« 繊細な日本のもつ焼き … もつやき酒場「三平(さんぺい)」(雑色) | トップページ | シングルモルトに酔う … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) »

とろろせいろで菊正宗 … そば処「豊年屋(ほうねんや)」(鷺ノ宮)

とろろせいろで菊正宗


 そばをつまみに飲む酒も好きなんだ。

 しかも、今日のは、とろろせいろ(850円+税)です。

 「そば屋酒」というと、板わさや焼き海苔、出し巻き玉子なんかの、そば屋らしいつまみででひとしきり飲んでから、〆にそばをたぐる、なんてのが一般的。

 でも私は、こうして町場のそば屋で、そばと一緒にゆるゆると酒を飲むっていうのも好きなんです。

 今日もまずビール(アサヒスーパードライ中瓶)をもらうと同時に、とろろせいろも注文。

 すぐに出されるビールで、のどを潤しつつ、とろろせいろの出を待ちます。

 あれ? この店の定番のお通し(サービス)は、かっぱえびせんだったのに、今日のお通しは大根とキュウリの漬物だなあ。でもまあ、これもまたよし。

 さあ来ました。とろろせいろです。

 ここ「豊年屋」のそばは、北海道のそば粉を使った、二八ならぬ、三七そば(小麦粉3にそば粉7)。色白のそばがおいしそう。

 そばが出たところで燗酒(菊正宗)を追加注文します。

 そば猪口ちょこにたっぷりと入っているとろろに、ちょっとだけツユをかけ、まずはとろろだけを、ちょっとずつすすりながら、燗酒をチビリチビリ。これが私のそば前です。

 ひとしきり、とろろを楽しんだところで、ツユを足して、今度はそばをいただきます。

 ここで、お猪口に一杯分ほどの燗酒を残しておくのがポイントです。

 この一杯のつまみになるのが、そば湯を入れたそばツユなんですね。これがまたうまいんだ。

 日本に帰国したときに食べたいものがたくさんあるけれど、そばも明らかにそのひとつだなあ。

140501j 140501k 140501l
ビールとお通し / とろろせいろ / そばツユまで、すべて完飲・完食

店情報前回

《平成26(2014)年5月1日(木)の記録》

|

« 繊細な日本のもつ焼き … もつやき酒場「三平(さんぺい)」(雑色) | トップページ | シングルモルトに酔う … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/60447727

この記事へのトラックバック一覧です: とろろせいろで菊正宗 … そば処「豊年屋(ほうねんや)」(鷺ノ宮):

« 繊細な日本のもつ焼き … もつやき酒場「三平(さんぺい)」(雑色) | トップページ | シングルモルトに酔う … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) »