« 店情報: 居酒屋「一月家(いちげつや)」(宮町@伊勢市) | トップページ | 豆腐鍋をつまみに燗酒 … 居酒屋「大甚本店(だいじんほんてん)」(伏見@名古屋市) »

伊勢で人気の大衆酒場 … 居酒屋「一月家(いちげつや)」(宮町@伊勢市)

鮫たれで燗酒


 伊勢名物の『さめたれ』。

 鮫の身をらして干したことから、『鮫たれ』と呼ばれるようになったんだそうです。

 軽く塩味がついているので、このまま食べても十分においしいのですが、添えられたレモンを搾りかけ、七味唐辛子や醤油をかけたマヨネーズをちょいとつけていただくと、燗酒が進むこと進むこと。

 キュッと引き締まった、鮫の身の弾力感がいいんだな。

 今宵は伊勢市にある大正3(1914)年創業の大衆酒場「一月家いちげつや」(通称:げつや)にやって来ました。今年でちょうど創業100年を迎えたんですね。

 店内の品書きには値段は書かれてないけど、みんな2品と3本で、2,500円ぐらいで引き上げていきます。

 毎日のように来ている普段着の常連さん(つまり地元の人たち)が多いところから見ても、安心できる価格の大衆酒場のようです。

 ここは太田和彦さんが、その著書や番組の中で『日本三大居酒屋湯豆腐』の一軒に挙げているお店。

 盛岡の「とらや」、横須賀の「ぎんじ」、そしてここ「一月家」がその3軒です。

 事前の調査によると、その『湯どうふ』に、『かしわきも煮』と『ふくだめ』(=とこぶし煮)を加えた3品が、この店の名物料理の様子。

 店に入ってカウンター席に座るとすぐに、

「ビールの小さいのと、湯どうふ、かしわきも煮をお願いします」

 と、その3大名物のうちの2品を注文したのでした。

 すぐに生ビールの小ジョッキが出され、グイッとひと口、のどを潤しているうちに、サッと湯どうふが出され、追いかけるように、かしわきも煮も出されます。

 湯どうふは、カウンター内の壁の後ろにある厨房から、皿にのせた湯気もうもうの状態で出され、それにカウンター内でたっぷりのカツオ節と刻みネギ、そしてこれまたたっぷりの醤油を回しかけたらできあがり。それをスッと客席に出してくれます。

 おろっ? あんなにもたっぷりの醤油をかけたのに、ぜんぜん辛くない。むしろほわんとした甘みを感じます。そういう醤油なのか、あるいは出汁入り醤油なのかもしれませんね。でも、この湯どうふはたしかにうまいっ! 好みで一味唐辛子をかけていただきます。

 かしわきも煮は、鶏のレバー(肝臓)とハツ(心臓)を醤油で煮冷ました一品。その冷えた状態のまま、小鉢に取り分けて出してくれるので、出が早いんですね。これもまた醤油のアジがまろやかで、おいしいなあ。

 生ビールに続いて燗酒を注文すると、「一月家」という銘が入った、細長い白磁の徳利で出されます。これはいいですねえ。

 すぐとなりの席に、いかにも常連さんとおぼしき男性ひとり客がやって来て、注文したのが生ビールと、この記事の冒頭でご紹介した『鮫たれ』だったのでした。

「鮫たれって、なんだろう?」

 と思いつつ、となりに出される料理を楽しみに待っていると、その料理が出てきてみても、まだ何だかわからない。

「これは何なんですか?」

 と聞いてみたところ、この料理が伊勢の名物であることなどを教えてくれて、さらに1切れ分けてくれたのでした。この鮫たれがあまりにも美味しくて、ビシッと私のストライクゾーンに入ってきたので、自分自身でも再注文したような次第です。

「湯どうふは注文しないんですか?」

 その常連さんに、ついでに聞いてみたところ、

「ここの湯どうふも大好きなんですけどねえ。湯どうふを食べちゃうとそれで満腹になってしまって、他のものが食べられなくなってしまう。だから何回かに1回ぐらいしか注文しないんですよ」とのこと。

 なるほど。そういえば「宇ち多゛」の常連さんにも、「煮込みは好きだけど、他のものが食べられなくなるから、何回かに1回しか注文しない」って方がいますもんね。それと同じなんだ。

 燗酒を3本いただいて、そろそろ終了にするかな、と思っているところへ、常連さんから、

「ここに来たら、焼酎の抹茶割りも飲んでいかなきゃ」

 と教えてくれて、最後にそれを1杯もらうことにします。

 この抹茶割り、なんと20度の焼酎のロックに粉末の抹茶を溶いたもの。濃いこと濃いこと。

「濃ければ、水も出しますよ」

 と女将のマスミさん(他に大女将も居ます)。まわりを見ると、みなさん抹茶割りと、チェイサーの水をもらっているようなので、私も水をいただきました。これがこの店の標準的な飲みもののようです。

 午後8時34分というのが、この近くのバス停の、終バスの時間なんだそうで、多くのお客さんたちがそれを目指してお勘定をしていきます。

 そのお勘定の波が過ぎたあと、8時45分ごろ、私もお勘定をしてもらいます。

 注文したお皿やジョッキ、徳利などは下げずに置いておいて、それでお勘定をする仕組み。大きな算盤そろばんでチャチャチャと計算してくれて、今日のお勘定は3千円でした。

 店に入ったのは、5時半過ぎ。初めての店にもかかわらず、3時間以上も、くつろがせてもらいました。

『一月家 「やあやあ」と言う 友ができ』

 というのは、店内の色紙にある一句。地元の人たちのいこいの空間なんですね。本当にいい酒場だと思います。


朝食: 呉「森沢ホテル」で和朝食をいただいてチェックアウト。仕事の関係で津(三重県)に向かう。

昼食: 新幹線で名古屋までやって来て、そこから近鉄に乗り換えて津へ。車内で「天むす」(670円)を食べる。これは天むすの元祖をうたう、三重県津市の「千寿」のもの。小さいおむすびが5個に、キャラブキの佃煮。箸はなくて、お手拭きがついていて、手づかみでいただく仕組み。

夕食: 仕事を終えて、太田和彦さんが『日本三大居酒屋湯豆腐』の一軒に挙げている、伊勢の大衆酒場「一月家」へ。この店の名物らしい、湯どうふ、かしわきも煮、ふくだめの3品をいただく予定が、となりの常連さんに鮫たれという伊勢名物を教えてもらい、ふくだめの代わりに鮫たれにした。居心地よし!

 ちなみに、私の『三大居酒屋湯豆腐』は、横浜・野毛の「武蔵屋」、呉の「森田食堂」までは決まってるんだけど、3軒めがふらついています。

 迷いに迷っている3軒め候補は、木場「河本」、渋谷「富士屋本店」、立石「ゑびすや食堂」、横浜・杉田「はまや食堂」、御徒町「佐原屋」、横須賀「中央酒場」、呉「本家鳥好」(スープ豆腐)の7軒。

 今回の「一月家」も加えて、いっそ『十大居酒屋湯豆腐』にしようかなあ。。。

141201a 141201b 141201c
「森沢ホテル」和朝食 / 「千寿」天むす / 「一月家」店内の様子

141201d 141201e 141201f
湯どうふ、かしわきも煮 / 鮫たれ / 焼酎の抹茶割りと水

・「一月家」の店情報

《平成26(2014)年12月1日(月)の記録》

|

« 店情報: 居酒屋「一月家(いちげつや)」(宮町@伊勢市) | トップページ | 豆腐鍋をつまみに燗酒 … 居酒屋「大甚本店(だいじんほんてん)」(伏見@名古屋市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/60858424

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢で人気の大衆酒場 … 居酒屋「一月家(いちげつや)」(宮町@伊勢市):

« 店情報: 居酒屋「一月家(いちげつや)」(宮町@伊勢市) | トップページ | 豆腐鍋をつまみに燗酒 … 居酒屋「大甚本店(だいじんほんてん)」(伏見@名古屋市) »