「三平」


 ブラジルにも「焼き鳥屋」に近い感じの店(シュハスキーニョ)はあるんだけれど、日本の焼き鳥屋、もつ焼き屋のような繊細さはないんだよなあ。

 肉の仕入れの繊細さ、仕込みの繊細さ、焼くときの繊細さ、味付けの繊細さ、そしてそのポーション(料理の量)の繊細さ。すべてが実に繊細にできあがっている。

 ここ、もつやき酒場「三平」のもつ焼きも、その繊細さがぎっしりとつまった一品。これが1本100円で、1本ずつから注文できるというのがすばらしいではありませんか。

 まずはキリンラガーの大瓶(570円)をもらうと、この店の定番のお通し(サービス)、ぶつ切りにしたキュウリの漬物の小皿が出されます。

 今日は開店時刻(午後2時)を目指してやって来たので、最初の客として店内のコの字カウンターに陣取ることができました。そして、あっという間にお客がやって来て、カウンター席は埋まりました。

 料理のほうは、まずはガツ生(270円)と、アブラたれ2本、ワッパたれ2本を注文。

 この店の料理のメニューは、基本的には、1本100円のもつ焼きと、1人前270円のガツ生だけと、とてもいさぎよい。

 そのもつ焼きは、カシラ、タン、ハツ、ナンコツ、ワッパ、ナンナン、シロ、ガツ、レバー、アブラ、トントロ、コブクロ、アワピーの13種類と、それ以外にウズラ玉子、ネギ、ピーマンの3種類(これらも1本100円)です。

 ガツ生は、ゆでて細く切ったガツ(豚の胃)を皿に盛り、刻みネギ、黒胡椒、そしてゴマ油をかけたもの。これを酢、醤油、青海苔、練り辛子で味付けしていただきます。

 あらかじめ作って冷蔵庫に保存されているので、すぐに出てくるのがいいですよね。多くのお客さんが、1品めとしてこのガツ生を注文します。

 さあ来た、アブラたれです。まるでカシラのように見える肉っぽい脂身。これはうまい。

 この「たれ」がまた、日本ならではですよねえ。ブラジルにはありません。

 そして、冒頭でも書いたとおり、ポーション(料理の量)がちょうどいいんですね。

 焼きあがったもつ焼きを、冷めないうちに食べるのにちょうどいいし、ひとりで何種類ものもつ焼きを楽しむにもちょうどいい。多からず、少なからずの絶妙な量なんです。

 ワッパは、軟骨のうち、気管のところだけを選び出したもの。

 なんとここで、アワピーとアブラの2品が売り切れました。まだ開店直後なのに、早いなあっ!

 アワピーもアブラも、少量ずつしか取れないんだそうです。

 アブラとワッパのたれ焼きを食べ終えたところで、続いてはハツをショウガ醤油で2本。

 ここのもつ焼きは、たれ、塩のほかに、ニンニク醤油、ショウガ醤油、素焼きという焼き方が選べます。

 ショウガ醤油でと注文すると、お皿にショウガ醤油をたっぷりと入れて、その上に素焼きにしたハツを置いて出してくれるのです。

 ここで飲み物はニッカレガッタ(480円)に切り替えます。

 レガッタというのは、ウイスキーのウーロン茶割りのこと。ウイスキーはニッカとオールドが選べ、冬場はホットでも楽しめます。

 いまやこの地域全体の飲み物となっているレガッタですが、その発祥はここ「三平」。

 前回、ここを訪問したときの記事に、レガッタの名前の由来を書いたところ、先ごろ、その中に登場する、この店の三男坊さんからコメントをいただきました。

 なお、レガッタ以外の飲み物メニューは、生大(900円)、生小(460円)、ウイスキー(460円)、ワイン(480円)、剣菱(360円)、黄桜(270円)です。

 最後にタンとナンナンを1本ずつ、素焼きでお願いします。

 一度、ショウガ醤油やニンニク醤油を注文すると、お皿にたっぷりと醤油を入れてくれるので、次からは素焼きで注文して、そのお皿にのせてもらうのです。

 うぉ~っ。ナンナンの弾力感がすばらしいなあ。

 1時間40分ほどの酒場浴。今日のお勘定は2,120円でした。ごちそうさま。

140501a 140501b 140501c
もつやき酒場「三平」 / お通しとビール / ガツ生

140501d 140501e 140501f
アブラ(たれ) / ワッパ(たれ) / ハツ(しょうが)

140501g 140501h 140501i
ニッカレガッタ / タン(素焼き) / ナンナン(素焼き)

店情報前回

《平成26(2014)年5月1日(木)の記録》

|

« 上品で安くて美味しい … 「はまや食堂」(杉田) | トップページ | とろろせいろで菊正宗 … そば処「豊年屋(ほうねんや)」(鷺ノ宮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/60430015

この記事へのトラックバック一覧です: 繊細な日本のもつ焼き … もつやき酒場「三平(さんぺい)」(雑色):

« 上品で安くて美味しい … 「はまや食堂」(杉田) | トップページ | とろろせいろで菊正宗 … そば処「豊年屋(ほうねんや)」(鷺ノ宮) »